この世のものでなくなってからの杜麗娘に、これまたゾクゾクッと!

杜麗娘の幽霊が柳夢梅のもとを訪ねる「幽媾」では、
シネマ歌舞伎のドキュメンタリーで玉さんが昆劇の女優さんに演技指導していた
「魂を頭の上にもってきて(こぶしを頭上に上げて説明)」の演技を、
玉さん自らが演じられます。うわぁあ~!本物だあ、やっぱり凄い
この世のものではない杜麗娘は、これまた鳥肌もの。玉さんの真骨頂です。

魂が抜けて、瞳には何も映っていない(ような)迫真の無表情。
身体は動いているけど、死んでいるんだ、と感じるから不思議です。
玉さんは,生きているのに、凄いですよねえ。

能面杜麗娘が訪ねてきて、一番びっくりしたのは柳夢梅

この場での、柳夢梅が、かわいいです。
花園で拾った掛け軸に描かれている美女(杜麗娘が「写真」で描いた自画像)を見て
夢の中で出逢った女性(杜麗娘)だと気づき、その絵に向かって
「お嬢様、お嬢さん~親愛なるお嬢様~♪と舞いながら熱く熱く呼びかけるのですが
その表情が純真で、手の動きが愛らしくて、無邪気な少年のよう。

一方、奥ゆかしい杜麗娘は、幽霊になったとたん攻めに転じます。
「これから毎晩、あなたを訪ねてくるからね-ッッ、そこんとこヨロシクッッ!」と
初々しい16才の少女の魂、恋しい気持ちがむき身になって、果敢な直球勝負!

二人は舞いながら、仲睦まじく対話していくうちに、
無表情だった杜麗娘の、頭の上の魂が、胸の中にスッと戻っていくような感じで、
生き生きとした明るい顔になっていくのが、これまた可愛いんです。

「回生」では、石道姑が出てきて杜麗娘を生き返らせるくだりで
「人が死んでも生き返るのなら、死ぬのが怖くなくなるじゃない。
ちょっと旅行に出かけたと思えばいいんだから」の台詞が愉快。

めでたく美しい杜麗娘が生き返り、再会した二人を見ながら
「あー、また逢えて良かったね、ほーんと良かった!」と
親戚のおばさんの気持ちになって、心から安堵しました。

二人は花神たちに祝福されて
♪相思の人の相そむかずば~♪牡丹亭に三世の縁~♪の大合唱でフィナーレ。
南座では「離魂」までの上演だったので切ないまま帰途につきましたが
やっぱりハッピーエンドはいいですね~。スーッと心が浄化されました。

客席中「良かった!ブラヴォーッッ!好好好(ハオハオハオ)」の空気に包まれて、
熱のこもった拍手の嵐。カーテンコールは、3回ありました。
ただ、毎回、満を持す前に、すぐにサーッと幕が開いて、そのタイミングが
あまりに早いので、役者さんたちもとまどっていたような、、、
もうちょっとタメがあってもいいんでないかい、とも思いましたが、
速攻3回、玉さんを拝めたから、ま、いっか。

最後、出演者全員で声高らかに
♪相思の人の相そむかずば~♪牡丹亭に三世の縁~♪の大合唱
玉さんも全身全霊で歌われていて、再び胸が熱くなりました。
手が痛くなるほどめいっぱい拍手、拍手、拍手
劇場を出ても、しばらく身体がポカポカしていました。

何か凄いものを観てしまった!という充実感でいっぱい。
南座からこれまでの経緯をその都度、映画やTVで観ることができたおかげで、
玉三郎さんが、いかに鍛錬を続けて、歌も台詞も日々、磨きに磨いて
この素晴らしい舞台を創り上げられてこられたのかが実感として伝わってきました。

偉大な建築物を築き上げるように、土台から少しづつ積み上げて、細部を創り込んで
丹念に時間をかけて完成させていく日中版(玉さん版)「牡丹亭」の芝居づくりの
そのプロセスそのものが非常に興味深かったです。

玉三郎さんやジン フェイ先生、昆劇院の役者さんなどなど皆さんに、
素晴らしい舞台をありがとうございます!シェーシェー!シェーシェー!
の気持ちでいっぱいです。

また、観に行きますよーん。

感想も、ところどころ、引き続き、
(これでもか、これでもかと)書いていきたいと思います。


梅パオチュウさんからも綺麗なお花が!

201010071328000.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

聞きますよ!!!

これでもか、これでもかと、書いちゃってください。
これでもか、これでもかと、聞きますよ。^^

また行くんですかぁ・・・・いいなぁ・・・・
桔梗さん、どこかでお仕事代わって下さい。そうしたら、行かれます。
が、チケットがない。(泣)
はぁ~~~~~~。。。。。。
待つしかないか。

影武者

まるこさん

では、越後に参って、私が大学のお仕事を代わりましょうー。
まるこさんのお面を作っておいてください。
三味線抱えていけば、まるこさんになれるかな。

チケットは、まだ取れるのではないですか。
どうなんでしょうか。

何回観ても、また観たい、もっと観たい。

でも、きっとまた、「牡丹亭」を観る機会は
訪れると思いますよ!

こんなに素晴らしいのですから、
日本でも、再演していただかなくっちゃね。

それか、まるこさん香港へ飛ぶか!

見て来ました!

今、帰りの新幹線の中です。
何と言って良いのか、言葉がありません。
正直なところ、感動と言うより放心状態です。
スゴイ! 後から感動の波がジワ~ッと…。
こんな感想でスミマセン。
チケットは、土日と楽日以外は少しですが有りましたよ。

わかります~

アユムさん~

今日いらしたんですね!

言葉がない!放心状態!
そうなんですよね~わかりますよー。

あとからジワーッと、きますですよ。

新幹線からさっそく感想を送っていただき
ありがとうございました!

まるこさーん

まだチケットあるそうですよ~ん。
平日、盲腸になりましょう。
赤坂の牡丹亭という病院で手術です。

まるこも~~~~~

ゾクゾクしたいぞぉ~~~~~~!!!!!
酔っ払いたいぞぉ~~~~~!!!

絶対に噛み付きません!絶対に飛びつきませんから!

神様~~~~!!!!玉様~~~~~~~~!!!!

さあさあ

まるこさん

ゾクゾクしてください~ウルウルしてください~
ヘロヘロになるまで酔っぱらってください~

玉さんは、永遠です~

だから盲腸になって~

聞いたか、観たか、聞いたか、観たか?

桔梗さん

まあ~いつも感じてることだけど、読んでると観た気になっちゃったあ

更に、Mちゃんからも(v-213) K子さんからも(v-213聞いたし・・・私が楽を観てもブログに書くことないかもよ。

でもねえ 「百聞は一見に如かず」 ですよねえ~

今日は麻酔科の名医から「東京?大丈夫!行ってらっしゃい」と、OK
貰ったから、元気な顔で東京へ行きますから、よろしくね!!  

おめでとうございます~!

みよ吉さん!

お医者様からも太鼓判を押していただいて
完全復活!!良かったです、ほんとーに。

美容院もオーケーですもんね。
たっぷりおめかしをして
玉さん杜麗娘に会いにいらしてくださいませ。


私も楽しみにお待ちしております。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク