吹雪峠

冷え込みが激しくなって参りましたが、
防寒対策は進めていらっしゃいますでしょうか。

うれしい吹雪のお知らせです。

正確には、十二月大歌舞伎第二部「吹雪峠」の演出を
玉三郎さんが担当されます。後輩の皆さんのご指導大忙し月間ですね。
中車さんの持ち味が、また玉三郎さんにググッと引き出される予感。
第二部のチケットを急いでゲットしなくっちゃ。

歌舞伎美人に本ちゃんポスターと共に発表になっています。

下記、抜粋いたします。

宇野信夫 作

坂東玉三郎 演出
石川耕士 演出

一、吹雪峠(ふぶきとうげ)

直吉  中 車
助蔵  松 也
おえん 七之助


わぁ~松山太夫さんにまた逢えました~キャーピー。
花子さんも玉さんが代表だーキャーキャー。
深夜にテンションマックスです。夢を見そう。
(第一部さん、はみ出ちゃって、ごめんなさい)

kabukiza_201712ffl_748ca14fba3ef98c7189e80ac14305e1.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

吹雪峠!

お知らせありがとうございます。

「吹雪峠」は2回くらい見ています。上演記録をみると、宇野信夫 作・演出とあるので、大枠は初演時から、決まっていたもののようですが、その後いろんな人が演出していますね。石川耕二さんは、この演出ははじめてのようですが、玉三郎さんとはよくご一緒しておられるので、楽しいお仕事なのではないでしょうか。石川さんは、「高野聖」だったか、玉三郎さんとの稽古は至福の時間だった、とおっしゃっていて、うらやまーでした。

「あらしのよるに」の「ばりい」さんの配役が気になっていたのですが、猿弥さんならば、うまくおやりになるでしょう。南座では片岡千壽さんで、とてもよかったので、歌舞伎座でも、と期待していたのですが、十二月は顔見世、やはり無理でした。

わたしは2日と3日、朝から晩まで歌舞伎座にいる予定です。
その後も、チケットをチェックするのが日課になると思われます。
中日、楽日と行きたいところですが、日帰りは無理なのが残念。

感動でぶるぶる。

京にんじんさん

こちらこそ、ありがとうございます!
「吹雪峠」をご覧になられているのですか。
しかも2回も。けっこう上演されているのですね。

宇野信夫さん、と聞くと、「ぢいさんばあさん」と思い出します。
森鴎外さんの短編小説を宇野さんが脚色されたのですよね。
あののどかで、しみじみとした物語とは
違うのでしょうね。桜吹雪じゃないからね。

石川耕二さんは、「高野聖」もやってらっしゃいましたね。
テレビ番組でも、お稽古風景にお姿がありました。
すごく真剣な顔で(当たり前か)、玉さん、石川さん
その他のスタッフが打ち合わせをしているシーンがあって
こういう積み重ねで、あんなすばらしい舞台が出来上がっていくのよね、
と、みなさんの真剣な眼差しに(特に玉さんね)萌えました。

あと覚えているのでは、国立劇場で上演された
「蓮絲恋慕曼荼羅(はちすのいと こいのまんだら)」でも
玉三郎さんと共に演出をされましたよね。
シンプルな舞台装置で見せてくださった、人間のどろーりどろどろと
魂の浄化が、今も鮮やかに思い出されます。
もう一回、観たいです。

さっそく来月の第二部チケットをゲットしました!
3日が私の初日なので、その時に、2部も観ることにしました。
「吹雪峠」では、どんな世界が描かれるのでしょうか。
とっても楽しみ。喜劇じゃないですよね。

「あらしのよるに」は絵本は好きで読むのですが
今のところ、第一部を見る予定はありません。
予定というか気持ちがありません。
絵本のイメージのままでいたいというか。保守的かな。

>わたしは2日と3日、朝から晩まで歌舞伎座にいる予定です。

おお~気持ちいいですね、朝から晩まで2連チャン!
3日は、2部から晩まで、おつき合いお願いいたします。

朝から晩まで・・・・

以前は私も、
3階席に1人で朝から晩までコースでした・・・・
あぁ、懐かしい。(笑)

松山太夫に会えますね。すっごく嬉しいです。
長唄の師匠がおっしゃるには、「あれは踊りの上手さもさることながら、まずは二人とも綺麗じゃなくちゃダメなんだよ。」と。
確かに、確かに。^^

玉さんから、玉さんまで。

まるこさん

以前って、いつ頃でしょう~。
その頃のまるこさんに、お会いしたい。

私も、玉さんから、玉さんまで、で
朝から晩までやってましたよ。
お尻が痛くなっちゃってね。
今は、夜の部に集約してくださるので
晩オンリーで。

>松山太夫に会えますね。すっごく嬉しいです。

すっご――くすっご―――――く嬉しいです。
踊りの身体の動きもそうですし、心の動きも難しそう。
一昨年、歌舞伎座でやってくださった時、
玉さんの松山太夫にのけぞりました。
また拝見できるなんて、嬉しくて嬉しくて、
おいちゃん泣いちゃうよ。
心して、臨みます。晩集中型で。

あらしのよるに

桔梗さん

「あらしのよるに」は、「絵本のイメージのままで」とのこと、「見るべきです」とは申しませんが、南座の公演、とてもよかったのですよ。

はじめは、観客の入りはかんばしくなかったのが、クチコミで評判がひろがって、だんだん舞台が熱気を帯びてきたのだそうで、それが今回の歌舞伎座での再演につながったのでしょう。

わたしは絵本は読んでいないし、獅童さんの朗読も知らないし、予備知識ゼロで、ただ、南座の歌舞伎公演というだけで見に行ったわけですが、面白かったので(泣いたので)、小説「あらしのよるに」を読んだり、動画サイトで映画を見たりしました。

小説「あらしのよるに」の著者あとがきに、「本音を言えば、絵本を読んで、映画を観て、そしてこの小説にたどり着いてもらえれば、理想だといえよう」とありました。

いまなら、きむらゆういちさんは、絵本、映画、小説に、「歌舞伎舞台」を付け加えるだろうと思います。

きむらさんは、南座の公演を楽しまれたようですし、にこにこ顔で楽屋口に向かっておられる姿を目撃したことがあります。

南座初演の公演が歌舞伎座で再演というのは、京都在住者としては誇らしい気もします。主演の獅童さん、松也くんは、後ろ盾を早くになくして苦労したという共通点があり、お二人にとっても歌舞伎座にかかるのはほんとうにうれしいだろうなあと想像しています。

というわけで、わたしは第一部から見ることにしています。

基本的には玉三郎さんのこと以外はあまりコメントしないようにしたいのですが、「絵本のイメージはこわれませんよ、たぶん」と言いたくて、長くなりました。

記事をみつけました

久しぶりにお邪魔いたします。
もうご存知かもしれませんが、伊原剛志さんが、玉三郎さんに関してお話されている記事をみつけました。
URLを貼って良いかわからなかったので、お手間ですが検索してみて下さい。
『伊原剛志』『私の恩人』で、記事が出てくると思います。
インタビュアーは芸能リポーターの中西正男さんです。
とても良いお話でしたので、皆様に読んで頂きたくて書き込みました。

本チラシ

桔梗さん
この本チラシ(って言っていいんでしょうね?)、一昨日歌舞伎座へ行った折にもらってきました。歌舞伎座では仁左さまの白塗り二枚目の綱豊卿が絶賛公演中です。エエもん見せてもらいました。

皆さん、12月の観劇日の自己申告?をなさっているので、私も・・・。18日(日)に二部と三部、19日(月)に一部を見ます。ただ、18日の日が、浜松で不発弾処理があって、新幹線が午前中1時間くらい止まるみたいで、前日から行ったほうがいいのかどうか検討中です。二部は3時からなので、十分間に合うとは思うのですが。

「あらしのよるに」は私も京にんじんさんと同じく、絵本のほうは知らなくて、南座の歌舞伎公演という理由だけで行きましたが、ストーリーも構成もとても良かったです。新作ですが、見終わった後に「古典歌舞伎を見た」感があります。これはご宗家藤間勘十郎さんの演出の賜物かと。

獅童さんと松也さんは玉さまにとても可愛がってもらっているようで、杮落としの公演のときに「いつか何かをいっしょにやろう」とおっしゃって、2014年の「幻の武蔵」の公演につながったそうです。そして昨年の12月は松也さんは求女、宗貞、勝頼と大役に抜擢されました。今年も「吹雪峠」で玉さまの演出、きっと厳しいご指導になるかと思います。

↑このあたりのことは葛西聖司さんの「僕らの歌舞伎」に書いてありました。この本、超若手ばかり15人の歌舞伎役者にインタビューした本ですが、ほとんどの役者さんが「玉三郎のおじさま」のことをおっしゃっています。

ねねさんが書いていらっしゃった伊原剛志さんのページはこちらですね。伊原さんと玉さまに接点があったとは意外でした。
https://thepage.jp/detail/20161113-00000002-wordleaf?pattern=3&utm_expid=90592221-74.MhE2FG9NSl20b_sEZ9nUtg.3&utm_referrer=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Frokujoutei%3Fref_src%3Dtwsrc%255Etfw

玉さん演出のお芝居

こん☆☆は。

ええっとですね。なんちゅうか、ちょこっと不明なところがあります。

伊原剛志さんのお話に、「玉さんが初めて演出された」ってありますけれど、
それって、1990年の日生劇場の「なよたけ」なんですよね。
これって、伊原剛志さんが出ていらしたのかしら?
『演劇界』の公演記録にお名前がないんですよねぇ。
それとも、名前も出ない端役だったんでしょうかしら?

記憶に残っているのは、1994年セゾン劇場の「海神別荘」
伊原剛志さんが「公子」で宮沢りえさんが「美女」でした。
この公演のことなのでしょうかしら?

なにしろ、記事に公演名がないので、はっきりとしないです。

見るべきか!

京にんじんさん

南座の公演の時に、確か、面白かったと
内容について、お話いただいたのですよね。
絵本のイメージを壊したくない、なんて言ってみたものの
そんなに、大そうな事でもなくて。
玉さんが出てるのだけ観たいってことなんですよね。

でも、歌舞伎座で再演って、やっぱり凄いことですよね。
見るべきか!
基本、玉三郎さん関連だけになっているので
もっと視野を広げねばと思いつつ。いけません。

きむらゆういちさんは、控えめな方ですね。
俺の小説を読めー、じゃないんですね。

京にんじんさんが泣いたなら、観ます!たぶん。
チケットまだあるでしょうかね。

ありがとうございます。

ねねさん

こんばんは。
お元気でよかったです。

素敵な記事のご紹介を
ありがとございます。

玉三郎さんは、後輩たちに、惜しみない愛情を注いで
役者を育てようとしているっしゃるのだなと思います。
鼓童の方たちに対しても、凄くそう思います。
兄貴分ですよね、ご本人がまだ30代前半だったと思うと
余計に、凄いなと思います。

私たちは玉三郎さんを通じて、
いいものに触れていますね!

何から何まで感謝。

おとらさん

おはようございます!
毎度、どうもです。

歌舞伎座に絶賛日帰りされたんですよね。
国立と歌舞伎座を梯子されたんですよね。
おとらさんタフやなーと思いつつ、ブログを拝見しました。
ニザさんのためなら、えーんやこらー。
私も玉さんのためなら、えーんやこらー。
まだまだ走れます(ころぶけど)。

12月の確定申告もありがとうございます。
18日にいらしゃるんですか。
私は17日なので1日違いです、うー、残念。

>18日の日が、浜松で不発弾処理があって、
 新幹線が午前中1時間くらい止まるみたいで

遠征中のイレギュラー案件は非常に困りますね。
しかも不発弾処理って、こえーよ、ですよね。

「あらしのよるに」についても、サンキューです。

>新作ですが、見終わった後に「古典歌舞伎を見た」感があります。

へえ~そうなんですね、面白いですね。
そうそう勘十郎さんの演出と書いてありました。
京にんじんさんと、おとらさんの最強タッグに背中をおしてもらって
やっぱり観なアカンかなーの気分になりつつあります(未確定申告)

「僕らの歌舞伎」のご紹介、ありがとうございます。
おとらさんのブログで玉さんと米吉くんの話を読んで
面白すぎて、一人で受けてました。
玉さんが怖いと言うより可愛くて。むひひ。
これは買って読みたいと思います。

あと伊原さんの記事についても感謝です。
いいお話ですよね。こういうお話をもっと聞きたい。

おとらさんに大感謝オンパレードであります。

話しは変わって、寒くなるとチョコレートを食べたくなるのですが
最近、ハマっているのが、むかーしからある(たぶん)
ロッテの「Rummy」(赤いパッケージ)です。
私はラムレーズンが好きなので、これ好きなんですよ。
冷やすとまた美味しい。食べ過ぎ注意です。
1箱178円(税込)のB級チョコですがね。
(ロッテが怒るかな。いい意味でのB級です)
おとらさんの好きなB級チョコも今度教えてください。

しかし18日にすれば良かったな。

ロミジュリ

リリスさん

玉さん知恵袋のリリスさんに不明なことがあるなんて、
でも当時の「演劇界」がすぐ出てくるところが凄すぎます。
私は、てっきり「ロミオとジュリエット」が玉三郎さんの
最初の演出作品かと思っていました。
「なよたけ」は、玉さんんが小さい頃に
黄色いフラフープをお月様に見立てて遊んでいたという
あの「なよたけ」ですよね。

あ、でも調べてみたら、玉三郎さんのホームページに
「ロミオとジュリエット」は、1986年の上演と記されてありました。
http://www.tamasaburo-bando.com/tamasaburo

そして伊原さんは玉三郎さん演出のこの
「ロミオとジュリエット」にご出演されてました。
きっと、このことかもしれませんね。

伊原さんの公子の写真は拝見したことがあります。
シュッとしてグーでしたよね。品がありました(玉さんの受け売り)

玉三郎さんに、またいろんなお芝居を演出していただきたいですよね。
伊原さんもその日を夢見て頑張られているようですもんね。
役者さんの心の灯台!玉三郎さん。

ラムレーズン

桔梗さん

またまた話が横道に入りますが、「Rummy」というチョコレート、昨日たまたま近所のイオンで見ました。ラムレーズンのアイスクリームが好きなので、ちょっと気になりました。一度、買ってみたいと思います。

チョコレートは、貧乏性なのか、ロッテとか明治とかのほうが口に合いますね。一粒300円とか500円とかのチョコってたまに想像を超えるお味があって、びっくりしてしまいます。

17日なんですね。おけぴで17日の第三部の3Bが出たのですが、どうしよう?と考える間もなく、瞬殺で買い手がついてしまいました。残念でした。

「僕らの歌舞伎」はぜひぜひお読みください。あちこちに「玉三郎のおじさま」が出てきますよ。児太郎さんは25歳までに「阿古屋」を仕上げる約束をされているそうです。今は胡弓をお稽古中らしいです。

きっと好きなはず、たぶん。

おとらさん

横道話題におつき合いいただき、
ありがとうございます。

なななんと、昨日たまたま「Rummy」を見たのですか!
運命の出会いとしか、考えられません(オーバー)。
でも、ラムレーズンがお好きなら、きっと、
ムムムラム!って思われるはずです。
ロッテ史上の快挙だと思っています。

イタリア映画鑑賞会のお土産のブルガリ様のショコラは
めっちゃ美味しかったです。複雑で深い味わいでした。
でも、「Rummy」も負けてまへん。

17日も東京にいらっしゃるのですか!
瞬殺とは、凄い人気ですね。
今日、メンバーズからチケットが届きました。
すりすりしながら来月を夢見ています。

「玉三郎のおじさま」のお話は、
ぜひとも拝読いたします。楽しみです。
児太郎さん、がんばってらっしゃるんですね。
私も声援を送りたいです。
「玉三郎のおじさま」との約束というのが、いいですね。

ロミジュリ

あららん。
し、失礼しました………

そう言えば「ロミジュリ」があったんですねぇ。
すっかりと忘れていました………

あ、穴みっけ!(大笑)

どういたしまして。

リリスさんも筆の誤り。
なんてことでなく、ド忘れですね。
かえって、確認できて良かったです。
ありがとうございます。

玉三郎さんのパリのセピア色の写真集を
また読み返したくなりました。
ロミジュリの舞台稽古風景が写っています。
あの写真集も、いいですねぇ。

パラパラ(めくる音)。


プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク