初日の「幽玄」へ。

16日午後6時半開幕!「幽玄」を観て参りました。
オーチャードホールに到着して、まず座席へ。
チケットには7列と書いてありましたが、5列目までがなくて
実際には2列目の席でした。おーッ!舞台が近いッ!

もちろん花道はありませんが、舞台から通路に降りる階段(ミニ梯子)が
かけてあり、ここから出入りがあるのかな、と想像してみたりして
ソワソワドキドキワクワク。生まれて初めて観る「幽玄」への思いが、
開演直前には風船が膨らみ過ぎてはちきれそうになるくらい膨らんでいました。
大人になっても、こんな気持ちを味わえるなんて幸せです。

昨日は、とにかく夢中で観て、ひたすら感じて、まだちゃんと内容を理解できて
いないので、何をどのようにお伝えすればいいかわからないのですが、
その感じたところを、少しだけ書かせていただきます。

「羽衣」の幕が開いて、鼓童の方たちの演奏と謡を聞いていたら
なぜか高野山という言葉が浮かんできました。深い山間の清涼で
凛と澄んだ空気や、初心の息吹のような魂のほとばしりが感じられて、
新しい領域に踏み込んでいる鼓童の皆さんが、とても清々しく映りました。
花柳流の舞踊家の方たちが登場して船頭さんのような振りをされて
あ、山ではなくて海辺だった、と。物語が始まって、羽衣を求めて
玉三郎さんの天人が現れたときの神々しさときたら!
透明なのです。澄みきった存在なのです。幽玄を感じました。
これからご覧になる方ばかりですから、詳しいことは控えますが
皆さんが一番知りたいことを申し上げますと、
玉三郎さんは、たっぷり舞ってくださいます!
舞台の一番前のギリギリまで来て舞ってくださいますよーッ!

二幕目では、鼓童の皆さんはいつものストレッチ素材の衣裳で登場。
今回はすべてお能と思っていたので、何だか少しホッとしてしまいました。
あ、正座から、ちょっと足をくずしてもいいのかな、みたいな感じで。
「道成寺」は、とても自由で、いろんなエッセンスが詰まりに詰まっていて
こんなの初めて!づくし。めずらしきが花。めずらしき花子さん。
玉三郎さんの舞いが、独創的でモダンで惹きつけられました。
そして玉三郎さんも、太鼓を打つのです!鼓童と一緒に。
どの太鼓かは、観るまでのお楽しみに。
そして何よりも、玉三郎さんが「道成寺」という題材で、鼓童と共演している
という事に胸がいっぱいになってしまいました。
玉三郎さんが注ぎ込んできた愛情と、それに応えて邁進してきた鼓童と
次々に生まれてきた作品、その17年という歳月と、培われてきた信頼関係と。
いろんなことに思いが巡っていって、胸が熱くなりました。

ラストの「石橋」では、熱狂しました。玉三郎さんの獅子に。
八千代座で見納めと思っていた獅子を、また拝見することができるなんて!
そしてそしてそして毛振りもやってくださるなんて!シビレマシタ。
立ち姿はもちろん、その姿の美しさに。そのお顔の凛々しさに。
眼差しが輝いていて、きりりとして、カッコ良すぎます。
もう興奮してしまって、心臓が早打ちしました。本当に幸せ!
カーテンコールも、獅子の美しい姿で、何回もお辞儀をされて
清々しい笑顔が見えて、最高でした。後ろから「ブラーボー!」という声が
飛んできて、私も思いっきり「ブラボー!」と叫びたかったです。その勇気がなくて、
「玉さん、すごい!玉さん、すごい!」とぼそぼそと、玉さんを見ながら、
ひたすらつぶやいていました。

「幽玄」という作品の素晴らしさにもっともっとふれたいです。
なので、明日もまた観に行ってきます。

コメントの投稿

非公開コメント

ぶらぼ~

ぶらぼ~、ぶらぼ~!
ここでお稽古してまいりましょうぞ。

玉三郎さんのお獅子は大好きですから。^^

ありがとうございます

さっそくのコメントありがとうございます。

いままで観たことのなかったものをついに観ることができそうで、じつに楽しみになりました。
とはいえ、秋の京都公演までおあずけなのですが。

太鼓を打つ玉三郎さん、おー、ですね。
おやりになりたかったんでしょうね。
やりたいことは絶対にやらないではいられない末っ子のわがまま玉三郎さん、と思いました。

毛振りも、もう一度、おやりになりたかったんですかね。
八千代座の鏡獅子に間に合わなかったわたしとしては、じつに(なんどでも言います)楽しみです。

毛振りの玉三郎さんサイコー

私は今日行ってきました!
毛振りはシビレましたね。
まさに大盤振舞い。首大丈夫かな、お体のメンテナンス大変だろうな、なんてよけいな心配してしまいました。
3階からは、計算されたフォーメーションを楽しみました。
20日は近距離でじっくり拝見します!

明日は劇場には入りませんが松濤界隈をうろうろしています。
お見かけしましたら、大声出します。こだまが返ってくるくらいの
大きな声でご挨拶します。
明日も気を付けて行ってらっしゃいまし〜。


はじめまして

はじめまして
以前から時々読ませて頂いています。50代主婦です。
中学の時に玉さんの舞台を観て虜になり一時期はよく歌舞伎座に通ってました。
初めて玉さんを観たのは菅原伝授手習鏡だったと思います。
その後、演舞場に日本橋だったかと思うのですが観に行き幕間に写真集の販売があって玉さんに握手して貰いました。
とっても…この世の人でない位 綺麗で
学校に行って授業中に握手して貰った手を頬に当てスリスリして
…手洗いたくないな…とか思ってました(笑)
茨城に住んで居て農家に嫁いだので前のようには行けてないのですが
玉さんが好きなのは以前と変わりなく
今回、好きな演目だったのでチケットキャンプでチケットを購入
19日に行く予定です、6列目が最前列なのですね~~
一昨日まで田植えで忙しく行けるかどうか心配だったし
疲れてクタクタなのですがブログを拝見し、とてもワクワクでコメントしちゃいました。
よろしくお願いします。

No title

桔梗さん、こんばんは!

初日の模様をお知らせいただき期待に胸が膨らみます。
なんだか今から緊張してしまうかも(観る方が緊張してどうするっ!)
鼓童の謡、玉様の獅子、玉様の太鼓・・・
見どころ満載なんですね。ぽーっとなってしまい見逃さないようにしないといけないですね。

上演時間は3時間くらいですか?
帰りのバス17時半出発なのでそれだけが心配です・・・

超絶ウルトラぶらぼ~❗

まるこさん

今日の玉三郎さんも、最高でした。
超絶ウルトラぶらぼ~!と
叫びたかったです。

またまた、いろいろな発見がありました。
素晴らしさのあまり、しばらく座ったまま
天井を見てボーッとしていました。
幸せな時間!

越後も、もうちょい‼

お楽しみてんこ盛り

京にんじんさん

秋の京都公演では、また変化があるかもしれませんね。玉三郎さんの舞台は、一定ではない!
だから、毎日観たい!のであります。

玉三郎さんの太鼓は、洒落た太鼓。
今日も鼓童の太鼓とセッションするみたいに
しなやかに弾けていて、楽しかったです。

毛ぶりも、美しくて、力強くて
惚れ惚れが止まらない~!
どうしましょ~。
東京公演があと2日だけだと思うと
さびしいー、泣けてきます。

京都にも行きたいっす!

鍛錬

フクギさん

玉三郎さんは、どんな時も自分に厳しく
鍛錬を怠らない方なのだということを
今回、あらためて実感しました。
毛ぶりも、本当に感動ですよね。
あんなに凛々しくて、
あんなに色気のある獅子はちょっと
いません。どこにもいません。
今日も、撃沈。
羽衣の舞いも、花子さんの舞いも、
鼓童の太鼓と共に高ぶっていく時の
カタルシスがたまりませんでした。

明後日は、間近で!
ど迫力です。
獅子が、舞台ギリギリまで出て来て
目がキラリ、毛がふわり!
その瞬間、泣きそうでした。
うー、思い出して身震いしてます。

ありがとうございます!!!

ゆうさん

はじめまして。
いつも見てくださって、お忙しい中、
コメントを書いてくださりありがとうございます!

中学生の時に、玉三郎さんの舞台をご覧になられているなんて、羨ましい~!
握手された手を今もまだ洗ってなかったりして。
素敵な思い出を教えてくださって、ありがとうございます。

そして、幽玄へ!
ゆうさん、きっと、大興奮で
クタクタが吹き飛んでしまうはず。
また、感想をぜひお知らせくださいませ‼
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

二時間二十分なり

パールさん

今日は、少し落ち着いて観ることができました。
そして、いろんな発見がありました。
見逃さないようにしないと、と、
キョロキョロ。やがて、ポワン。
気持ちを持ってかれちゃう。

で、上演時間ですよね。
一幕が50分、幕間25分、二幕が70分。
アナウンスでは、全部で二時間二十分とありました。
今日は、四時半には終演していたはずです。
バスは新宿からでしょうか。
一時間あれば何とか大丈夫かな。
ヨーイドンの足にしといて、カテコまで何とか楽しめますように!
お気をつけていらしてくださいませ。

ありがとうございました

桔梗さん、上演時間を詳しく教えていただきありがとうございました。
終演後1時間あれば新宿まで間に合いそうです。カーテンコール終わったらダッシュで!
ありがとうございました。

桔梗さん こんばんは。

こちらは、初夏のような、とても暑い1日でした。

幽玄、とても良いお席で みられたんですね~

私も早く 博多座で 体感したいものです。

その前に!玉三郎さんの トークの神戸があり、日田 もあります。私にとって、7月は大変嬉しい月でもあります。
玉三郎さんの公演があると思っただけで…頑張れます!

いつも、多才な、そして大好きな 桔梗さんの文章を読めることが幸せです。

改めて、桔梗さん、ありがとうございます。

また、お邪魔致します。

ころばないでね。

パールさん

間に合いそうですね。
弾丸日帰り遠征は、時間との闘いですよね。
帰れなくなったら、てーへん。
でも、そんなことより、玉さん観たいが、
勝っちゃうんですよね。
今回も、来て良かった!って絶対に思いますよ。

私も、博多座も京都も名古屋も行きたいな。
でも、仕事のスケジュール的にはそうもいかないかな。
来週、新潟は、行ってきます。嬉しいなぁ。

お互い、乗りそびれないように、
乗り過ごさないように、がんばりましょう。

しょーか、しょーか。初夏なのね。

ミカンさん

暑くなってきましたね。
明日も、かなり暑くなりそうですね。
暑さも、最初は新鮮ですよね。
ちょっとウキウキしたりして。

博多座の幽玄は期間も長いですから
たっぷりと楽しめますね。
東京は明日で終ってしまうと思うと
とても寂しいです。
でも、演じられる方にとっては、
お休みも大切ですからいいんですけどね。

7月は、日田に神戸に、嬉しい大忙しですね。
私も、帝国ホテルの「夏の宴」が楽しみで楽しみで。
それを励みにがんばりますぞ。

ミカンさんにそんな風に言っていただいて、
ありがとうございます。
ちゃんとお伝えできないことばかりでアカンタコなのに。

また、お待ちしております!
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク