本年を飾る「第三部」!@十二月大歌舞伎

初日、二日目の歌舞伎座へ行って参りました。

もう、ものすごく感動してしまって、ハァーッとなりっぱなし。
すぐ目の前で踊っていらっしゃる玉三郎さんを観ながら、
夢なんじゃないの?と思ってしまいました。
でも、夢じゃありませんでした。

「二人椀久」では、勘九郎さんの椀屋久兵衛さんが
シャリッとした色男で、無表情なほど、内にこらえている心情がにじんで
松山太夫さんと並んで踊っているお二人の姿は、すっきりと品があって、
粋で、知的なカップルに映りました。とても深いところで結ばれている二人なんだな、
と感じられて。太夫さんも九兵衛さんも、睦まじくすごく楽しそうに踊っていて、
雰囲気がいいのです。心が和みました。
太夫さんの一瞬、一瞬が美し過ぎて、瞬きをするのがモッタイナイ。
久兵衛さんを起こす時の太夫さんの表情に愛が溢れていて、
そこはかとなく色っぽくて、観ている私の心も春色になりました。ほわわーん。

「久兵衛~さ~ん」と手をつくところ、二人が同じ振りでくるくると回るところ
手紙をもって踊って、最後にふわりと消えていってしまうところ。
残された九兵衛さんと同じ心持ちになってしまいました。
演奏も素晴らしくて、あーいいわぁ~ん。
さらにさらに、「二人椀久」!にぞっこんです。

そして「京鹿子娘五人道成寺」が、とにかく華やかで楽しくて
五人の花子さんの配分がパーフェクトなんですよ(私が言うのもおこがましいですが)
ああ、こんな風に構成されたんだなぁ、と目から蛇の鱗がぽろぽろ落ちて
最初から最後まで感激しきりでした。五人の花子さんのショーを観ている気分。
幕開きは、中村屋シスターズ(七之助さんと勘九郎さん)が登場。
今回、ご兄弟での花子さんがとても新鮮で見どころがいっぱいです。
玉三郎さんの踊りもたっぷりとありますよ。乱拍子から中啓の舞、
そして「恋の手習い」をおひとりで踊ってくださるのです。
夢じゃないのか、と何回も眼を大きく見開きました。
手踊りと鈴太鼓、鐘入りも五人全員揃って踊られて、それは壮観。
玉三郎さんの踊りはやっぱり当たり前ですが段違いでその理由が紐解けました。
その踊りの素晴らしさをきっちり表現できる言葉を持ちえていないことが悔しいです。
昨日は、鐘のてっぺんで、「ハッ」と玉三郎さんがかけ声をかけられて
ああ、声が聞けた、と嬉しくなりました。今回は「口上」がありませんので(笑)。

こんな幸せがあっていいのかと、心浮き立つ第三部。
何回も何回も何回も観たい、観ておきたいと思いました。

昨日は、玉三郎さんの手ぬぐいをゲットしてしまいました!

花子さんが投げた手ぬぐいが二本ポーンと高く上がって
一つは前の方がゲットされて、あと一本がどこかに行っていて
しばらくしてすぐ横に落ちていることに気づいたのです。私は、気が動転してしまって
顔が熱くなって、中村屋シスターズの鞨鼓は上の空でした。
師走にこんなに嬉しい贈り物をいただいて感無量です。

花子さんの手ぬぐい、後生大事にいたします。

2-2DSC_0122_convert_20161204161136.jpg

開くと、五人の花子さんの家紋が入っていました。
「元禄花見踊」の桜吹雪をのっけて記念撮影。

2DSC_0127_convert_20161204161659.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

とんぼ網

なになに、とんぼ網がいる?
あっ、手ぬぐいいただかないとね。
楽しみが増えました。^^

わくわく、どきどきですわ。

で、幕間は?




地引網

まるこさん

網は大きい方が安心です。
立ち上がっている方はいませんが
ココロは、立ち上がっていました。

昨年の師走は、「赤い陣羽織」で中車さんの手ぬぐいをゲットして
今年は、玉三郎さんの手ぬぐいゲットできるなんて。
もう一生分の手ぬぐいゲット運を使い果たしてしまいましたよ。
(初日には所化さんの手ぬぐいもゲットしました)。

で、幕間なのですが、1回きり35分間です。
さーて、目出度い焼きに、お弁当に、売店でお土産ゲットに
大事なお化粧室とパウダールーム。
時間配分を今からご検討くださいませ。

横やり

桔梗様
初日、2日ともの手ぬぐいゲット おめでとうござりまするー
加えて昨年のも
手ぬぐいさん達は、歌舞伎の魅力を発信するこのブログを応援してくれて
「あっこの人だ 今年もまたっ ポン」ってv-238
一生分の幸せ使いきった でしょうv-236   なんてことは無いですね

まるこ様ーーーさま付ける
8日3部行きますでーーーー私

めでたい焼きもお弁当も脇において
私と付き合っては下さいませんか?

赤いずんばおりで悦子さんに出会ったのは去年の事か・・・
今年はどんなファッションで?

ありがとうございます。

ムジコさん

ぐひひひー(むせび泣き)

>「あっこの人だ 今年もまたっ ポン」って

そんな優しいことを言ってくださって
わしゃ泣けてしまいますぜ。
歌舞伎の魅力は語れないのです。
玉三郎さんの魅力を思いのままに語るばかりで
ちゃんとしたことが言えなくて本当に情けないです。

ムジコさん、8日にいらっしゃるんですね。
まるこさんと一緒に地引網持って
エンヤートット~。

赤いずんばおりから、はや一年。
暮れていきますね、今年も。
何だか、寂しいけど、第三部があるから
大丈夫です!

私も7日は3階席から観ます。
上から観る五人花子さんのフォーメーションも
とても楽しみです。
鐘入りの時に、玉三郎さんを真ん中にして
一列になって、ふわっと開いて輪になって
というところがあって、すごくいいんです。
心地よいのです、最初から最後まで。

幕間、目出度い焼きをあきらめるんですか?
人形焼もありまっせ。

No title

桔梗さん、こんばんは!
先日はありがとうございました。あんずさんもありがとうございました。

初日二日目と花子さんに会いに行かれたのですね。
そして連日の手ぬぐいゲット!おめでとうございます。
羨ましい~きっと桔梗さんのオーラが引き寄せたのだと
思いますよ(#^^#)
私も獣除けの大型ネット持参で参ります!
18日一回しか観られないのでワンチャンスをモノにしたいと思います。

増上寺の講演内容を纏めようと思いつつ
月末月初の締めに追われていますので
またコメント入れさせていただきますね。
もう暫くお待ちくださいませ。

私も、ゲット

桔梗さん、おはようございます。
先日は、夢のようでしたね。

吹雪峠は、北島三郎クラスの紙吹雪。
本物の紙吹雪と、映像の雪の共演。現実と夢が同居しているような設定は、玉三郎さんの美意識が凝縮しているように思いました。
「あたしは、おまえの怯えた目が好きなんだよ」
おえんのこのセリフ、おっかないですね〜。二人の関係の脆さも表れていてぞっとしました。あと直吉が最後に、「〜と〜の深情け」というセリフ。なるほどな〜と感心したのに、忘れてしまいました。
確認しにまた行きます。

二人椀久も知的で品があって、素敵でした。
お二人の指先が、モンゴウイカのピラピラみたい。
まるで水中の生き物のよう。勘九郎さんも憂いのある演技が素晴らしかったですね。

京鹿子娘五人道成寺、いや〜豪華でした。
玉三郎さんもたっぷり、他の皆さんの見せ場もたっぷり。
個人的には、児太郎さんに注目しています。
上半身の動き、抑えた首の角度に、玉三郎さんからの薫陶を強く感じました。
回を重ねてどのように変化していくのか、楽しみにしています。

わたしも手ぬぐいゲットしました。どなたからかは、確認できませんでした。桔梗さん、花子さんの手ぬぐいは、たしか二三個でしたよね。
正確なコントロールで、桔梗さん目がけて投げてくれたのかもしれませんよ。

近日中に、また歌舞伎座に行きたいと思います。


ありがとうございます。

パールさん

パールさんこそ、パールの煌めきオーラで
手ぬぐいを引き寄せてください。
でも一応、獣除け大型ネットもね。
18日にいらっしゃるんですね。
きっと、大フィーバーされると思いますよ。
本当に素晴らしい第三部!大興奮です。
いらしたらすぐに次回をポチッとやってるかもよ。おほほ。

増上寺のコメントを気にしてくださって
ありがとうございます。
とてもいいお話を訊かせていただいたので
私も早くレポートをしたいと思いつつ
今はもう頭の中が第三部一色になってしまっていて(笑)。
落ち着いたら、書きますね。
お待ちくださいませ~。

祝・ゲット~!

フクギさん

まだ夢から醒めぬまま、松竹ウエブで
さらなる追加のポチポチを目論見ております。
どんだけだー。でも、どうにも止まらない~。
7日は鐘の上から眺めてきます。鐘になった気分で。

>本物の紙吹雪と、映像の雪の共演。

プロジェクションマッピングってやつですね。
美しかったですね。闇の中の吹雪をジーッと見つめてしまいました。
外に出て行った直吉と、部屋に残った2人と。
その後、どうなってしまうんでしょうか。
直吉さんの後ろ姿に哀愁が漂っていました。
「吹雪峠」の脚本を読みたくなりました。
次回は、あの文字を読めるボードを借りてみようかな。
でも両方は観れないかな。

「二人椀久」の勘九郎さんは正統派のいい男すぎて
もう少し、グズグズグダグダになって欲しい気持ちも湧いてきました(笑)。
でも、私は好きです、勘九郎さんの九兵衛。
お二人のモンゴウイカのピラピラも変化していくかな。

「五人道成寺」は本当に見応えたっぷりで
全員が光輝いていて、メリハリがあって、
一人の時も、みんなで踊る時も、ゾクゾクしました。
素敵な演出と振付ですね。もちろん踊りも。
玉さん花子さんには、ハートを射抜かれました。
ずーっと、ずっとずっと観ていたいです。
みなさんの変化を観るのも、楽しみです。

手ぬぐいゲット、おめでとうございます。
よかったですね~気分が舞い上がりますよね。

花子さんの投げるストライクゾーンに座れて大ラッキーでした。
目がけてだなんてイヤーン(そんなわきゃない)。
とにかくその後は頭が真っ白でしばらく舞台が見えなくなりました。

>近日中に、また歌舞伎座に行きたいと思います。

手ぬぐいを頭に巻いて、参りましょう。いや、通いましょう。

幕間^^

35分1回ですね。あれもこれもは無理ですね。(笑)

ムジコさん、幕間お付き合いしますよ。
今回は翌朝から京都旅行ですので、オシャレができません。
フツ~のおばさんスタイルです。(言い訳)
でも、すっごい美人です。息子曰く、思い違いと勘違いのダブルの間違いだそうですけど。^^




超美人を探せ

桔梗さん、歌舞伎や玉三郎さんの、魅力を言葉にして文字にして語るのは無理でしょう
それで良いのよーー
桔梗さんの想いを込めたコメントのおかげで、私達は心の中で増幅し、共感し、感動を思いめぐらす事が出来るのだから

桔梗さんの言葉が無かったら、とりつく場が無く、あふれる想いを持て余してしまうでしょう   ・・・あー誉めすぎかv-16


v-42京にんじんさんの突撃レポも
現地へ行けない私にとってはありがたいです

八千代座での玉さん1人元禄を聞いて 急ぎ脳内変換しましたから
そして当月、私は1.2部は行けないので 早くも見てきたような気分になれました

葛西聖司さんの「僕らの歌舞伎」も読んでいます

まるこさまー
あの広い歌舞伎座の中で一番目立つ美人を探せば良いのですね
責任取ってくれますかね???    
私は2階東です、ずんばおりは止めて 合言葉にしますか? 丸高ー無事故なんてどう?

あれもこれも、やっちゃおう。

まるこさん

入場してからの30分を、
目出度い焼きとお土産と、あれもこれも
やっちゃえますね。早回しで。

で、幕間は、ムジコさんと
すっごい美人タイム。
で、なにすんの?

褒めて~もっと~。

ムジコさん

むせび泣いておりますよ、
褒められ過ぎて。
みんなの想いはひとつ、ですね。
今月も、玉さんブラヴォー、イエーイ!

京にんじんさんの突撃レポに
感謝感謝ですよね。
今回も早々に送っていただいて
お会いした時、まずジッと私の目を見て、
「あらしのよるに」いかないといかんね、と
キッパリすすめてくださいました(笑)。
もうこうなったら行くっきゃないぜー。
チケットはまだあるのかな。幕見かな。

そうそう渡辺保さんの劇評で
第三部の五人道成寺が絶賛されていますね。
でしょーっ、って感じですよね(上から目線)。

合言葉を手旗信号でやっちゃってください。
だって、お喋りじゃ、漢字見えないもんね。
と、アゲアシをトル。
手旗信号やってる人は、きっと二人だけですから
内容はともかく分かり合えるはずです。
でも他の人にも、わかってしまいますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

しまった

そうだった、
合言葉、声で言ったら、同じじゃんv-8

息子さんのご意見を尊重すると、
やっぱり普通のおばさん同士の対面となるらしい
背筋伸ばして手旗信号、目立つしなぁー 目印は京へ行く旅支度の脚絆かしら?
それにしても、去年は何やら書いてずん羽織とか、ろくなアイディア出さんね と、褒めた口の乾かぬうちにもう…

渡辺保さんの劇評で褒める道成寺、うーー楽しみ
2階からだと上から の 目線で見るので、フォーメーションが楽しめそうです

ありがとうございまする。

〇〇〇さん

毎度どうも、あざーす。

「九兵衛」じゃなくて、「久兵衛」ですね。
サンキューベー。

普通じゃないレディ。

ムジコさん

手旗信号してるお二人は、
どう見ても、普通じゃないレディですよ。
(おばさんとは言いません。はい。怖いから)

渡辺保さんは好きじゃないのですが(笑)
(文章がエレガントじゃないので、なーんて偉そうに言ってみる)
でも、褒められると嬉しいですね。あはは。

私も明日は、3階の鐘の上から
ジーッと、花子さん5人の動きを見つめたいと思います。
心の中で大向こうを飛ばしつつね。

ムジコさん

幕間はちょっと無理そうですので、5時40分くらいに歌舞伎座稲荷前でお会いしませんか?
猛うさは、ちょっと細身の田舎のおばさんです。^^
まだ何を着ていくか検討中です。
寒がりなので、暖かい恰好で行く予定です。

まるこさん

了解しましたv-221
私も細身、それにチビ、メガネで美人の要素ナシ
大きな襟がフードになってるグレーの毛糸のショートコートで行くと思います
合言葉、手旗信号も無しね

玉三郎さんと再会

昨日まで東京にいました。
猿之助さんの「エノケソ一代記」を見ようと、世田谷パブリックシアターに行ったところ、通路の壁に玉三郎さんが!
「夕鶴」の、長い両手を羽根のように広げたあの姿が目につきました。まさか、再演?!と近づいたら、むかしの銀座セゾン劇場のポスターでした。1999年11月のでしょうか。

1999年の記録をみると、1月から12月まで、スケジュールがぎっしり。空いていたのは4月のみ。
当時のファンは大忙しだったことでしょう。
遅れてきたファンでよかったかもと思います。

ムジコさん、レポートお読みいただき、ありがとうございます。
脳みそがつるつるで、見るそばから、滑り落ちるのですが、なんとかとどまった断片を自分のためにも書いておこうと思っています。

「僕たちの歌舞伎」、木挽町広場のモニターのある一角で、歌舞伎関係書籍が並んでいますが、そこに平積みされていました。
まだお求めでない方は、どうぞ。

きのうのお稲荷さん

超美人レディのお二人へ

きのうの開場前のお稲荷さんは三人ほど、列ができていました。並ぶのもナンなのでお詣りは次回にしました。

なので、今日も列ができていたら、
やはり手旗信号が必要かもしれません。
SOS!手旗がなければ手でお願いいたします。
行かないけど、気になって気になって(笑)
無事に会えますように。
世紀の御対面!

第三部

初日の歌舞伎座に行って参りました!

程よい緊張感に包まれながら、舞台上の玉三郎さんの踊りに心奪われてきました。

今回は花道に近いお席でしたので、下手よりに玉三郎さんの松山太夫さんと花子さんがいらっしゃったときは、言うまでもなく瞬きが確実に減りました。

玉三郎さんの松山太夫さんは、しなやかな動作で、しかもどの角度から見ても身体の線が綺麗なんです。
勘九郎さんの久兵衛さんとは心情溢れる踊りで、二人の深い想いが感じ取れるようでした。
しっとりと落ち着いていながら儚さが細かい表情から汲み取れ、ため息が連発しそうになりました。

玉三郎さんの花子さんは、思っていた以上に舞台にお立ちなられていて嬉しかったです。
「恋の手習い」の手拭いを着物の衿にひょいっとかける動きがなんかいいんですよね。
何気ない仕草にも心を持っていかれてしまいます。
玉三郎さん花子さんを中心にした鈴太鼓は見応えがありました。
次回、三階席から五人の花子さんをしっかり観たいと思ってます。

残念ながら、玉三郎さん花子さんからも所化さんからも手拭いはゲットできませんでした。
桔梗さん、フクギさん、Mさんゲットできておめでとうございます。
桔梗さんは、玉三郎さんの手拭いをもゲットできるなんてステキ過ぎですよ!

パールさんは18日なんですね、私は前の日のチケットをポチっとしてしまったのでお会いできませんが、お顔は覚えましたので次回お会いした時はお声かけさせていただきますね。

初日の終演後、かる~く一杯楽しかったです♪

夕鶴。

京にんじんさん

「エノケソ一代記」の劇場に、玉三郎さんが!
思わず、歌舞伎座の合間にいらしたのかな、
なんて思ってびっくりしました。そんなわけないですね。

「夕鶴」のポスター、美しいですよね。
手を広げて、俯いている夕鶴のその表情に
想いが溢れ出ていて、くーっとなります。
再演していただきたいですけど、もうないかな、
と思っています。

>1999年の記録をみると、1月から12月まで、
 スケジュールがぎっしり。空いていたのは4月のみ。
 当時のファンは大忙しだったことでしょう。

当時は、何も知らずに何をしていたんだろう、と
思い返していました。もっと早くに玉三郎さんの舞台を観ていたら、
なんてことは思っても仕方ないので、それは思いません。
今、拝見できるだけでもう充分幸せ、ハッピーです。

脳みそツルツル選手権では、私は負けません。
京にんじんさんの観察眼と記憶力と文章力と突っ込み力、
いつもコメントをいただき感謝しております。

「僕たちの歌舞伎」は、明日、木挽町でいたします。
でも、脳みそツルツルだから、すぐ忘れちゃうの。
リンダ、メモしとかなくちゃー。

楽しかったですね!

あんずさん

初日がもう遠い昔のようになってしまって
でもまだ一週間なんですね。
次から次へと展開する景色に
わぁ~って、休む間もなく感動していました。
華やかさと艶やかさに心が弾みっぱなし。

「二人椀久」では、勘九郎さんとのコンビが
とても新鮮で爽やかでした。キリッと締まって、
心地よかったです。7日に拝見した時は
さらに風情があって変化しているように感じました。
日々、進化しているんでしょうね。

>「恋の手習い」の手拭いを着物の衿にひょいっとかける動きがなんかいいんですよね。

最初に手ぬぐいをパッと横に開いた時の
水色がとても美しくて、そよ風が吹くのです。
手ぬぐいを見せるだけでそよ風を吹かす玉三郎さん。
あと、口にくわえるところも好きなんです。
あんな風に手ぬぐいとしっぽり戯れる女性、
地球上のどこにもいません。手ぬぐいになりたいです。

玉三郎さん花子さんを中心にした鈴太鼓は
三階席から観ると、より楽しめました。
5人が一列になって、その後、ハラりとばらける瞬間の美しさ。
玉三郎さんのコメントに、26日からずっとお稽古とありましたが
きっと、お稽古を積み重ねられてのあの瞬間なのだな、と
思いました。

初日のかる~く一杯、楽しかったですね。

明日10日も、お会いできますですね。
楽しみにしております!

No title

桔梗さん、こんにちは。

私の初歌舞伎座から早一週間…早いものですね。
初日、桔梗さんをはじめ、みなさんにお会いできまして、
嬉しかったです!

今度はゆっくり食事もかねて行けるように予定くまなきゃ。
玉三郎さんはもちろんのこと、中村屋シスターズの舞いをみれて
感激でした!歌舞伎座あぁ~また行きたいなぁ~

来年も玉三郎さんに、みなさんにお会いできるように、
日々健康に気をつけてまいります。

てぬぐい、見せていただき、ありがとうございました。
私もいつかはゲットするぞ~


次回はゆっくり。

ミカンさん

初日は楽しかったですね。
あっと言う間に一週間が過ぎていきました。
観ているほうにとってはそうですが
演じていらっしゃる方にとっては
やっと無事に一週間が過ぎたという思いでしょうね。
もう、4回も行っちゃいました。
玉三郎さんも中村屋シスターズも児太郎さんも梅枝さんも
日々、変化して、進化して、素晴らしいです。
観るたびに胸がいっぱいになります。

ミカンさんの次回は来月かな?おほほ。
突撃しそうなミカンさん。
お待ちしておりますぜ。

冷えてきましたね。冷凍ミカンにならないように(おい)
本当に、日々健康に気をつけて参りましょう。
そうそう、以前、博多座の帰りに福岡空港で、
冷凍みかんかなにかの皮をむかないミカンの広告があり
そのヘッドラインが「ムカン」となっていて一人受けてしまいました。

お互い身体に気をつけて、働き過ぎにも気をつて
来年もイケイケで玉三郎さんにお会いいたしましょう。
ミカンさんは、玉置さんにもね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク