超必見の再放送!

2011年に放送された番組
「ガルボの恋文~坂東玉三郎 ストックホルム幻想~」
が、再放送されます。

玉三郎さんが、ガルボの恋文を巡ってストックホルムを旅する、
とってもとっても素晴らしい番組です。
私は、録画を何度見返したかしれません。

まだご覧になっていない方も、なられた方も、
9月7日(水)の午前9時から103分は仕事を小休止
とにかく録画予約をお忘れなきように。

玉三郎さんが口ずさむ歌も、聴けますよ♪

ハイビジョン特集 
ガルボの恋文~坂東玉三郎 ストックホルム幻想~
BSプレミアム
2016年9月7日(水) 午前9:00~午前10:43(103分)


番組内容
ハリウッドで華々しく活躍しながら若くして引退したグレタ・ガルボに
永らく関心を抱いてきた歌舞伎俳優・坂東玉三郎さんが、
伝説の女優の故郷を訪ね、恋と人生をひもとく。

【出演】坂東玉三郎,【スタジオゲスト】大森美香,【スタジオキャスター】渡邊あゆみ

コメントの投稿

非公開コメント

録画します

桔梗様 お座敷の皆様こんばんは。

イタリア映画鑑賞会のレポートありがとうございます。
近くで玉三郎さんと一緒に過ごされて凄いです。
私だったら緊張しちゃって、お話が全然耳に入ってこないかも。

先日仕事が昼からだったのでのんびり「スッキリ」日テレを
観ていたら、イギリスの俳優でマーク ライアンスさんという
方が出演されていて、日本の歌舞伎には非常に関心を持っていて
イギリスでもシェークスピアを最初に舞台でやった時は全て
男性が演じていて、女性の役も男性が演じていました。
とお話されて、
「まさに歌舞伎と同じです。なので私もシェークスピアを演じるとき
女性の役をやる時があります。
でも、坂東玉三郎さんほどは上手くできないですけど。」
おっしゃっていました。

さすが玉三郎さんイギリスでも有名!
玉三郎さんを話題にしてくださったので、マーク ライアンスさんもすきになりました。
「BFG」観に行こうかな。

ガルボの恋文もすっごく楽しみです。
録画します。

ありがとうございます

貴重な情報、ありがとうございます。
ブルガリのイベントについては、様子だけでもわかってありがたいと思う反面、
羨まし過ぎて、ガルル、ガルルと唸っていましたが(笑)、
TVは全国津々浦々誰でも観れますものね!
今夜は皆様吉野の川におなりでしょうか?
私は4日に川の水になりに行く予定です🎵

ありがとうございます。

ユキさん

こんばんは。

マーク ライアンスさんの情報を
ありがとうございます。

>シェークスピアを最初に舞台でやった時は全て
 男性が演じていて、女性の役も男性が演じていました。

そうなんですよね、今なお現存している歌舞伎は凄いです。
その中でも、特に玉三郎さんは凄い、ですよね。

今日の歌舞伎座でもそれを実感しました。
玉三郎さん、圧倒的な存在感でした。
何回も何回も、観たくなりました。

潜入レポ

京猫さん

ニャーオ~じゃなくて、ガルルルですか。きょわい。
でも、ほんとに行けたことが奇跡でした。
なので代表して潜入レポいたしました。
「ローマの休日」も応募してましたが
こちらもしっかり落選だった模様です。

吉野川のブルーがキレイでした。
今日は3階から吉野川を眺めたら
お客さんで綺麗な水色の洋服を着ていらっしゃる方が2人いて
おっ、吉野川狙いかっ!と、その方たちに大向こうかけたくなりました。
たぶん、まったく狙ってないと思われますが。
次回は、きれいな水色の衣裳で行こうかなと思案中です。
完全に狙ってます(笑)。

水色

ガルルと唸っていても、桔梗さんやお座敷の皆様が幸運をゲットされるのはうれしいのです。
素直じゃないのが猫のかわいいところと、どうぞ笑って下さい。
水色か~。早く観たいです。あと2日。
きれいな水色の服を用意する時間はないけど、清らかな水色の心持ちで臨もうかしらん。
無理かな~。まあ、努力目標ということで。
桔梗さんは、是非、狙って下さいね(笑)

かわいい京猫さま。

京猫さん

ガルルル~。
素直じゃないところがかわいいところ、と
おっしゃる素直なところがかわいい~(ややこしや)。

私は狙ったような、狙わないような。
水色ではなく白色のブラウスで川になりました。
あぶくの役ですかね。
心持ちは、どす黒い川底の泥のような(笑)。
吉野川が終わったとたん、
幕間に食べたサンドイッチをこぼしちゃって
一部、タマゴ色になってしまいました。ガキかよ。

京猫さんは、清らかな水色の心持ちでね。

見ました!

素敵でした。
ガルボと玉三郎さんは心の奥底で通じているところがある感じで
その部分が共鳴して、なんだか一篇のミステリアスなドラマを見ているようでした。
少しナスターシャを思い出しもしました。
「帽子はないけどクッションはいかがですか」というところ
あんなこと言われたら、すぐさま「ハイ、買います。いくらでも買います」って答えちゃいますよね。お金ないけど(笑)。
あと、演劇アカデミーで、「ここにガルボが座ったのね」という場所
こちらにしたら「ここに玉三郎さんがお座りになったのね」という場所になったという感じで・・・
素敵な番組を知らせてくださってありがとうございました。
これからもお師匠様についていきます。

私も

見ました~っ!
本当にすてきな番組でした。まさにプレミアム。
放送された2011年には私はまだ玉三郎さんに出逢っていなくて、今回の再放送もお知らせいただかなかったら見逃していたところでした。桔梗さん、本当にありがとうございました!
ストックホルムの風景、建物、お部屋の中、どこもがとても美しくて、ガルボの手紙を読まれる玉三郎さんの声がそれに重なって、映画を観ているようでした。
ガルボについて、名前くらいしか知らなかったので興味深かったです。若くして早々に引退されてしまっていたとは…その後の人生が彼女にとってどんなだったか、幸せだったのかは分かりませんが。こうして後の時代になっても伝説となってその美しさが生き続け、玉三郎さんをはじめ多くの人に愛されていることを思うと…永遠という言葉が浮かびます。ご本人はどこにも属すことのできない居場所のなさを感じて悩み続けていたようだけど、そういった所も人々を惹きつけるのでしょう。
玉三郎さんが本当にガルボのことが好きなんだなっていうのが随所に見られて、そのお気持ちがこちらへ伝わってきまして…いつも「あちら側」にいらっしゃる玉三郎さんが、少しだけ「こちら側」の人に思えて親近感を抱いてしまいました。大いなる錯覚でしょうけど。
これから舞台がなくてさみしい時に、何度も見返そうと思います!

クッション買います。

京猫さん

素敵でしょー、ねね、見てよかったでしょー(しつこい)。
本当に素晴らしい番組だと思います。
確かに、玉三郎さんとガルボは通じている気がします。
対話してましたよね、玉さん。ガルボと。
ガルボはこう思っているから、こうなんだ、と
ラブレターからもガルボの真意を読み取られていて
さすがだな、と思いました。
文字の奥にある深い意味を読み取る力がスゴイというか。

スウェーデンのデパートで、
「家具大好き」というところでは、
「私も、私も~」と意味もなく声を出してしまいます。
クッション、買いますよね。京猫さんと取り合いですね(笑)。

>あと、演劇アカデミーで、「ここにガルボが座ったのね」という場所

そうそう、あそこも、大理石をすりすりなぜて、
その場所を慈しんでいる感じでね。
玉三郎さんは前に京都のお寺を探訪した番組でも
何百年も前からあった石の床を見て、
これはずっと変わらないのね、としみじみおっしゃっていたので
ずっと昔からある石フェチか、と(笑)。
私も石フェチなので、嬉しかったんです。」

お師匠様は、もちろん玉三郎さんですよね。
みんなでゾロゾロついて行きましょう。

よかったです。

えつこさん

喜んで見ていただけて嬉しいっす。
絶対に見逃してはならぬ番組だと思います。
玉三郎さんもガルボもほんとに魅力的で。
何というか、表面の美しさだけではない、
心の芯の美しさが感じられるのですよね。
二人ともナイーブで、芸術を愛していて、
やさしくて、ユーモアがあって。
似ているお二人なんではないかな、と思います。
映画のようですよね。またまたNHK-BSに感謝。

あの番組を最初に見た時、ガルボの映画のDVDを見たり
写真集を見たりしました。若くして引退しなかったら、
どんな女優さんで年を重ねられたのでしょう。
でもその潔さも、また魅力ですよね。

>玉三郎さんが本当にガルボのことが好きなんだなっていうのが随所に見られて、
そのお気持ちがこちらへ伝わってきまして…

ガルボはきっと天国で、うふふ、って
大理石に座る玉三郎さんのことを
喜んで、眺めていたのではないでしょうか。
ロマンティックな番組で、ついそんなことを思ってしまいます。

>これから舞台がなくてさみしい時に、何度も見返そうと思います!

私は、数えきれないほど見ていますよ、やっぱり。
見るたびに、いいなぁって、しみじみしています。

で、えつこさん、9月はいつ?

二人のお師匠様

玉三郎さんは、私が仕事でこうありたいと思う道のお師匠様
桔梗さんは玉三郎さんを愛する道のお師匠様でございますよ!

いやーん、そんなーん(ひとり照れる)

京猫さん

お師匠様解説、ありがとうございます。
そんな風に言っていただいて恐縮ですよ。

あとは野となれ、大和屋ラブ!は、
お座敷の皆さま共通の思いですので、
京猫さんも皆さんも、全員、お師匠様です。
だから、お弟子さんは一人もいません。
なので全員、普通の人です(笑)。

これからも大和屋ラブ道を、邁進いたしましょう。

ちょいとお邪魔します

「ガルボの恋文」美しかったですねー 
玉様の歩き方は、八千代座の座席を渡す橋の上をバランスとりながら遊びで渡って行く時と同じネ。
再放送ありがとうNHK様最高v-238

もうひとつ再放送のお話
9月13日 BSプレミアム「市川染五郎 奈落からの緒戦」
初回は2013年放送ですから ご覧になった方も多いと思いますが

この一部 ほんのちょっぴりだけ玉三郎さんが菊之助さんを指導する場面があったのを思い出しました!
歌舞伎座の稽古場でしょうか?幸四郎さんと並んでご指導
 ね?思いだした?

べつに美しくはないです 一見普通のおじさん2人 しかし大物 v-290 

13日ですね、ラジャ―。

ムジコさん

ありがとうございます。
9月13日 BSプレミアム「市川染五郎 奈落からの緒戦」 、
さっそく録画予約いたします。

玉三郎さんのご出演があったということは
録画したかな。どうかな。
菊之助さんの番組もあったりして混乱。
念のため、もいっかい、録画しなくちゃね。
玉三郎さんライブラリーが増えて嬉しいです。

素でご指導されているということですね。
そっちも、嬉しいです。

ドキドキです!

桔梗さ~ん!
いよいよ明日ですねー。歌舞伎座にご招待していただけるなんて、なんと羨ましいクライアント様… 私が成り代わりたいですよ。素晴らしい演目で、初めてご観劇されるのでしたら最高の出会いとなるのではと思います。きっと喜んでいただけること間違いなしです! 幕間でワイン傾けながらのお食事も楽しみですね♪ 飲み物をたくさん運べるようなあの、映画館とかドライブスルーにあるようなホルダーはないのかしらね? こぼさないようにお席までたどり着けますようにと祈っていますね。(そんなこと位しかできなくてすみません)あ、あと桔梗さんが号泣されて、接待どころの段じゃ~なくならないようにと祈っています。
私は… いよいよ来週、木曜日です! 近づいてきました~。八か月ぶりの歌舞伎座という事で、少々興奮してます。昨日ガルボの恋文で玉三郎さんを拝見して、もうすぐお会いできると思うとドキドキして胸が苦しいです。吉野川も元禄花見踊ももちろん初めてで、みなさんのコメントを拝見して色々知るにつれ、楽しみ過ぎて観るのがこわいです。一度観たらきっとまた観たくなってしまうのでしょうね… 金曜日も幕見しようかどうしようか、あとは野となれ大和屋ですね。
歌舞伎座に何度も通えるエリアにお住いの方が羨ましくてなりませんが、私の場合は東京行きの新幹線が動き出した瞬間から非日常が始まるわけでして、長く非日常を味わえるのは嬉しい事です。わくわく~♪ 何着ていこう? まだ暑いから、ずんばおりは無理かな。赤いネックレスでもしていこうかなー。今日美容院にも行ってきました。前髪切りすぎたー! 木曜日までに伸びるかな… どうでもいい事でとっちらかってます。お騒がせいたしましたぁ。

行ってきましたよ~。

えつこさん

ホルダーのことまで、
いろいろとご心配いただき感謝いたします。
あるんですね、そういうものが。

>幕間でワイン傾けながらのお食事も楽しみですね♪

それが予想外の展開になりまして。
記事の方に詳しく書かせていただきますね(って、別に大したことじゃないんだけど)

いよいよ今週の木曜日に観劇なのですね。
それはドキドキがこれからピークに。
きっと観たくなりますよ金曜日もね。
昨日は、幕間に3階席にも行ってみたのですが
幕見席は余裕がありました。だから、きっと…ですね。

>私の場合は東京行きの新幹線が動き出した瞬間から非日常が始まるわけでして、
 長く非日常を味わえるのは嬉しい事です。

いいですね~やっぱり旅して玉三郎さんに会いに(観に)行くのは
格別の楽しみがありますよね。非日常への誘い。
新幹線の中でもいろいろ妄想しながら、ニマニマ。

今日はかなり涼しくなったので、
あいものの赤いずんばおりはいかがでしょうか。
前髪切り過ぎちゃったところへの赤いヘアバンドとか。

ますますとっちらかって木曜日までも楽しんでくださいね。
そういう私も楽しんでます。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク