1月歌舞伎座

2017年も、おめでたいスタートに!
お正月から玉三郎さんの舞台を拝見することができます。
歌舞伎座 夜の部にご出演です。
お静の方と、傾城です。
リリスさん、あんずさんに教えていただきました。
毎度どうもありがとうございます。

夜の部

北條秀司 作・演出

一、井伊大老(いいたいろう)

井伊直弼   幸四郎
仙英禅師    歌 六
長野主膳 染五郎
水無部六臣 愛之助
老女雲の井 吉 弥
宇津木六之丞 錦 吾
中泉右京 高麗蔵
昌子の方 雀右衛門
お静の方 玉三郎

五世中村富十郎七回忌追善狂言

二、
上 越後獅子(えちごじし)
角兵衛獅子 鷹之資

下 傾城(けいせい)
傾城  玉三郎

三、秀山十種の内 松浦の太鼓(まつうらのたいこ)

松浦鎮信 染五郎
大高源吾 愛之助
お縫 壱太郎
宝井其角 左團次

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

桔梗さん、リリスさん、あんずさん

お知らせどうもありがとうございます。

お静の方とは、映像どころか、写真でしか知らないお役を見ることができるのですね。
ありがたい。
まずは、ホテル確保しなくては、
ひと月、ひと月、すてきな演目でご出演、うれしいです。

ひと月、ひと月。

京にんじんさん

年末と年始に玉三郎さんの舞台を拝めるのは
何とも心が華やぎますね。
一年の締めくくりと始まりが超ウルトラハッピー!
しっかり味わいたいと思います。

お静の方は、未知の世界です。
リリスさんにいろいろお尋ねしたのですが
しみじみと味わい深い舞台とのことで
なおいっそう、楽しみになりました。

ひと月、ひと月、希望があるのはいいですね。

1月も〜!

こんにちは^_^

10月もまだ終わってないのに・・
楽しみが増え過ぎて、スケジュールが、よく分からなくなって来ました。12月は、通ってしまいそうだし・・う〜う悩みます。

井伊大老

こん☆☆は。

井伊大老のお静の方とは、意表を突かれ過ぎてアタフタしています(笑)

なにせ、40年以上も前に演じていらっしゃるので、資料を引っ張り出さないと、
正確なことが語れませんて( ´艸`)

とりあえず『井伊大老』には、
昭和45年11月の国立劇場での通し『大老』で、大老井伊直弼の正室・昌子の方。
この時は、弱冠20歳ですね。残念ながら拝見はしていないのですが、さぞ初々しかったろうと想像出来ます。

『お静の方』は昭和50年12月帝国劇場の『雪の雛』です。
この時は、直弼さん(さん付けも変ですけれど( ´艸`))との若い時の場と、
桜田門外の当日の朝の場です。

皆さんは、歴史の知識として、直弼さんはその日に暗殺されると言うことを知っている訳で、
残酷な歴史の事実を知ったものが、その目で見てしまうと、凶事を予測するはずのない二人の会話なのに、
その陰がチラチラすると言うなんとも言えない場になっています。

じっくりと味わって拝見したいです。

通いましょうぞ。

ちゃあさん

こんばんは。

10月もまだ終わってないのにね。
でも楽しみが多いのは何より。
私も12月のスケジュールがまだはっきりしないのですが
しっかり通いモードで臨みたいと思います。
玉三郎さんのご出演が、
「夜の部集中型」は、ほんとに有り難いです。
特に12月は第三部全部ですもんね。
今から待ち遠しいです。

で、1月もそろそろ考えないとね。
嬉しい悩みも増えますね。
寒い季節は、玉さんの舞台で心を暖めましょうぞ。

ほんにおおきに。

リリスさん

いろいろと調べていただいて
ありがとうございます。

私も写真集を全部ひっくり返して見てみたら
篠山さん撮影の写真集の後ろの玉三郎さんの歴史のページに、
昭和50年12月 帝国劇場「井伊大老・雪の雛」
とあり、おー、これだこれだーと一人騒ぎました。
でも、写真はありませんでした。
「演劇界」の写真はモノクロでなお雰囲気があって
しみじみと眺めました。
玉三郎さんが25才の時のお静の方ですね。
今回は「雪の雛」という外題はありませんが
きっと、しっとりとしたお静の方に逢えますね。
北条さんの戯曲をいろいろ読んでみたくなりました。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク