玉三郎さん×日本ロレックスの懇親会「海の玉三郎」へ!

ロレックスと、玉三郎さんのコラボレーション

そのプロローグの懇親会が、昨夜7時から都内ホテルで行われました。

タイトルはずばり!「海の玉三郎」

私も、しゅしゅしゅ出席させていただきました!
朝から仕事も手につかず、食事も喉を通らず、一日中ソワソワドキドキ。
6時半前には会場に到着。受付で名刺を差し出す手が、
ぷるぷる震えていました。私が緊張してどうするんですか。

ボールルームの重たい扉を開けて中に入ると、そこは海の中。

玉三郎さんの海底での遊泳シーンや美しい大小の魚たちの群れが、
360度、12枚のスクリーンにそれはそれは美しく、映し出されていたのです。

緊張と興奮と暑さでぐにゃぐにゃになっていた私の脳内に
サーっと涼しい海風が吹き抜けていきました。とても心地よい空間。
あちらこちらに、文化財のような美術品が、さりげなく置かれていて
うーん、凝るね凝るね~やっぱりロレックス×玉三郎さんです。

日本ロレックスの社長であるブルース・R・ベイリー氏の司会進行でスタート!
「日本の文化の素晴らしいところにスポットライトをあてたい!
歌舞伎の最高峰でありトップアーティストである坂東玉三郎さんと
何か新しいものが生まれるのではないか」などなど
今後のコラボレーションに向けての熱い思いを語られました。

そして「玉三郎さんは昔から海の映像を制作されているので
それを皆さんに見ていただきたい」とおっしゃって
全方位スクリーンをはじめ、正面の大きなスクリーンにも
鮫の優雅な遊泳や玉三郎さんのロタホールでのフリーダイビングなど
すこぶる美しい海の中の映像が映し出されて、
さらに深い海底のグランブルーへと誘われました。

海の映像とともに流れている音楽がこれまた素晴らしいんです。
ゆったりと流れるシーンに、切なくなるほどぴったりのミュージック!
玉三郎さんご自身の選曲によるものだそうです。

そして、ついに玉三郎さんがザスターを彷彿とする黒のスーツに
襟がとっても洒落ている白いシャツ姿で、颯爽と登場!

日本のダイバーの草分け的な存在で、今は水中の撮影をお仕事にされている
玉三郎さんの二番目のお兄様と、今回の映像を撮影されたカメラマンの息子さん、
そして三番目のお兄様の息子さんでフリーダイビングのインストラクターを
されている後藤仁志さんも会場にいらっしゃっていて、ご紹介くださいました。
まさに海のファミリー!玉三郎さんが潜られる時は同行されるのだそうです。

玉三郎さんはおっしゃいました
「今回はどの音楽で潜ろうかなと家で考えておいて海に行くんです」

「海の中での疲れが気持ちいいです。全然マッサージがいらないんです」

「玉三郎さんは、海に何か約束したことありますか?」とベイリー氏が尋ねると

「いいえ、してないです。また来るねって
今度いつ来るのかな、とりあえずさよなら、と言います。」

そして、ブルース・R・ベイリー氏が、とても印象的なことをおっしゃいました。

「玉三郎さんこそ海!表面は美しくてキラキラとしていて時には厳しくて
深く潜れば潜るほど、とっても面白いものが底に潜んでいて、それをご自分の力で
持ち上げて、舞台で皆さんに披露していく。」

この言葉を聞いて、発想が面白いなあ、と感じ入りました。
言い得て妙!海と玉さん。海の玉さん。

そして、ロレックスと玉さんは、
巡り会うべくして巡り会ったのだな~と。
いわゆる企業と歌舞伎俳優玉三郎さんの間柄ではない
人と人、人と海、そんな温かい関係が伝わってきました。

それを受けて玉三郎さんが
「今まで生きてきて素敵だなと思ったものでまだ報道されていないもの
自分が気持ちがいいなと思ったものを皆さんにお聞かせしたいと思っています」
とおっしゃいました。

そして、この後、玉三郎さんの朗読が!
さらにディスプレイされた美術品の数々の
驚くべき正体が明らかにされてまたびっくり

長くなってしまうので、この続きは、
また後日、書きたいと思います。


全方位型のスクリーンに映し出された海の映像。
RIMG0020_convert_20100827221506.jpg

味わい深いスペインの船箪笥とオブジェ。
テーブルは、琵琶湖の鮎釣りのための舟の船底だそうです。
RIMG0006_convert_20100827221705.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

桔梗さん!!!!!

なんて幸せな!!!!
天上の世界に行ってきたんですね。
う、う、う、う、う、羨ましい・・・・・(^^ヾ

そうですね、歌舞伎だけの玉三郎ではもったいないです。
玉三郎さんの世界は広くて高くて深くて果てしない。

ご迷惑でなければ、ますます大好きになりますよ。(笑)
桔梗さん、続きを待っています。


まるこさん!!!!!

天上の大海から、戻れないでいます。
素晴らしい世界でした。

玉三郎さんのファミリーもいらっしゃって
とても温かいパーティでした。

ますます大好きになりましょー。(ご迷惑でなければ)

海神別荘

これって、天上じゃなくて海の中!!

桔梗さん!ここは海神別荘でしょ!
大丈夫、他言はしないから、本当のこと教えて!!!

玉さんの別荘

まるこさん

では、こっそり打ち明けましょう。

そこには、美女も公子もいませんでした。
まるで玉さんの海辺の別荘にいるかのように
ゆったりとリラックスしてお客様全員が
玉さんと海に、ゆらゆら酔いしれるひとときでした。

私は、まだ波の中で揺れています、、、
地上に帰れません。美女じゃないけどー。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク