玉三郎さんの歌声に、陶酔♪♪♪

フレンチの美食と美酒を堪能した後は、
待ッッッてましたぁ!玉三郎さんの魅惑の歌声です。

幕が上がると、ピアノの伴奏がはじまって、
舞台上手から、歌手・坂東玉三郎さんが登場されました。
わぁ!きゃっ!、とあちこちで小さな歓声が上がり
私も、わあぁっ!と思わず声を上げてしまいました。
玉三郎さんのスーツが、キラキラ煌めいていたからです。
スゴイ!視線を奪われました、キラキラキラキラ
イタリアでゲットされた生地でしょうか。
総スパンコールの黒の上下で、ズボンは細身仕立て、
黒いシルクのシャツも美しい光沢感で衿元がお洒落です。
靴は、もちろんキラキラバージョン。玉三郎さんのファッションを
見ているだけで、気持ちが華やぎました。

玉三郎さんは、声量がさらにパワーアップしていて、
歌手というより声楽家だわ!と思いました。
専門的なことはわかりませんが、発声法が前とは違う感じで
喉の奥の方が遥か彼方まで開かれているイメージというか
ご自分の歌唱法を確立されていることが一耳瞭然でした。
そして、シャンソン、ボサノバなど全12曲を熱唱してくださいました。

曲名や曲の順番はメモをして参加していた方々にも確認したので
たぶん合っていると思うのですが、もし間違っていたら教えてくださいませ。

第一曲めは、「セ・シボン」

「セ・シボン」は、八千代座でも歌ってくださったのですが、個人的な見解では、
玉三郎さんの歌声がシルクの風合いから、ヴェルベットの風合いに変化している、
と感じました。こっくりとした厚みがあって、まろやかで、深みがあって。
いずれにしても、玉三郎さんの歌は、やさしいなぁと思いました。

第二曲めは、「枯葉」

秋にはまだ早いんですけど、と前置きされて。
ダンディな歌声 。暮れゆく~からのしっとりした感じが濃厚で
ロマンティックな大人の唄。お洒落な秋の色が浮かびました。
ララララ~ラリララリ~と口ずさまれるのがいいのですよ。

第三曲めは、「人の気も知らないで」

ダミアの歌でございます、とおっしゃられて。初めて聞く曲でしたが、
前奏でグッときました。ヴァイオリンが哀しくていいんです。
阿古屋の胡弓を思い出しました。 歌詞も哀しい。
いい歌だなぁ。玉三郎さんが歌うから、めっぽうドラマティック。
恋人につれなくされた女心がとても丁寧に歌われているのです。
「人の気も知らないで」というタイトルにもしびれちゃう。
この歌も、定番化していただきたいです。

次の2曲は、越路吹雪さんのカセット「世界の恋人たち」に入っている曲です、
と解説してくださいました。八千代座のコンサートの時に、玉三郎さんが、
「越路さんのカセット「世界の恋人たち」の歌が素敵なので、いつか皆さんに
お聞かせしたい」、とおっしゃってくださったので、私は、ぜひ聞いてみたいな、
と秘かにずっと楽しみにしていました。なので、またまた、うおぉぉお~ッ!でした。
21才の時 海老玉コンビで大役を抜擢されて歌舞伎座に出ずっぱりで
エネルギーを使い果たしていた頃に、この「世界の恋人たち」を聞いて、
ヨーロッパの旅をした気分になっていた、とお話ししてくださいました。
合間、合間のお話も、簡潔かつ味わい深くて、玉三郎さんならではでした。

第四曲めは、「アマリア」

「アマリア」は失恋した女の子をなぐさめる 歌。
過ぎたことは忘れなさい、という女性のその歌声が
ゆっくり諭すようにでも優しさが滲んでいて泣けてきました。
玉三郎さんでなくては歌えない大人の女性の心を感じて。

第五曲めは、「ひとりぼっちの愛の泉」

この歌は、ヨーロッパの味がするとおっしゃいました。
ちょっと、さびしいんだけど明るい情景が見えてカラッとして。
艶のある声で、高らかに歌われて、そんなさびしさも
何てことないわね、って思えるような。歌詞もいいです。
幸せとは目に見えない明日を待つことなの~
というフレーズが心に残りました。タイトルもいいな。 
ララララ~ラララララ~がまろやか。
玉三郎さんの思いが込められています。

第六曲めは、「いそしぎ」

これを唄っている方を尊敬していて、素晴らし過ぎるから
名前が言えないとおっしゃってました(笑)。
海辺の情景が浮かんできました。玉三郎さんの低音が果てしなくて。
水彩画のようなボサノバ。二人の愛の日々が切ないです。

第七曲めは、「WAVE」

赤坂ブリッツで初めて歌われた時から大好きな歌。
玉三郎さんの歌詞がすごくいいんです。
ロマンティック で、海のそよ風を感じます。やさしい歌声が、
ナチュラル。低音の歌い方が変化していました。
永遠になる~の最後の、る~が萌えポイントでした。
今回、また歌ってくださって心底、嬉しかったです。


第八曲めは、「Someone to watch over me」

高らかな歌い方で、すごく素敵でした。
語尾が丁寧で、この広い世界の~どこか~
からの果てしない感じに迫力があって凛としていて、
ミュージカルのステージの劇中歌のように聞こえました。
玉三郎さんは、人間の心の微妙なところに目を向けて
台詞と同じように歌詞を深く読み込んでいらっしゃるのだな、
と感じられて毎回、感動します。

第九曲めは、「妻へ」

越路さんの37回忌と同じく、ピアノだけで 。
日生劇場の時よりさらに、なめらかで、まろやか。
思い出の糸を~たぐ~リ寄せながら~暮らそう~
の優しい響き。 二つの心がもし離れたら、二人とも後悔する~よ、
の「もし」が切なくて。玉三郎さんの歌声に、悲しみが満ちていて、
愛が溢れていて、涙が込み上げてきました。情感豊かで鳥肌が
立ちました。あり~がとう~妻よのところや、
ジュテー―エム~のム~の最後の盛りあがりもすごく
良くて。今回も、やっぱり涙でした。

第十曲めは、「薔薇色の人生」

ちょっとしんみりしてきたので明るい歌を、と。
玉三郎さんの「薔薇色の人生」があまりに素晴らしくて、
今度は、明るい涙が出ました。最高でした!
玉さんの歌声が華やかで心が躍り、深遠でおおらかな愛を感じました。
玉三郎さんが大きく手を広げて、天を仰いで歌われたそのしぐさが
目に焼きついています。ぜひ定番にしていただきたい曲、
毎回聞きたいです。

第十一曲めは、「パダム パダム」

最初にこの曲についてご紹介された時、
「とん・とん・とん・大丈夫?いきなさい、気をつけて !」っておっしゃった、
その優しいフレーズが耳に残っています。「パダム パダム」は、
玉三郎さんの声量がひと際、迫力があって、太い声で、
ドラマティックでした。ほかのどの歌とも違う、玉三郎さんの思い入れを
感じました。お芝居を観ているような気持ちになりました。
伴奏も素晴らしかったです!

第十二曲めは、「水に流して」

最後の曲を、と。玉三郎さんの「水に流して」は、力強くて、
私は、いっぱい勇気を与えていただいた歌。
最初に玉三郎さんのこの歌を聞いた時に、私は人生の暗闇を
彷徨っていたのですが(笑)、「人生に行き止まりなんてないんだ」、
と強く思うことができて、新しい出発をすることができました。
新しい人生が、今日から始まるのさ~
玉三郎さんのこの歌をまた聞けて胸が熱くなりました。
そして、あらためて力強く生きて行こうと思いました。

アンコールは、「夏の終わりのハーモニー」

アンコールが1曲あると思ってちゃんと練習して参りました、と。
玉三郎さんってチャーミング。ちょっと暑いんですけど、って脱いで
いらした上着をまたお召しになられて。NHK「ザ・スター」以来、
歌っていらっしゃいますが、もうすっかり玉三郎さんの唄になって
いました。声量がすごい。堂々として優しくて、ロマンティックで。
舞台美術で星が煌めいていて、真夏の夜空に、浮遊している
ような気分になりました。真夏の夜の夢。
終わって欲しくなかったなぁ。

「初めてのディナーショーにようこそおいでくださいました。
演奏家の方々、ありがとうございました。」 と、
玉三郎さんの心のこもったご挨拶で幕となりました。

思い出すだけで、泣き続けていられそうなほど感動しています。
玉三郎さん、素晴らしいディナーショーを、どうもありがとうございました。

ピアノの江草啓太さん、ベースの斉藤順さん、ヴァイオリンの渡辺剛さんの
演奏も素晴らしくて感動いたしました。どうもありがとうございました。

終わったばかりで何ですが、玉三郎さんの「秋の宴」、「冬の宴」、「春の宴」、
そしてまた季節が巡って「夏の宴」を心待ちにしています。
もう一度、全部、聞きたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

_20170731_102031_convert_20170804213828.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

進化

 驚きました。どれだけ練習を積まれたのでしょうか。
太くてふくらみのある素敵な声でした。高音もきれいでしたね。
まさに進化する玉三郎さん。
ちょっとした手の動きにも目を奪われました。
関節はどこにあるんでしょう。コブシメ(イカ)みたいだなっていつも思います。
歌う姿が一生懸命で楽しそうで、良い刺激を沢山いただきました。
どのステージでも、玉三郎さんは玉三郎さんで、もれなく魅力的であります。

海の番組もお宝映像満載でしたね!
無邪気な玉三郎さん、サイコーに素敵。
私も潜りたくなったので、早速ダイビング予約しました。
お手本は玉三郎さんのドルフィンキックです。オホホ。今なら出来る気がする〜。

毎日雲がどんよりで、さっぱりしないお天気が続きますね。
こういう気候は体調崩しやすいそうなので、お身体ご自愛くださいね。







ヴァースも省略なし

桔梗さん 一曲づつていねいなレビュー、ありがとうございます。
玉三郎さんのお衣装、すてきでしたね。全身キラッキラでした。細身のズボンに安心しました。
今回はミラーボールはなかったですが、照明も控えめながら効果的でした。

玉三郎さん、ときどき「歌詞はわたくしがつけました」とおっしゃいます。
5年前のコンサートのどこかで、「バースのところはわたしが訳しました」とおっしゃっていて、「バース」って何? と気になっていたのでこの際、調べました。

「verse(英)

バースとは、楽曲構成上、リフレイン(コーラス)の前に配置された序奏部分を指す。リフレイン部分よりは短く、比較的平易に作られている。バースは歌ものに多く見られ、時には楽曲の冒頭部分に省略する事のできないバースが組み込まれる事もある。」

http://ongakuyougo.conceptmol.com/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9/

ほかにも、いろんな説明がありますが、要するに、「よく知っているメロディーが出てくる前に置かれている数小節」というのが私の理解です。どうも、シャンソンに多いように思います。

で、玉三郎さんが何事によらず本物志向の人だと思うのは、歌われるとき、ほとんどの場合、ヴァース(このほうが落ち着きます)を省略しないところです。どんな曲かわからないでいるうちになつかしいメロディーが出てきて、あーこの歌か、と思います。出だし、よく音がとれると思います。

「セ・シボン」でも、YouTubeで検索するといろいろなヴァージョンがあり、いきなり「セ・シ・ボーン」から始めているひとがいます。玉三郎さんはそこからは始めません。

「人の気も知らないで」は、わたしは淡谷のり子で知っていました。YouTubeで聴くことができます。
これもヴァースは省略されることが多いようです。玉三郎さんはもちろん歌っておられます。塚本邦雄という歌人が省略にクレームつけてました。https://ameblo.jp/ta2015blog/entry-12106656010.html
塚本邦雄さんは、「人の気も知らないで」というタイトルを「名訳の誤訳」とおっしゃってます。もとは「あなたは愛する術をしらない」(塚本訳)。
いろんな人がいろんな訳詩で歌っていて、興味が尽きません。横道にそれました。失礼。

「夏の終わりのハーモニー」、終わりのところ「いつまでも、ずーっと、わすれずにーーーーーー」の「にーーーーー」で、夜空の向こうに消えていくかのように、だんだん声を小さく弱くするという楽器のような技を使われたのが印象的でした。デクレッシェンドというんですかね。結構むつかしいテクニックだと思います。

まだまだ続きそうな玉三郎さんの冒険、楽しみにしています。

夏の宴 の幸せ

幸せな夜でしたね。前からずっと楽しみで、美しく華やかな花の活けられた入り口でドキドキし、玉様の ご贔屓ばかりの座席が嬉しくて、玉様の乾杯に驚き感動して、そして、玉様の歌が始まると、何て幸せなんだろう・何て幸せなんだろうって あまりの幸せに 泣いてしまいました。

喜びで泣けるって 幸せですねぇ。

玉様 ありがとうございます。
また、ぜひ 宴をお開き下さいね。
心の中で お願いしていまいした。

次回はパンフレット・DVD ・歌詞カードをお願いしたいです。

桔梗さん 曲名と解説 ありがとうございます。
私は 歌名が 殆どわからないので すごーく嬉しいです。

そして、明大のお話もありがとうございます。行かなかったのに行けた気になれます。

また 玉様のこと教えて下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

高音もきれい♪

フクギさん

赤坂や八千代座でコンサートをされた時も
とっても魅力的な魅惑の歌声でした。
どちらも、いいなぁ~、と♪
歌声の種類が違うので、いろんな玉三郎さんの歌を
堪能させていただけて幸せこの上ありません。
ステージを移動されたり、手で表現されたり
エンターテイナー玉三郎さんの一挙手一投足を
ガンミいたしました。
歌に込められた心に、色々な感情が反応いたしました。

イノセントブルーは、海という舞台で
圧倒的に美しいフォームで潜られる玉三郎さんの映像が
まさに美しい幻のようでした。
海辺では少年の玉三郎さんですね。
ああ、こんなお顔をされるんだな、という発見も。
私は自分でスキューバをやって初めて
海の中が静かなだけではなく、
激しく流れていることを知りました。
ゆらゆらするのが怖くて岩にしがみついたりして。
玉三郎さんのドリフトダイビングを見て、
びっくりしました。スゴすぎます。
いろいろ挑戦されて何をやってもパーフェクト。
本業に加えて、歌っても潜ってもプロ!って凄くないですか。

フクギさん、今ならきっとできますよ、ドルフィンキック。
素晴らしいイメージトレーニングができてますから。

体調について、ありがとうございます。
私は、この夏は、どこも行かないので
毎日、イノセントブルーを見て、
ボラボラやパラオやロタホールを
脳内遊泳したいと思います。お風呂で潜ろうかな。

フクギさん、南の島へ、
気をつけて行ってらしてくださいね~。

本物志向

京にんじんさん

玉三郎さんの衣裳、素敵でしたね。
ラストの歌で上着を再びお召しの時に
「暑いのですけど」っておっしゃったので
スパンコールのジャケットはかなりの厚みがあるのかな、
と勝手に想像しておりました。
持ちあげて重たさを確かめたいです(コラッ)

ヴァースで、思いだしました。
確か、「踊り明かそう」を歌われた時に、
ヴァースは自分で詞を書きました、とおっしゃっていました。
「君住む街角」もそうでしたっけ。
玉三郎さんがヴァースを省略しないで歌われることや
あと、あれだけの曲目をまったくとちらずに
すべて記憶されているということも凄いな、と思いました。
台詞で鍛錬された「脳内チップ」をお持ちですからね。
すべてそこに保存されていらっしゃるのでしょうかね。

「人の気も知らないで」について、ありがとうございます。
いろんな歌詞があるのですね。私は、このタイトルにもしびれました。
教えてくださったサイトで、ダミアの歌の訳詞を拝見しました。
若くて、身体は許しても魂は許さない青年像が描かれていて
ダミアの歌も淡々と。でも、「あなたは愛する術を知らない」と言われたら、
もう、なんもいえねーですね。その点、「人の気も知らないで」と言われたら
情に訴えられるというか、まだつけいる隙があるというか。
でも、青年は、つけ入らないんですけどね。
それにしても、いい歌ですね。メロディも美しい。
玉三郎さんには、いつも知らない歌を教えていただいて
世界が広がっていきます。

「夏の終わりのハーモニー」も歌い込まれていて、
玉置さんの歌とは違う、玉三郎さんの歌になっていましたね。
玉三郎さんは語尾が丁寧で、やわらかなニュアンスなところも
いつもいいなぁと思います。
ディクレシェンドなどのテクニックも凄いです。

11月21日に帯広でコンサートがあるのですね。
メンバーズではチケットは申し込めないのですかね。
タイトルを見たら、「思い出のスタンダードコンサート」
とありました。また歌われる曲が違うのかな~と気になってます。
北海道だけではなく、いろんな場所でぜひやっていただきたいですね♪

嬉し涙の宴

すみれさん

こんにちは。

歓びで泣ける、
そんなに幸せなことはありませんね。
玉三郎さんは、偉大です。

いいですね、DVDに歌詞カード!
のちのちの感動反芻用に、
ぜひお願いしたいです。

明治大学のお話もたっぷりと
いろいろしてくださったので
これからも少しずつお伝えできたらと考えています。
いろいろ盛り沢山で、嬉しい悲鳴です。

よかったですね。

〇〇〇さん

玉三郎さんファンの方との素敵な出会いもあって、
さらに、素晴らしい宴となりましたね。

〇〇〇さんがお声をかけられたのですから
どうか、お気遣いなさらないでくださいね。
私も、持っておりますので大丈夫ですよ(笑)。

いつもご親切にお声かけくださって、
どうもありがとうございます。

魅惑の歌声♪

待ってました!
聴く態勢を早めに整えておきたかったので、デザートの前に化粧室に行ったのですが、席に戻ってから中々デザートを持ってきてもらえず焦りました(笑)

幕が上がった瞬間、玉三郎さんのステージ衣装に眼が奪われ、魅惑の歌声を聴いたら、先ほどの焦りも忘れていました。
のびのある滑らかな歌声で、私は時々頭をスイング?しながら聴いていました。
第八曲目のジュリー・アンドリュースさんが歌われた「Someone to Watch Over Me」はお気に入りの曲で、心情が込めれたら玉三郎さんの歌い方が素敵でした。

アンコールの曲が終わっても、まだまだお聴きしていたい気持ちでいっぱいでした!

ディナーショーもいいですが、コンサートやリサイタルをしていただけたら嬉ししいなと思いました。

スイング♪

あんずさん

デザートの前に、お色直しにいらしたのですね。
でも、デザートもちゃんと召し上がれてよかった。
私は、デザートが美味しくて、おかわりしたいほどでした。
サッパリしていてフレッシュで、あれ、また食べたいなぁ。
長野産のシャンパンとワインも良かったですね。
初めて、あの銘柄をいただきました。

玉三郎さんの方をがんみして、
ついついジーッと聞き入ってしまうのですが
スイングするの、いいですね。
あんずさん、頭が自然に動いちゃった感じですね。

「Someone to Watch Over Me」も変化していて
すごくのびやかな声で、ステージの中のステージみたい、と思いました。
アンコールはやはり1曲と決まっていたのですね。
もっともーっと、聞きたかったです。

玉三郎さんに日生劇場でリサイタルを
やっていただきたいですね。そして
毎年、恒例になったらいいですね。
越路さんのようにね。
夢は、ふくらむばかりです。

いつか私も

桔梗さん、こんにちは!
『夏の宴』詳細をお知らせいただき私も心弾む心地が致しました。
曲名と桔梗さんの解説で"こんな感じだったのかな"と想像してみたり
以前発売された『ちょっとおたずねします』のCDとは随分歌い方も変わっている、と教えていただいたので、どんな風に変わったのか
多分、私の想像を上回っているのだろうな、と思います。

いつかきっと私も宴に参加して美酒・美食・美声に酔いたいと思います。

明日はトークイベント出席予定ですが雨の様子でバスが止まれば
朝5時に断念しなくてはなりません・・・
でも、もしバスが動ていたら飛び乗ってしまうので新宿へ着く辺りで
中止を知ることになるかも・・・
いずれにしても雨が予想より少なく、とっとと台風が過ぎてくれることを
祈るばかりです。

それでは明日無事にトークショーが開催されることをお祈りして
これから準備をしようと思います。

日生劇場

リサイタル賛成!

「いそしぎ」
私が知っているのは、アンディ・ウィリアムズ。

「薔薇色の人生」
初めて聞いたのは、芦野宏さんの歌だったかしら・・・

懐かしい曲がいっぱい。
リサイタル大賛成!!

絶対、いつか。

パールさん

「夏の宴」の記事を読んでくださって
どうもありがとうございます。
パールさんが想像された通りだと思いますよ。
きっと、そんな感じです。うひひ。

>いつかきっと私も宴に参加して美酒・美食・美声に酔いたいと思います。

絶対に、叶います。また、玉三郎さん、
宴を開いてくださると思いました。
美酒、美食、美声に座布団20枚!暑いからいらないか。

朝から心配で台風ニュースをずっと見ています。
バスは無事に発車されたでしょうか。
東京は今のところそんなに荒れ模様ではないので
きっとトークイベントは開催されるはず、と
勝手に予想しております。

どうか無事に到着されますように。
またお会いできるのを楽しみにしています。

大賛成!

まるこさん

アンディ・ウィリアムズさんのことは、
玉三郎さんが、コンサートの時に
お話されていたような気がします。
私も、お名前とお顔はわかります。
「いそしぎ」を歌われているのですね。
とてもいい歌ですね。

玉三郎さんの「薔薇色の人生」が
ほんとうに素晴らしくて、私は、すっかりトリコです。
もちろん、、この歌は知っていましたが
これまで、こんなに薔薇色を感じたことはありません。
まるこさんに、ぜひとも玉三郎さんの
生の歌声で聞いていただきたいです♪

やっぱり、日生劇場でのリサイタルを熱望いたします。

No title

桔梗さん、ご心配いただいたのに
4時にバス不通のメールが届きました(涙)
それからあれこれ調べましたがここから出る全便が運休・・・
長野回りも考えましたが台風北上なのに現地で大雨だと東京どころか
ここへも戻れない、と断念しました。

桔梗さん、ご参加の皆さん、足元お気を付けくださいね。
お楽しみくださいませ。
また桔梗さんが公演の様子を書いて下さるの楽しみにしております。

わかりました!

パールさん。

うぅ、やっぱり。
天気予報で、パールさんの方面がかなり豪雨になっていたので
バスは無理かもしれないな、と思っていました。
でも、無理ならさないで大正解です。
この先、ずーっと、玉三郎さんのお話は聞けますから。
今回のお話は、ご報告しますのでお任せください。

なんて言ってる私も、危機一髪でした(汗)。
今日は、午前中に病院の初めての検診だったのですが
主治医の先生のところだけ待ち時間が凄いことになっていて、
正午になっても、まだ前に10人以上いる状態でした。
これは玉三郎さんのトークイベントには間に合わないな、と
いったんあきらめたんです。
でも、玉三郎さんの特効薬が一番効くからやっぱり行かなくちゃ、と
咄嗟にアイデアが湧いてきて(笑)、看護師さんに
「用事があるので、順番を一番最後にまわしていただけたら、
また戻ってきます」、と告げたら、じゃ、そうしてくださいますか、と
外出届を出してくださったんです。それからが早回し状態で
ダッシュで立正大学に向かって(もう充分元気)、無事に、最初から
玉三郎さんのお話を聞くことができました。
つくづく参加できて良かったです。
終わってから、また速攻で、病院に戻って、無事に診察できて、
医師からはもう治療は必要ないことや、
運動も飲酒もOKとの許可をいただきました。嬉しくて泣きました。
今日は、玉三郎さんの命についての貴重なお話も伺い、
いろんなことを考える一日となりました。
パールさん、ご心配いただいてありがとうございます。
立正大学や明治大学など、少しずつ書きますので
待っていてくださいね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク