18日の「幽玄」へ。

初日は、心はここにしかないのに心ここにあらず状態で(ややこしい)
ずっとふわふわしていましたが、昨日は少し落ち着いて「幽玄」を観ました。

「羽衣」で鼓童の皆さんが着ている裃(かみしも)には、
玉三郎さんの熨斗菱の紋がついているんですね。
鼓童の皆さんが横一列にズラッと並んで演奏されることは今までもありましたが
裃をつけているとガラッと印象が変わりますね。荘厳。

昨日さらに快感だったことは
太鼓の音がどんどん激しくなっていき、天女や花子さんの感情の高ぶりと
かぶさりあうようにヒートアップしていって、すべてが頂点に達した時の
カタルシス!たまりません。スカッとして、自分の頭のてっぺんから
シュワ―ッと体中の毒がが抜けていくような快感がやってくるのです。
五感の悦楽というか、あの感覚は、あの場にいなくては味わえませんね。

台詞がまったくないのに、情感が細やかに伝わってきます。
玉三郎さんと舞踊家の方々の身体の動きや表情からいろんなことが読み取れて。
言葉にしない分、逆に伝わってくるものがあるなと思いました。

舞台装置がとてもシンプル。人間と、太鼓。
そこから放たれる「気」の凄さというか、
人間の気迫、生命の力がずんずん迫ってきて、
最後の獅子の毛振りで最高潮に達して、人間の気の圧に
気おされてしまって。自分が、冷静ではいられなくなるのです。
玉三郎さんが舞台の前のギリギリまで出ていらして
左側をキッと見て、毛を揺さぶり、右側をキッと見て毛を揺さぶり。
その目の輝きと、凛々しさと、動きの色っぽさに、身震いしました。
何だか凄い体験をしているなぁ、という瞬間の連続。クセになります。

明日は、何を感じるでしょうか。東京での感じ納め。早いなぁ。

グッズコーナーには、玉三郎さんの新作ファイルがいっぱい!
迷いに迷って、こちらをゲットしました。不思議な光。玉三郎さんが少年!

邇峨&繧薙ヵ繧。繧、繝ォ_000016_convert_20170519133404

遠征クィーンのパールさんが終演時間を心配されていたのでパシャッ。
ぜんぶで2時間20分の公演とのことです。

DSC_0926_convert_20170519132803.jpg





コメントの投稿

非公開コメント

私も18日

私も18日 やっぱり、ずんばおり着て行かなくちゃ会えませんね (笑)
中央ブロック上手寄りの席でした、   素晴らしかった

能も日舞も歌舞伎も太鼓も全部ミックスした、すべてを知り尽くした玉三郎さまでなければ作りえない極上の舞台でしたね。
鼓童の謡も、お囃子のように打つ太鼓も、基本が体の中に入っていて本物でした
どこからともなく誰からでもなく聞こえてくる声明のような謡も、鳥肌もの、
玉三郎さんの創造力、発想力には毎回「やられたっ」という感じです。

「羽衣」の、天女が空へ舞い上がるところの扇の使い方が印象に残りました、
銀色の扇を照明に当ててさらに明るく天女を照らし出したり、天女が飛び行くときに舞い上がる薄い雲を表したり、はるかに続く天の道を示したりと、日舞の方々のフォーメーションがとっても素敵でした
やっぱり玉さんの舞台は見逃してはならない ね。

鼓童だけを聞いている感じではなく、能でもなく歌舞伎舞踊でもない、確かな基本に則った新たな芸能が生まれたという感じ、鼓童さんはまた一歩進んだのではないでしょうか

舞台の印象が日々増幅して感動が持続しています

あらまぁ。

ムジコさん

18日にいらしたんですか。
またまたお会いできませんでしたね。

やられましたね!玉三郎さんと鼓童の新世界に。
いろんなエッセンスが美しく結実していて
おもしろくて、深くて、命に響く2時間。
謡の声にも惚れ惚れしました。すごくいい声。
特に、中込健太さんの声が素晴らしいと思いました。
木遣りでも美声を聞かせてくださって
常々、いい声だなと思っていましたが
謡で、またまた才能全開。
鼓童の笛も、やっぱりいいなぁと思いました。
そして、あの蛇舞いの生々しさ。凄いです。
ねっとり絡みつくような動きと表情と。
中には草さんが入っているのでしょうかね。
蛇舞いのスペシャリストですね。

>「羽衣」の、天女が空へ舞い上がるところの扇の使い方が印象に残りました

玉三郎さんの扇の動きも、芸術ですね。
照明や薄い雲は見逃していたので今日、しっかり見てきますね。
あと、袖をくるっと後ろに回す仕草も、
ほんとうの天女みたいで(会ったことはないけど)
毎回、惚れ惚れしています。
ちょっと真似してみたいです。
ずんばおりでやってみようかな。

東京千穐楽があっと言う間にやってきてしまいました。
今日も、しっかり心と脳と身体に感動を刻みつけてきます。


No title

桔梗さん、いろいろとありがとうございました。
終演時間をを教えていただいたのでカーテンコールまで
焦らず楽しめました。新宿にも出発30分前に着けました。

『幽玄』静から動へと変化していく、鼓童の太鼓・謡と玉三郎の舞、舞踊家さんたちの舞、それぞれが長年精進しお稽古して蓄積されたものがここへ集結したそんな舞台でした。
舞台装置や照明もシンプルで、前方へ出たり奥へ引っ込んでいくのが
全て手動だったのがこの演目にピッタリ合っていて
電動で引っ込んだりしていたら、この舞台の情緒が目減りしてしまうのではないのかな、と感じました。
道成寺での灯りも、○○を使って仄かな灯りを灯すことで現れる
陰影もあの灯りならでは。
最後の獅子も凛々しく、ひとつひとつの動作がキリッと決まっていて
素敵。カーテンコールの決めの姿に"ズキュン!"ですね!
本当に良いものを見せていただきました。
桔梗さんが記事で書かれているようにあの場で観ることにより
伝わるものが沢山ありますし、舞台から押し出されてくるような力の感じなど、よく玉三郎さんがおっしゃる"直接会わないと伝わらない"という
ことを強く感じるひと時です。

また絶対行きたい!
名古屋が一番近いのに月末月初で流石にお休みできないし・・・
次は京都かしら。

劇場でいただいたチラシの束の中に
"幽玄 玉三郎×鼓童 ドキュメンタリー特別番組 2017年7月放送予定"というのがありました。前回の30分よりは長いのでしょうか?
そちらも楽しみです。

それでは、桔梗さん本日の千穐楽、楽しんできてくださいね。




No title

すみません、↑玉三郎さんの名前が呼び捨てになってしまいました。
玉様、玉三郎さんと何度も書き直しているうちに・・・
"さん"を落としてしまったようです。お許しくださいませ。

銀の扇

扇は ザ・日舞メンが天女さんを照らすために使ったのです
薄い雲など、私の個人的な感想ですが、わかりましたか?
銀の扇の使い方がキラキラと綺麗だったなぁー と思うのです

天女さんの袖は 羽のようにも見えたし、
道成寺花子さんの袖は蛇体みたいでした
玉様と袖は何にでもなるんだなぁー

蛇舞 上手いなーと私も思いました、玉様の動きの特徴を掴んでたような気がする

そうそうパールさん、チラシがあった7月の放送 楽しみですね・・・首を蛇体にしちゃう?

(笑)

パールさん

大丈夫です、わかってますから。
アフター「幽玄」で今なお舞い上がっているのかな、なんて。
考え過ぎて、呼び捨てって、おかしいです。

玉様、玉三郎さん、玉さん、若旦那。
玉三郎さんは、どう呼ばれるのがお好きなのかな、
なんてことをふと思いました。
さすがに、ファンが「若旦那!」とは呼べませんけどねえ。
パールさんのおかげで、またまた妄想をたくましくして
楽しませていただきました。

わかりました!

ムジコさん

千穐楽では、ちゃんと拝見いたしました。
舞踊家のみなさんの扇による
波、風、雲など、ゆらゆらキラキラ。
美しいですね。ドラマチック。

天女が頭の上に袖をかざす姿は
この世の人間ではありませんね。
ふわっと輝いていて、地上から足は浮いているはずです。
足もとは見えませんが、きっと。

BSジャパンで、7月に「幽玄」のドキュメンタリーと舞台映像が
合体した番組があるみたいですね。
昨年、八千代座の「玉三郎さんが誘う鼓童の世界」の舞台を
BSジャパンさんが撮影されていたのです。
いつ放送ですか?とお尋ねしたら、まだまだ先ですよ~と
おっしゃっていたのですが、そのまだまだ先がやってくるんですね。
今からとても楽しみ。
首を何にして待ちましょうかね。
BSジャパンはテレビ東京系列なので
東京タワーにして待ちましょうっと。
あ、今は東京タワーじゃないのかな。

そうこうするうちに、
今年ももう半分が過ぎてしまいます。

もういくつ^^

あと5つ寝るとだもんね。^^
うきうき、どきどき、ふにゃふにゃ。

あと3つ

まるこさん

ついにとうとう、あと3つですね。
私は、あと4つ。すれ違いが残念ざます。

ドキドキしすぎて、どうにかなっちゃってるかな。
気を確かにもって、目と耳を皿にしてね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク