素晴らしい大フィナーレ!@「幽玄」

昨日は、「幽玄」の大千穐楽に行って参りました。
今なお、残像が脳裏を巡って感動が止まりません。ブラボー!
いろんなシーンを思い浮かべては、本気で鳥肌が立ってしまっています。

「羽衣」の天女の舞いを見ていたら、「清涼」とはこういうことなんだ、と思えて
ただただ清らかなものだけを感じる時間が流れていきました。
玉三郎さんの美は、突き抜けた心地よさで、美という言葉では言い尽くせません。
昨日は鼓童の皆さんの謡が、ことのほか力強く、ずっしりと感じられました。
次第に強く盛りあがっていく「おとめの姿 しばし留まりて~」からが特に好きなのですが
ああ、このシーンも今日で見納めなのかな、と全身で集中して味わいつくしました。
今日は朝から、「気分は羽衣」で、謡の真似をしたくなり、
「おとめの姿~しばし留まりて~」と、洗濯物を干しながら(衣つながり)、
何回も(そこだけ)唸っていました。とても謡いにはなっていませんけど、なんだか楽しい~。

「道成寺」では、昨日、初めて感じたことなのですが、花子さんが撥で軽快に
さまざまなリズムを奏でている時は一人の娘なのですが、着物の袖で踊り、次に
鱗模様の帯を手にして踊りはじめた時、すでに花子さんは蛇体と化している
のではないだろうか…と。そのように、目に映りました。

「石橋」では、博多座の時から、玉三郎さん獅子が舞台の前ギリギリに出てきて
ぶんぶん毛振りをしてくださる演出になっているわけですが、やはりぶっ飛びました。
あんなド迫力の、そして美しい毛振りをこんなにも近くで見せていただけるなんて。
劇場内の気圧がどんどん高くなっていくのを感じて、
なぜか背中が燃えるように熱くなりました。

カーテンコールでは、自分にとっての「幽玄」が心の中でグルグル回っていました。
5月の初日から9月の千穐楽まで、ずっと「感じる心」を刺激し続けていただきました。
和太鼓の音には、こんなにも表現の可能性があるのだということへの驚き。
「幽玄」は、観るというより、凄いことを体感することの連続、そんな時空でした。
ジャンルという垣根を飛び越えて、自由な発想、自由なアクションで、
生まれて初めて体験する素晴らしい作品を創り上げられた玉三郎さんと鼓童の皆さん。
カーテンコールの最後、玉三郎さんを真ん中に、鼓童のみなさんが並ばれた時、
私は、胸がいっぱいになりました。皆さんの思いが伝わってきて目の奥が熱くなりました。
自分だけに聞こえる「大和屋!」を試してみました。しかし、声が高く速くなってしまって
鬼太郎の目玉おやじの「キタローッ」みたいな「ヤマトヤッ!」に
なってしまいました。いけません。
やっぱり、いつものように「玉さーん!(本当に本当にありがとうございます)」と
少し大きな声を出しました。またぜひ再演していただきたいです。

玉三郎さん、鼓童の皆さん、花柳流の皆さん
どうもありがとうございました!
<

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい三日間なので🎵🎵🎵

幽玄の舞台で、こんな感情が。

道成寺 やっとあえた、一人、花子さん。
あのかわいらしい、静かな花子さんが感情をあらわにし、だんだんと蛇に。

日舞の舞台で何十回、いろんな人の道成寺をみたことか

綺麗と思った舞台は、今までにもありました。

だけど初めて、おそろしい、怖いけれど、いとおしく、悲しい、せつないと感じました。
蛇がでてきたところでは、泣けてくるのです。
蛇の動きに悲しすぎるのです。
蛇をしずめようとしている場面は、もうだめです。

二日目、三日目と舞台をみていく中で、
花子さん、今日は花子さんのままでいてくださいと願っている変な自分がいて、蛇になっていくとかんじられた途端、誰か助けてと涙がではじめ、蛇登場では涙が流れでます。もう、花子さんではなくなった。

何なんでしょう。
蛇は、作りものだとわかっています。
だけど、生きているんです。
蛇が立ち去るとき、ふるえる中に花子さんが。
花子さんにもどる一瞬がある。
あの道成寺は、空気がちがう。

これも、おちついて考えると、玉三郎様はじめ、出演者の方々、照明さん、大道具さん、あの舞台を作ってくださった方々のお陰で時空をこえるんだ。
本当に本当にありがとうございました。

ロームシアター京都

22日と23日大千穐楽の「幽玄」に行って参りました。
5月のオーチャードホール以来でしたが、深く心に刻まれたものは、時間が経っても薄れることはないのだと実感しました。

「羽衣」では、天女の美しい舞を見ていると、ゆったりとして心がたおやかになったと思わせてもらえます。

「道成寺」の花子さんは、鼓童の演奏と合わさった強弱のある舞に惹きつけれっぱなしでした。

「石橋」は、舞台の前方に出てきての迫力ある毛振りに圧倒っされ、すぐ嬉しさにかわり、玉三郎さん、カッコいい、素敵過ぎと心の中でつぶやいてました。

締めくくりの舞台を見終えたばかりなのに、すぐにまた、同じ共演者の方々との再演を希望する気持ちでいっぱいになりました。

カーテンコールでは、「玉さーん、大和屋」と小声で叫びました!

劇場では、開演前や休憩時間中の会話も楽しむことができて嬉しかったです。

新幹線で駆けつけて行ってよかったです。

おめでとうございます

楽日はことのほか気合が入った舞台でした。
大蛇が舞台から落ちるんじゃないかと思う勢いで滑ってきました。

「道成寺」の花子さん、衣装替えがないので、はじめからウロコの帯がちょっと不気味でしたが、桔梗さんのおっしゃるとおり、どんどん怪しい雰囲気が増してきますね。
両手に銀色の撥を持って、三人の太鼓打ちのまわりをくるくるしているとき、楽しかったです。体を右にひねると同時に頭はすこし左に向ける、撥を上にあげると同時に目線も上に、撥を下げると伏し目にというコントロールもいつもながら完璧で、快感でした。

気になっていた「ろうそく」、電池にしては揺れているし、本火を使うときの焦げ臭い匂いもしないし、どういう仕組みなんだろうと思っていました。そういえば、「揺れるローソク」というのを聞いたことがある、と検索してみたら、通販で出てくるわ出てくるわ、リモコン付きもありました。LEDでした。

あと、気になったこと。今回の獅子は乱れた髪を直しませんでしたね。獅子物のときは、途中で後見さんに髪をなでつけてもらうところがあるのですが、今回は演出上の都合か、省略でした。しょうもないことがいつも気になる性分で、直してあげればいいのにと、すこしはねた頭を見ていました。

登場から退場まで、能狂言の様式にのっとった格調高い舞台でした。
狂言師の茂山逸平さんがフランスに留学して、あらためて、日本の能狂言は美しいと思った、だいたい登場から退場まで、ヨーロッパの舞台と全然ちがう、とおっしゃっていましたが、ほんとうにそうだと確信しました。

カーテンコールの疑問

舞台に出演者が並んでいるところで照明を落とすカーテンコール、なにかのまちがいか、それともそういうやり方か、と疑問に思っていたことは前回書きました。

あんずさんもそのようなことをおっしゃっていましたが、そういうやり方みたいですね。
以前からそういうやり方があったかどうかはわかりませんが、今日、映画「誰もいない国」(ナショナルシアターライブシリーズ)を見ていたら、そのカーテンコールがそうでした。

ナショナルシアターライブとはこういうもの。

http://www.ntlive.jp/

舞台が終わってカーテンコールが始まったので、やり方を注目していたところ、「幽玄」と同じように、俳優さんが舞台に並んだままで、舞台照明が落ちて、また点灯して、ふたたびお辞儀して、こんどは手をつないでご挨拶があり、最後に本物のカーテンが降りてきました。
舞台から役者さんたちがはけないままのカーテンコールはいままで見たことがなかったと思っていましたが、この舞台中継映画では見たことがあったかも知れません。意識しないと見えないものが多いですから。

とにかく、疑問が解決してすっきりしました。

蛇の哀感

ちょんぱさん

花子さんの心の複雑さというか、深みというか、
いろんな情感が、踊りにのせられていて心に沁みました。
だんだん、だんだん、蛇になっているんだ!と
ゾクッといたしました。

大蛇の動きが、激しくて千穐楽まで
毎回、アッと驚く(タメ五郎と言いたいが)私でした。
最後、お祓いとのやりとりも劇的で
少しコミカルにも見えたりして、引き込まれました。
大蛇が逃げていく時の後ろ姿に哀感が溢れていて
私も、泣きそうになりました。
背中(背びれ?)で悲しみ、切なさ、恨み…を発信していました。
草さんは、大蛇の大家になるのではないでしょうか。

照明も、素晴らしいと思いました。そして美術も。
あんなにシンプルな舞台なのに、いろんな景色が浮かびあがりました。
そういうシーンを思い出すだけで、まだ鳥肌が立つのです。
頭の中のイメージとしてこんなにもビジュアルで記憶に残って
心と身体が今も反応する作品は、そうそうありません。
みなさんの思いがギュッと詰まっている唯一無二の作品!
あんなに素晴らしい体験ができて、私も、感謝の気持ちでいっぱいです。

時間が経ってなお色濃く

あんずさん

京都2連チャン、おめでとうございます。
時間が経っても薄れることはないですね。
千穐楽のあとは、ますます色濃くなっています感動が。

玉三郎さんの天女も、拝見するたびに心地よさの彩りが変化していて
いろんな空気が感じられました。
千穐楽では、すぐに「清涼」とういう言葉が浮かんで
果てしなく広がる浄土に連れていっていただいたような
そんな清々しさがありました。
自分一人では、絶対に行くことのできない領域です。
あんなところに連れていっていただける、ということが
ほんとうに凄いなぁと。
玉三郎さんはいつでも舞台芸術の新境地を生み落してくださいます。

花子さんの撥のリズムは色んな風に変化して
目にも楽しかったです。
獅子のカッコよさを思うと今もドキドキします。
写真を眺めて、ドキドキしています。
玉三郎さんの目が澄んでいるんですよね。ウキャーッ!
同じ共演者の皆さんでの再演は、かなりハードルが高いですよね。
でも、熱望せずにはいられません。
みなさんお一人お一人が、本当に素晴らしくて。

>カーテンコールでは、「玉さーん、大和屋」と小声で叫びました!

それも新しいですね。二つ合体案。
玉さーん、大和屋!
玉さーんは大きい声で、大和屋は目玉おやじで。
やってみようかな(やらなくていいか)

京猫さんにお会いできなくて、心残りです。
八千代座ではぜひぜひ。秋の宴もしたいです。

最高の最高の最高!

京にんじんさん

毎回、観るたびに感動した「幽玄」でしたが
千穐楽は、発せられている気の量も今までで最高だったように感じました。
燃えるフィナーレ。心底、素晴らしかったです。

花子さんの踊りは、音に心を合わせて
縦横無尽というか天衣無縫というか、
決まっている振付はないように感じました。
花子さんが型を破って自由になった感じもして
とても人間らしくて、でもやっぱり蛇になって。
楽しくて、怖ろしくて、ゾクゾクしました。

「ろうそく」の揺れ具合が本物みたいで
目を凝らしました。でも、やっぱり火災条例?とかで
本物は使えないようなーと思いながら。
LEDなのですね。良くできていますね。

私は、獅子の髪の毛が乱れたところが好きでした。
玉三郎さんだと思うと余計に、その乱れがチャーミングに映ったりして。あはは。
乱れ具合も毎回違うので、あ、今日はかなり乱れたぞーウキーッ(猿)と喜んだり。

>登場から退場まで、能狂言の様式にのっとった格調高い舞台でした。

能狂言の様式をよく知らないのですが、
出方と引っ込み方の折り目正しさが心地よかったです。
でも、千穐楽であらためて気がついてオオ―ッとなったのは
最初は裃をつけている鼓童のみなさんが、
最後は、玉三郎さん考案の動きやすいストレッチ素材で終っているところが
やっぱりぶっ飛んでいるなぁと。何気なくストレッチ。気がつけばストレッチ。
その変化に、最後の最後に萌えました(笑)。

明大の土屋学長がおっしゃられていた
玉三郎さん演出のお能が、楽しみでなりません。
ストレッチ素材は出ないと思いますが。

閉めたつもりで

京にんじんさん

カーテンコールの暗転について、
ありがとうございます。
そういうスタイルがあるのですね。
カーテンを閉めたつもりのカーテンコール。
暗い時間がけっこう長いので、最初は、何かが起こってしまったのか、
と不安になりましたが、二回目からは大丈夫でした。
面白いですね。あのチカチカが好きです。
あとは、パッと明るくなった時、獅子で微笑まれていたり
獅子で真面目な顔だったり、玉三郎さんの表情がいろいろで
毎回、楽しみでした。

たまたまご覧になられた映画「誰もいない国」で
そのカーテンコールに遭遇されたということも何だか面白いです。
疑問解決!すっきり。

玉三郎さんのコンサートでも、
あのカーテンコールスタイルで、プラス5曲ほど
アンコールを歌っていただけたらいいなぁ~♪なーんてね。

ようやく

日曜、月曜、とバタバタして、なかなかお座敷に上がれませんでしたが
待ちに待った幽玄、ようやく見れました。

桔梗さんとお会いできなくて、私も残念でした。
今回は、玉三郎さんは初めてという二人と、二三回目という人、合わせて三人、少しお若い方々をお誘いしての観劇だったので、そちらの方に気がいってしまっていたのです。
やっぱり、楽しんでもらえているかしらとドキドキだったので。

一幕後の休憩時、まず初めての方(女性)の第一声が「玉三郎さん、若い!いくつなん?」で、それに対しもう一人の初めての方(男性)から「女性(笑)に年を聞くのは失礼だよ」というつっこみが入りました。
もう一人の人は、玉三郎さんが登場した時、「あ、この世のものでないものが現れた」と思ったそうです。

そういう点では、今回は三場面とも、この世のものとこの世でないものとの「あわい」に立ちあがる情景、物語でしたよね。
この「あわい」にぼんやりとたゆたうものの中に、玉三郎さんは「幽玄」を感じてもらいたいと思われたのでしょうか。
鼓動の皆さんも、随分難しいことを要求され、それに挑戦されているなと思いました。
なんだか濃密な時間で、あっという間の舞台でした。

後、玉三郎さんの気振りを見れてよかった。
あのイケメンぶりは、もう犯罪ですね。
アマテラスの時は、思いっきり「玉さーん!」と叫んだのですが、今回は連れがいましたし(笑)、「幽玄」だからと、心の中で小さく「玉さーん」と叫びました(やっぱり叫ぶんかい)。

終演後も、三人それぞれ、いろいろな感想を口にする中で、楽しんでもらえたのだとわかってほっとしました。何か一か所で盛り上がるというのではなく、いろいろな思いがわいてくる舞台だったように思います。

これは全くの余談ですが、大学時代にマンドリンオーケストラというクラブに入っておりまして(パートはギターだったので、マンドリンは弾けません。ギターも今は弾けません)、定期演奏会というのを毎年、ロームシアター京都の前身である京都会館の小ホールの方でやっていたのです。
なので、ロームシアター京都に行くと懐かしいです。
さらに、当時そこから歩いて十分ほどのところに下宿(死語ですね)していたので、あの辺りは、私の庭だったのでございますよ、ホホホって、なんなのか。

八千代座は2000人は入らないから、きっと会えますね。
その前に、歌舞伎座にももちろんGOです。


もういくつねると

博多、京都からの熱風で焼け焦げそうです。
玉三郎さんの舞台に、この次、は禁物ですね。

今年は少しだけおとなしくしていたのですけれど、いよいよ一日から
始動します。殻を破って孵化します。
東銀座も山鹿も、バタバタ飛んで行きますよ!

あと5日寝たら歌舞伎座だ〜!

夢のひとときが通り過ぎ

昨日辺りから日常に引き戻されていますが
さっき鼓童の公式サイトを見に行って
草洋介さんが書いたブログを発見しました。

http://www.kodo.or.jp/kodo_blog/membersblog/5436

草さんが毎日蛇体と格闘している様子が伝わり
もう一度、と言わず何度でも観たかったな~という気持ちが
こみあげています。
ご出演の皆様は体のコンディションや太鼓の状態、喉の調子等々
日々違っているものの中で最高のものを生み出す努力をされていたんだなと改めて気がつき、良いものを見せていただきありがとうございましたと言いたいです。

今回は桔梗さんや皆様とお話できて楽しいひと時が過ごせました。
11月は何度もお会いする機会がありそうなので、それを励みに
がんばります!

10月

桔梗さん

京都弾丸日帰りツアーお疲れ様でした。5月から始まった「幽玄」の大千穐楽をしっかりご覧になれてよかったです。

9月はまだ少し残っておりますが、気分はすっかり10月です。玉さまの「秋の色種」、梅枝さんと児太郎さんが出られますが、その中で、お二人がお琴を演奏されるそうです(ソースは芝のぶさんのブログ)。

確か、このお二人、「阿古屋」を目指して三曲を絶賛お稽古中と聞いているので、まずは第一弾って感じでしょうか。

誤字(恥)

鼓動→鼓童の皆さんごめんなさい
気振りって… 髪の毛だけではなく気も振りまいているということで…

いらっしゃいませ。

京猫さん

お忙しいところ、お座敷に来てくださって
待ちに待った「幽玄」の感想を
ありがとうございます。

お友達とご一緒でいらしたのですね。
玉三郎さんを観るのが初めての方も、二三回目の方も
みなさん楽しまれて嬉しいですね。京猫さんもよかったですね。
私も、八千代座に玉三郎さん初めての友達を連れて行った時
やっぱり「この世のものじゃない」と驚愕&感動していました。
その時、すごく嬉しかったです。でしょー!ねー!ねー!って
しつこく言ってました(それがうるさい)。

「あわい」って、いい言葉ですね。ぴったり。
太陽と月、海と空、生と死…
私も、たゆたいました。

>あのイケメンぶりは、もう犯罪ですね。

やられちゃいました。ズキューン。撃沈。

まさに獅子奮迅、獅子カッコ良すぎ。
玉さんは目がキレイだな、とあらためて感動。
太鼓判を押させていただきます。
(私に押されたかないですね)
お友達がいらっしゃらなかったら、
京猫さんの「玉さーん」は悲鳴になっていたかも。

京都会館=ロームシアターは思い出の地でいらしたのですね。
学生の頃になじんだ場所って、特別な思いがありますよね。
京猫さんのお庭で、ぜひともギターをかき鳴らしていただきたいです~。
ボロローン~♪ 指が覚えていて、激弾きできちゃうかも。

つぎは、歌舞伎座へゴーゴー!
11月は、八千代座でもお会いできますね。
今度はめいっぱい「玉さ~~~~~~ん」って
叫んでくださいね。あ、お友達も一緒かな。
でも、お友達も二回目からは一緒に叫ぶかもしれませんね。

秋の深まりが楽しみな今年です。

熱風あっちっち

フクギさん

私も、燃えに萌えて、燃えましたボーッ!
では、次回からはご一緒に。

私も、1日からまた燃えに萌えますぞ。
フクギさん、殻をバリバリ破って
羽ばたいてくださいませ。
歌舞伎座で、エア宙乗りしちゃってください。
幕見席までバビューンですね。
八千代座でもエア宙乗りいたしましょう。

あと5日寝たら!
指折り数えちゃいますね。
早く寝ようっと。

それにしても玉三郎さんは、
寝る暇もないくらいのスケジュールですね。
普段も、獅子奮迅。お身体が心配ですが、
でも、誰よりもお元気ですからね。
歌舞伎座でまたパワーをいただいてきます。
(パワーを吸い取ってばかり)。

つぎの夢に向かって

パールさん

草さんのブログのお知らせを
ありがとうございます。
拝見いたしました。

動物園や佐渡の蛇を沢山見て、研究されていたのですね。
蛇って、すぐにシュルシュルシュル~って
どっか行っちゃうイメージがありますから、
観察するのも大変そう。草さん、後を追いかけたのかな。
私は、赤ちゃんとかげの尻尾のブルーがあまりにキレイなので、
大好きで、できればジッと見ていたいのですが、
遭遇してもシュルッと隠れていなくなっちゃうので叶いません。
蛇ととかげを比べるなってーの。

草さんのダイナミックな動きの中に、
細やかな花子さんの心情が織り込まれていて
哀しくて切なくて。千穐楽で初めて逃げていく後ろ姿を
観ることが出来たのですが、とても感動しました。
蛇の背中を観て泣きそうになったのは初めてです。

私も、お会いできて楽しかったです。
11月は南は山鹿から北の大地まで♪
またよろしくお願いいたします。

芝のぶさんブログ

おとらさん

京都「幽玄」では、いろいろとお世話になりました。
おかげさまで楽しい弾丸日帰りツアーとなりました。

そして、10月大歌舞伎「秋の色種」のレアレアニュースを
ありがとうございます。朝、一人で騒いでおりました。
お二人がお琴を弾いて、玉三郎さんが踊られるのですね。
情景が浮かんできました。
「阿古屋」に備えて、大リーグボールならぬ
「阿古屋」養成ギブスをはめるって感じですかね(たとえが古すぎる)

>(ソースは芝のぶさんのブログ)。

なるほど、芝のぶさんのブログを見てみたら、
アメーバー限定とあったので、さっそく申請。
なかなか認定されないので、私はダメなのか、と
落ち込んでいたところ、さっき認定されました(笑)。
楽しみに拝見したいと思います。

どうもありがとうございました!

Re: 誤字(恥)

京猫さん

こんばんは。

全然オッケーです。
気を振りまかれていました!

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク