Deep impact

歌舞伎座初日、有楽町の駅前で遭遇したのは


2016092712180000.jpg

一瞬、本物かと思って近寄ってみると、
名馬「ディープインパクト」の像でした。リアルだなー。

でもって、私にとっての「ディープインパクト」は、
玉三郎さんの「藤娘」だってことを言いたいわけなんですけどね。

先日、幕見をしてきたのですが
18時26分に歌舞伎座幕見チケット売り場に到着すると、
すでに「立ち見」の札が。うー、やっぱり「藤娘」大人気。
でも、見られるのなら座れなくても全然オッケ~!
(幸運なことに、花道の真上の席に座ることができました)

列には、フォーリナーの方々が2割くらい。日本に旅行されて
このタイミングで玉三郎さんの「藤娘」を幕見できるなんて大ラッキーだな、
と思いながらフランス語や英語で会話されている方たちを眺めていました。
無事にチケット92番をゲットした後、集合まで1時間程あるので
すぐお隣のプロントで時間をつぶしました。

楽しく談笑しているお客さんたちを見ながら(ひとり暇なのでね)
せっかく日本にいて、しかも今、このタイミングで東銀座の歌舞伎座の隣にいて
「藤娘」を観ないなんてモッタイナイ~モッタイナイよ~の気分になり、
「みなさーん、すぐお隣の歌舞伎座で8時からスゴイことが起こりますぜ、
ビール飲んでる場合じゃないですぜ、しかも800円ですぜ」と叫び
ませんでしたけどね。ほんとモッタイナイ。(おせっかいババア魂炸裂)

この日も、玉三郎さんの「藤娘」は初々しくて、愛らしくて
花の香りが幕見席にまでふわふわ漂ってきました。
花道でくるりと回るところが萌えポイントです。
引っこむ時のそぞろ歩きっていうんですかね、楚々とした風情も。
あー、あの藤の枝になりてーよー(笑)。

芝翫さんが傘寿のお祝いで踊られた「藤娘」を3階席から拝見した日のことを
思い出しました。品格があって柔らかな藤の精。今も脳裏に焼き付いています。

玉三郎さんが6歳の時に踊りの会で踊られた「藤娘」の超可愛い映像を
テレビで拝見したことがありますが、時を重ねて、ず――――ッと初々しくて、
ず――――ッと可愛いまま、藤の精でいらっしゃるってスゴイことですよね。
まさにディープインパクト!ディープ×ディープインパクトなのであります。


幕見席の廊下にタイムテーブルが貼ってあるのですが
「藤           娘」の文字組に笑いました。
そんなに空けなくてもいいだろーよ。(おせっかいババア魂炸裂)

2016100719560000.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

今月

お江戸に住みたくなる月。
12月もお江戸に住みつきたくなる月。

宝くじ、宝くじ。^^

オータムジャンボ

まるこさん

遠慮しないで歌舞伎座に住んでください。
今月も12月も。私も一緒に住みたいです。

西銀座の宝くじ売場に「オータムジャンボ」と
看板がありました。
ジャンボもいろいろ増えてやしませんか?
毎月ジャンボ!
買ってないから当らないのですがね。

待ちきれなかった!

やっぱり次の予定日を待ちきれず、今日行ってきました。
昨晩、もはや今月の日課となっている松竹WEBチェックをしていましたら、
なんと3階席空席発見!

ひえ〜〜、ポチッ。

今夜も夢の世界に誘われました。
アンジェイ・ワイダさんの訃報をニュースで知り、玉三郎さんを案じていたのですが、杞憂でした。
艶やかで可憐な藤娘でした。
あんなふうに、かわいく酔ってみたいけれど、時すでに遅し。
来世の宿題にします。

今日の歌舞伎座も大盛況でした。
玉三郎さんの舞台をみると活力が湧いてくるんですよね。
美しいもの、魂のこもったものに触れる事は、とても大切だと思うのです
。心に栄養を沢山いただきました。
あと何回行けるかな。




吉野川

吉野川の座席についてはお世話になりありがとうございました。楽日に川になって拝見してきました。泣きすぎて周りの方へのご迷惑になったならどうしよう と心配していましたが、去年の政岡と違って天国で結ばれるという点で号泣しなくてすみました。でも、夜、夢の中で(あの2人現生で一緒になりたかっただろうに)と考え眠りがしばらく浅くなってしまいました。
10月の玉様のコメントを読んで、毎日娘をあの世へ送ることでご負担があったたのかしら、お忙しすぎたのかしらと心配していました。追伸嬉しかったですね。

ウルトラマン50のインタビュー読ませて頂きました。読みごたえたっぷりで、お一人お一人の肉声が聞こえてくるようなインタビューでした。皆様の情熱が伝わってきます。人に聞いて、その真意を文に起こすことってすごく大変な作業です。素晴らしかったです。

12月の歌舞伎座。うーん、私は玉様お一人若しくは、玉様中心が好きでして。本当は日生の舞踏公演を又、見たいんですよね。玉様自身のお疲れもあるし、若い方の育成もあるし、勿論見ればものすごく感動するのはわかっているのですが。

まだ藤娘にお目にかかるのに日があるので皆様の藤娘、そして八千代座のお話、楽しみに拝見させて頂きます。

待ちきれないやね。

フクギさん

予定日を待ちきれず出産!
3回空席、出てましたか。
ポチッと、おめでとうございます。

>アンジェイ・ワイダさんの訃報をニュースで知り、
 玉三郎さんを案じていたのですが、杞憂でした。
 艶やかで可憐な藤娘でした。

私も、訃報を知り、玉三郎さんのことを案じました。
公演中に、悲しい出来事があると心配になってしまいますよね。
でも、杞憂!そのお知らせに安らぎました。
もちろん悲しみはひとしおだと思います。

>美しいもの、魂のこもったものに触れる事は、とても大切だと思うのです

可憐な藤娘に会えて、こちらが励まされる感じですね。
魂のこもった美しいものに触れると希望を感じて
よっしゃー!ってなりますよね。
私も、魂磨きしようっと。美しくなれるかは…てんてんてん。

私は、今度15日に1階で拝見します。
今から楽しみ。でも明日も幕見しちゃうかも。
って思った時点で、もうするんだよねー。

そうこうするうちに、八千代座も近づいてきました。
だんだん肌寒くなってきましたね。
早く衣替えしなくちゃーする暇ないよー。
私も来世の宿題と、来週の宿題とです。

天国で。

すみれさん

楽日にいらしたんですね、「吉野川」に。

>天国で結ばれるという点で号泣しなくてすみました。でも、夜、夢の中で
(あの2人現生で一緒になりたかっただろうに)と考え眠りがしばらく
 浅くなってしまいました。

結ばれましたからね、天国で。よかった。
現世で結ばれたら、それはそれで
またいろんなドラマが生まれるんでしょうからね。
いずれにしても、考えたら眠れません。あはは。
政岡さんの場合は、もう救いようのない悲しみ。
可哀想過ぎてやっぱり涙してしまいますよね。

私も、玉三郎さんのコメントを見て
少しだけ心配していました。お疲れなのかな、と。
あれだけの大役を25日間も、と思うと。
でも玉三郎さんはそれをずーっとやっていらしたわけで
そんなことはないですよね。
きっとほかのお仕事でお忙しかったのかな、と思いました。
でも追伸で、一気に元気が出ました。

ウルトラマン50のインタビューを読んでくださって
どうもありがとうございます。
そのように言ってくださって、ほんとに嬉しいです。
でもそれは、お話くださった皆さんのお話が素晴らしかったので
私は、ただひたすらメモしただけでした。
好きなことのために心血注いでやってらっしゃる方のお話には
説得力があって、引き込まれますね。
自分でもそんな風に生きていきたいなと憧れます。
何より、玉三郎さんはそういう存在です。

>私は玉様お一人若しくは、玉様中心が好きでして。
 本当は日生の舞踏公演を又、見たいんですよね。

日生劇場の舞踊公演、素晴らしかったですね。
「傾城」に「藤娘」に「楊貴妃」。
玉三郎さんは、
「一晩で3つの季節を楽しんでいただきたい」
って、おっしゃていたんですよね。
3つどころか、何倍もの楽しみ、歓びでした。
12月は、きっとすみれさん、狂喜乱舞されていると思います。
お一人でも、お二人でも、お五人でも、
楽しませてくださるのが玉さんですからね。ウッキッキ(猿化)。

藤娘はまだ先なのですね。
私はまた明日、幕見しよっかなーと。
オペラグラスをカバンに入れっぱなしです。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク