魂の洗濯@吉野川にて

秀山祭夜の部に、初日と3日に行って参りました。

皆さんから熱々レポを送っていただいて
反芻しております。ありがとうございます。
出遅れてしまいました。

初日は3階東側の席から拝見しました。
「吉野川」では、両花道の上手側は見えなかったのですが、
春爛漫の吉野川の舞台美術に見惚れました。
川の上流の滝がくるくると流れている景色や
上流と下流のブルーの濃淡の美しさ
そして満開に咲き誇る桜の花の艶やかさ
そのすべてが、物語の進行と共に悲しく感じられるのでした。

初めてお会いする定高さんは、二本の刀を差して
毅然としたその姿は、武家の奥方でありながらも滅法
男前で肝も腹も座っているのだな、と。
もうどんなことが起こっても決して動じない
覚悟のようなものを感じました。声にもしびれました。
大判事との掛け合いでの心と心のやりとりが実にスリリングで
感情が複層になっていながらも、定高さんの言いたい事が
その都度、とてもわかりやすく納得できました。
ラストの方では、二人の心の交流に胸が熱くなりました。
川の幅は変わらないながらも二人の距離は近くなっていて。
吉野川を挟んで展開してくこのお芝居を考えた方は凄いな、と。
近松半二さんという方なのですね。緻密でダイナミック。
最初観た時は、娘の首をあんな風に箱に収めて川に流すことが
とても切なくて、酷に感じられたのですが、3日に拝見した時は
通常では想像できない、ありえない事を物語で見せることによって、
突き抜けた世界での純粋な魂のありかを描いているのかなと感じられました。
流されていく魂に、浄化される思いさえしました。
そう思えたのも、定高の母親の情が深く、濃く感じられたから
なのだと思います。すごい存在感で、圧倒されました。
つくづく歌舞伎って、凄いなぁと思いました。

「元禄花見踊」は、華やかで晴れ晴れとして
夢の中を、ふわふわと浮遊しているような時間。
観るたび、もっとずっと続いて欲しいと思いました。
いくつも萌えポイントがありました。

玉三郎さんと仁左衛門さんの「二人椀久」バージョンの
松山太夫の踊りで特に好きなところ「按摩~けんぴき~♪」の
肩で風を切って歩くようなところと同じ振りがあって、うわぁ~っとなりました。
玉三郎さんのこれこれこれが観たかったのぉ~って。

とにかく玉三郎さんの衣裳も、皆の衆の衣裳も
艶やかで、美しくて、まさに踊る百花繚乱でした。
なかでも萌えポイントは、玉さんの藤色の足袋でした。おほほ。
ちら、ちらっと見えるその綺麗な色に心躍りました。憎いね。

引き抜きもあって、皆の衆が周りを囲んで、そこから
ハラりと登場する玉三郎さんの粋なこと。
扇子や縄(っていうんですかね)の手さばきにも惚れ惚れしました。
一瞬、一瞬が、夢幻のようで、あんな世界を出現させるなんて
凄いなあと、ひたすら唸ることばかり。

次回は10日に行くのですが、その日は、お仕事でずっとお世話になっている
お得意様2名をご招待するという生まれて初めてのミッション観劇です。
お弁当はどうしよう、イヤホンガイドも借りた方がいいのかな。
ワインを買ったら一人で三つ持てるかな、とかしょーもない細かいことを
今から気にしつつ、玉三郎さんを観ていただくことが何よりも楽しみです。

これからいらっしゃる皆さんの熱々レポを、お待ちしております。


コメントの投稿

非公開コメント

「元禄花見踊」

「元禄花見踊」では、隼人くんが玉三郎さんと連れ舞するところで、後ろの亀寿さんだか亀三郎さんだか、ジッと隼人くんをガン見していたのが印象的でした。ご意見番なんでしょうか。それとも、羨ましかった? とにかく、よくお似合いのお二人でした。

>扇子や縄(っていうんですかね)の手さばきにも惚れ惚れしました。

あの房のついた赤い紐、印象的ですね。だらんとした紐がビシッと杖になる手品がありますが、玉三郎さんが扱っていると、いまにも杖になりそうな気がしました。

次回までに、「二人椀久」復習しときます。

秘密のアッコちゃんと二人椀久。

京にんじんさん

隼人さんとの連れ舞も、キレイですよね。
背格好のバランスも良くて、いい感じ。

>「元禄花見踊」では、隼人くんが玉三郎さんと連れ舞するところで、
後ろの亀寿さんだか亀三郎さんだか、ジッと隼人くんをガン見していたのが印象的でした。

私が観た3日は、亀壽さん以外も、みんな玉さんの踊りを
ジーッと見ていました。きっと、目に焼きつけておこうと
舞台の上で学んでいるのだなと思いました。

扇が、いっさい空気抵抗なく動いているんですよね。
なめらかに、さらさらと、真似できまへん。

玉三郎さんの写真ではないのですが、
「二人椀久」について、資料がありました。
「按摩~け~んぴーき」の場所がわかるかな。

「二人椀久」の長唄が好きで覚えて、掃除する時とかに
口ずさんでいるのですが、いつも思うのが
この「按摩~け~んぴーき」の後のフレーズが
秘密のアッコちゃんの
「ラミパスラミパスルルルルル~」と同じ旋律で(笑)。
いつもここは、秘密のアッコちゃんで歌います。
関係ありませんね、すみません。

こちらが資料です。
http://enmokudb.kabuki.ne.jp/repertoire/1244

くうううう

10日成功お祈りしております、桔梗さん。
多分絶対間違いなく、感謝されること間違いなしですよ、
なんたって最強の今月ですもの。夢うつつ…。
次も一緒に観劇したいって言われちゃうかも♪

歌舞伎座っていろんな楽しみ方があるから、
歌舞伎座初めての方、観劇すること自体が非日常な方、
うーん、どんなものをオススメしたら楽しんで頂けるか悩んじゃいますね…。
でも逆に、どうしたいか言ってもらったら、そんな楽しみ方もあったか!って教えてもらえるかもしれないですね。
楽しそう。

吉野川はやっぱり字幕ガイドあった方がいいのかな。
食もおすすめですけど、川端龍子の獅子の絵も見てもらいたいし。

私が観劇の記念にオススメするとしたら…。
自分がよくそうしてるってだけなんですけど、
おうちでも歌舞伎座気分を味わう為に、
お土産屋さんで佃煮の佃宝さんの生あみを買って帰って楽しんでます。

先代の歌舞伎座に通いだした頃から大好きで、
新しい歌舞伎座で無くならなくてほんとに良かった、出店ありがとう!といつも思ってます。
味も大好きなのですけど、
最近では、あみから栄養分アスタキサンチンを摂取してる♪と思えて幸せで。

先代歌舞伎座と言えば、先日行ったら、1階東側で昔良く食べてた、あずきの最中アイスが復活してて、おいしそうでした~。
みんなご覧になってる?夏季限定なのかな。

あ、あと。
地下の東側のお手洗いもおすすめしたい。
なぜなら、今なら、1月シネマ歌舞伎の阿古屋様がどどーんと♪

照明室

桔梗さん

「二人椀久」資料のご紹介、ありがとうございました。
玉三郎さんの写真もあって、美しい。
詞章データも見つかって、「按摩~け~んぴーき」のところの振りも確認できました。
好きで覚えた長唄があって口ずさむとは、すばらしい。わたしはまだひとつもありません。

初日に行ったとき、東側の照明室に3人くらいの浴衣姿が見えました。ひとりは児太郎さん、というツイッター情報がありました。久しぶりに演じられる「吉野川」、ほかの役者さんたちも、至福の毎日を過ごしておられることでしょう。

絶好のタイミングのご招待になりましたね。
語り継がれるにちがいない名舞台なのですから。
きっとご満足いただけることでしょう。

ありがとうございます(涙)

成功をお祈りしてくださる、くるりんさん(嗚咽)。
なんとお優しいのでしょう、何気に緊張してるだけにツボに入りました(笑)。

そして、楽しませアイデアの数々。
そうなんですよね、行ったからには楽しんんでいただきたい。

お二人のイヤホンガイドを借りる予定なのですが(歌舞伎界で50円引きだし(笑))、
でも字幕ガイドもいいですかね。うーむ、迷う。
字幕ガイドはまだ借りたことがないので
舞台見て、ガイド見ての割合が見当つかないんですよね。
どうせ玉さんばっか見てるじゃん状態になりそうで(私はね)
お得意様も玉さんばっか見てるかな。おじさん達だけど。
(おばさんに、おじさんって言われたかないでしょうな)

私は、3日にイヤホンガイドを借りたのですが、
気づいたら聞いてなくて、なんか耳がもぞもぞして
途中からはずしてしまいました。
そういうこともあるしなーうーん、接待って難しい。

絵画はいいですね!それいただき~。
幕間の二回目も25分あるので、ご案内しようと思っています。
お土産屋さんとか、いろいろ。
でも、おじさんの一人は浅草のチャキチャキの江戸っ子で、
一人はカナダからやってくる日本人なので
趣味嗜好がバランバランな気もするので
幕間は自由行動でもいいかな、とか。あはは。
勝手に好きにしてー、と。

>お土産屋さんで佃煮の佃宝さんの生あみを買って帰って楽しんでます。

これは私がいただき~。明日、買ってみます。
いつもジーッと眺めて、身体にも良さそう、と思いつつ
どれがいいかわからず、まだ買っていなかったので。楽しみ。
あずき最中も要チェックですね。

幕間のお弁当も、私は歌舞伎座で買ったことがないので
三越のサイトで予約できることを知り、
すごく迷って、やっと決めて電話で注文した後に
そのお弁当の原材料を見たら、着色料とかけっこう入っているのに気づき、
また選び直して、電話で変更したり、とかしてたら
午前中まるまるかかっちゃって、何やってんだーおい~と。
でも、そういうところも楽しんでいるんですよね。
あとの心配は、ワインを三つ持てるかどうか。
もしかすると一人は生ビールかもしれないし。
座席まで出前してくれないかなー無理だよ。

そうそう、東側トイレの阿古屋さんどどーんも、
必ずご案内いたしましょう。
シネマ歌舞伎のこともガイドしないとね。

楽しませアイデア、
いろいろと本当にありがとうございます!

見ました!

京にんじんさん

ありがとうございます。
玉三郎さんの写真、あるんですね。
わたし、気づいてませんでした。

>詞章データも見つかって、「按摩~け~んぴーき」のところの振りも確認できました。

いいでしょう、あの振り。
今度、カラオケでやりましょう。
どの歌でやるかわからないけど。

>初日に行ったとき、東側の照明室に3人くらいの浴衣姿が見えました。

私も初日は3階東側だったので
照明室の浴衣姿の男性の姿が目に入りました。
3人くらいいらっしゃいましたね。
ああやって覚えているんだな、と。
でもどなたかは判別できませんでした。
児太郎さんだったのですね。将来の定高さんかな。

今月の歌舞伎座はすごい大評判、大絶賛の嵐で
本当に、今月のご招待で良かったと思います。
悲劇→喜劇→夢うつつ
という演目の構成も素晴らしいですよね。
ご満足いただけますよね、絶対に。
どうもありがとうございます!

歌舞伎座^^

まず、木挽町広場で遊ぶ。
開場したらダッシュで目出鯛焼き。(娘が)
それからお知り合いを探して。(これは私)
幕間は歌舞伎座限定スヌーピーグッズ探し。
あっ、お弁当は三越で調達したり(パンもあり)、歌舞伎座の押し寿司だったり。^^勘三郎さんたちに会いに行くのも欠かしません。だからとっても忙しい。(笑)

お得意様を歌舞伎にご招待なんて、粋!じゃありませんの。
きっと楽しんでくださいますわよ。

猛うさも、もうすぐ、もうすぐ。

もうすぐ。

猛うささん

あと何日寝たら、歌舞伎座ですか。
一年ぶりかな、もっとかな。
いやーそりゃワクワクの段じゃござんせんね。

木挽町広場もいいですかね。
歌舞伎座にお稲荷さんがあるという話をしたら、
お稲荷さんがとても楽しみだとおっしゃったので
まずはお稲荷さんでお参りでしょうかね。
お稲荷さんフェチなのかな、と思いました。
どこで喜ばれるのか皆目、見当がつきません(笑)。

目出度い焼きは、食べたいですよね。
スヌーピーはたぶん、おじさんたちだから興味ないかも。
歌舞伎座に押しずしがあるのですか。
それは私が食べてみたいです。
鯖~ですかね。鯛~ですかね。押しずし大好き。
勘三郎さんたちにもね、会わないと。
なんだか幕間が、大忙しになりそうな予感が。
楽しんでくださったらいいな。
でも、玉三郎さんを観たら、もうそこで満足されるでしょう。
ふむふむ(ひとりですでにご満悦)。

10日

私も参ります!
桔梗さんの接待振りと仕事の顔が自然と視界に入ってくると思われる席じゃないかと・・・
当日は、ご挨拶だけにしときますね(笑)

本花道だけを観ていても大丈夫な席で、川の流れと化してきたいと思います。
楽しみです♪

やっぱり

やっぱり~。
なんとなく桔梗さん、9月になって緊張されてるなって
行間、文面から伝わってて(笑)。
結構前から御接待されるっておっしゃってたし。

すごい、大人!かっこいい選択!って感動してたんです。

アイデア喜んでもらえて何よりです。
男性と違って女性のお手洗いは時間がかかるし
桔梗さんも息抜きできるし(これ大事)、
自由行動も素敵な考えですね!
お稲荷さんも建物も、外観もきっと楽しいでしょうね♪

字幕ガイドは。
私も舞台に集中したいのに、字幕ガイドって不便じゃないか…?って思ったりもしてたんです。
でも、耳で聞こえてきた言葉で、
あぁわかんない!ってなったとき字面でちらっと見るとすっきりして。
筋書き買えば結構書いてありますけど、
義太夫物だと、耳で聴きたいところが多いのと台詞の意味をすっきりさせたいことが多くて、イヤホンより便利かなと。
私の勝手な判断ですが。

吉野川は
結構背景知らないと、チンプンカンプン。
義太夫も台詞も比較的聴きとり易くわかりやすいと感じてますが、
台詞ちょっと難しいところあるし。
さらに、解説者の方の声が耳障り…では全くないんですけど、
すごく集中したい時は、集中を途切れさすこと無く、解説をインプットできるのも、字幕ガイド楽しいなって思います。

(もし借りられるのであれば、
席番を伝えたりちょっとやり取りがあるので、
時間にはゆとりをもっていかれるのがオススメです…)

イヤホンガイドは私も耳がふさがっちゃうのが困るとき多々ありで。
さらに今回は台詞はもちろん太夫さんも三味線も全部聴きたい!し。

あ、イヤホンもいいですよね、ずっと舞台を見ていたいときはイヤホンにしたりしてます。


あと、多分、ワインのコップ3つ問題は大丈夫…かな?
たしか、4つくらい穴の開いてる…サーバーっていうのかな?
あの飛行機の前のテーブルに開いてる穴が、お盆じゃないけど、
一度に運べる紙というか…?にポコポコ開いてるのに
コーヒー入れて運んでる方を見たことがあった様な。
ちがかったらごめんなさい。違ったそのときは…2往復!?

あと、3階の歴代役者さん写真コーナーも喜んでもらえるんでしょうね、きっとね。
お一人が浅草の方なら、玉さまの舞扇のこととか話してみたり…?
扇作りの職人さんは浅草の方なの!舞扇見て見て~って。

何はともあれ、桔梗さんも楽しめます様に♪

ごあいさつにて。

あんずさん

昨夜は、どうもでした。ご挨拶のみで失礼をば。
たぶん仕事の顔にはなってなかったですね。
玉三郎さんモード炸裂でした。

花道横は、よかったですね。
定高さんも、あと花見踊りでも
花道真ん前でのご挨拶があって最高でした。
玉三郎さんの表情が輝いていました。
でも、最後幕になる前のキメポーズでは、花道側からは
手と扇ですっかりお顔が隠れてしまっていて
見えなかったのが残念でした。しょんぼり。

お得意様たち、大大大満足!でした。
初玉三郎さんに撃沈していました。
お連れして、ほんとに良かったです。

すべてツボでした。ありがとうございます。

くるりんさんにおススメいただいた箇所、
ほぼ全部、ツアーしましたよ。

3階のお写真コーナーもしみじみとゆっくり
見ていらっしゃいました。
浅草の文扇堂さんのお話もしたり。

個人的に残念だったのは、佃煮屋さんの前を通ったのですが
お得意様たちがいらっしゃったのでそこで止まることができず
横目に「生あみ、生あみ…」とつぶやきながら
昨日は買えずじまいだったこと。く~っ。
生あみダブツ(笑)。
千穐楽にはゲットして参ります。

どこも喜んでいただけて、
歌舞伎座の楽しさ、奥深さをわかっていただけたように思います。

サーバーについてもありがとうございます。
こちらは全く必要のない展開となりました。
記事に書きますね。

昨日の玉三郎さん、素晴らしかったです。
お二人とも感動されていました。
お連れして本当に良かったです。
くるりんさんに励ましていただいて勇気百倍でした。
どうもありがとございました。



プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク