総スタンディング オベーション!@ 博多座千穐楽

思いっきりスタンディングオベーションして参りました!
昨日の博多座、玉三郎さんの舞踊公演千穐楽。
拍手が鳴りやまず、カーテンコールは3回。
一階は観客全員総立ちで、二階を見上げたら95%の人が立っていました。
私は一階でしたので、これは立たなくっちゃ!と少しの勇気で
すんなりスタンディングすることができました。ウレシイ!

お隣にいらしたご婦人は、「ニッポンイチ!」と叫んでおられて
うひょ~すっげー私も言いたいよー。伝えたいよー。
でもって、蚊が鳴くより小さい声で「玉さぁーん、玉さぁ~ん」と
意味不明のつぶやきを、精いっぱい(超小向こう)かけました。

一回目のカーテンコールでは、拍手の中、お二人の藤娘が
あら、呼ばれちゃった~?って感じに、ツツツツーと花道を戻られて
舞台中央では、玉三郎さんが、児太郎さんに、さぁさ、お先にどうぞ!と
手で示されて、まずは児太郎藤娘さんがご挨拶を、そして獅童さんが
袴姿で登場されてご挨拶、そして玉三郎さんで拍手は大音量に。
拍手と総スタンディングで、三回目もすぐに幕が開きました。
花道にお三方が歩いていらして、二階、三階に向かって、
丁寧にご挨拶されてさらにさらに大喝采。
玉三郎さんは楽しそうにニコニコされていました。
最後は、舞台中央に座られて、玉三郎さんはまっすぐ前を見て、
そして、「ありがとうございます」とつぶやいていらっしゃいました。
私のなんちゃって読唇術によると、なのですが、確かに、そのように、
玉三郎さんのおくちが動いていました。その一言に、心を込めて
つぶやかれているように映りました。ふつうに声を出されていたのかもしれません。
拍手や大喝采の音で、声がかきけされてしまっていたのかもしれません。
玉三郎さんのそのお姿を見て、私はじーんとして、泣きそうになりました。

劇場を出て、心ここにあらず状態のまま地下鉄に乗ったら、
空港線ではないまったく違う方面の電車に乗っかっていました。
途中で気がつき、息を吹き返して、どこだーココは!!!
何とか無事に帰宅しましたが、まだホワホワと余韻に浸っております。
日帰りでしたが本当に行って良かったです。その場にいられて良かった!

先発隊の皆さんのご指導のおかげで萌えポイントに萌え、
さらにいろんな感動が押し寄せました。心震えっちゃいました。
心落ち着けてから書きますので聞いてくださいね~。

コメントの投稿

非公開コメント

ふわふわふわ^^

玉三郎さんを観ると、またすぐに引き返してもっともっと観たくなる。

玉三郎さんに、これで満足がないように、ファンにも、これで満足がありません。私たちはみんな貪欲です。(笑)
みなさん、しばらくの間は夢の雲の中を漂ってください。

さぁ、次はどんな世界に連れて行ってくださるのでしょうか。
次は参加したい猛ウサです。

桔梗さん、飛行機に間に合ってよろしゅうございましたね。^^

私も〜!

わ〜っ!桔梗さんも!
実は私も、終演後心ここにあらずで、違う電車に乗ってしまって大慌て。まさにここはどこ??状態。
知らないおじさまに電車案内していただきました。

桔梗さんの文面から劇場内の拍手が聞こえてくるよう。レポ、楽しみにしていますね〜。

もっともっと、ふわふわふわ。

まるこさん

地に足が着かないまま、
今日いちにち、顔はずっとニマニマしていたと思います。
アタマもボーっとしたままふわふわしていたと思います。
それが今も続いていると思います。
人間だもの。貪欲だもの。

もっともーっともっと、玉さんに
いろいろ連れていっていただきたいですね。

>桔梗さん、飛行機に間に合ってよろしゅうございましたね。

飛行機の落ちる心配より、ちゃんと地下鉄に乗る心配しろってんだ、
ですよね。ほんと帰ってこれてよかったです。

ええ~~、そうなの~!

フクギさんも!!!
マジですかー。超受けましたよ。
同じことやってる人がいたよーって。
中洲川端駅に地下鉄の線が2つ入ってるってこと
もう終演後には、すっかり飛んじゃってましたね。
一応、どっちに乗ればいいのかな、くらいは思った気がするのですが
スーッと入ってきた電車に、スーッと乗って、
ほわ~んと乗ってたら、空港に着かない着かない。
でも、福岡でもスイカやパスモが使えるんですね(話をそらす)
だからって、どこまでも行っていいわけじゃないですよね。
お互い、無事に帰ってこれてよかった。

児太郎くん、フクギさんが観てから、
絶対に、まためっちゃ成長していると思われます。
大らかさを感じました。
感想も書きますね。

おお~

期待通りの…期待以上の興奮っぷりで、こちらを覗いてにんまり。
熱い場内と熱い桔梗さんと、とても臨場感あって嬉しいです。
続きもお待ちしてます~。

期待以上の興奮っぷり。

くるりんさん

にんまりのお顔、勝手に想像しました。
ああいう時の劇場って、すごいパワー。
そこにいる全員のエネルギーが、
天井に向かって火柱をつくっているような。
劇画にしたいくらいの熱さでした。
あんなに凄い大喝采を浴びている玉三郎さん、
きっと清々しい気持ちだろうな、とか
こりゃ、もう、やめらんねーや、って強く思って
くださらないかな、なんて思ったり(笑)。
でも、いつものことですもんね。
とっても晴れやかな表情をされていました。
もっと通いたかった、とつくづく。
でも一日でも拝見できたことに深く感謝です。

おかえりなさい。

桔梗さん

玉三郎さんの舞台からいただいた感動は、拍手とスタンディングオベーションでお礼!
ほんの少しの勇気にもお礼ですね。
次回?は、ご一緒に思いっきりスタンディングオベーションを♪
感動の震えが、心躍る喜びに!
はやくも、玉三郎さんの舞台が観たい気持ちでいっぱいになってきてます。
いつかなあ~

ぱちぱちぱちー👏

感動と興奮の舞台で暖かい春を届けて下さった玉三郎さんに感銘です!
微力ながら拍手を送らせて頂きます。(ぱちぱちぱちー👏)

桔梗さん。
千穐楽の興奮熱々レポートありがとうございます。
カーテンコール3回と客席総立ちだったんですね。
その中でニコニコと微笑まれる玉三郎さん。
わー。熱くてあったかい空間が想像できます。すばらしいー👏
こんなすんばらしい空間に立ち会われた桔梗さん。こりゃ、ふわふわで電車の一つや二つ乗り間違えますよ。(私も以前間違えました。⇦普段は間違えないヒトです。ワタシ。初めて玉三郎の歌舞伎の舞台を観た際は、ふわふわと衝撃が高じて20年愛用の双眼鏡を客席に忘れてきてしまいました。⇦見つからず(^◇^;))

熱々のレポート続編、ワタクシもお待ちしておりまする。^o^

キリトルゥ!

大盛り上りの楽日、おめでとうございます。
「ありがとうございます」とつぶやかれてましたか。
目に見えるようです。

「ニッポンイチ!」いいですね。
わたしも声は出ないタチなので、うらやましいです。
「気」は伝わるはずと思うことにしています。

ただいま。

あんずさん

お礼をしつくせないのですけど、
でも、少しでも伝わっていればいいな。

そうですね、次回は、
スタオベ師匠のあんずさんと隣同志で、
思いっきり立ち上がって、ジャンプもして
お礼をしつくしたいと思います。

玉三郎さんには充電していただきましょう。
我々も、お財布充電をしないとですね。

秋までだから、待ちましょう。

春がいっぱい。

はむぴょんさん

福岡はめっちゃ寒くって、
外を歩いている時も震えました。
通りすがりの地元の方が
「めっちゃ寒いな」とおっしゃっていて、
やっぱり、異例の寒さなのだな、と。

でもでも、博多座内は春がいっぱい。
そうそう、熱くてあったかい空間でしたよ。
インフルエンザも逃げ出すような。

はむぴょんさんも、電車で乗り越し?
けっこう、みんな、やっちゃってるのね。安心しました。
私は、南座の返りも、京都駅に行かないといけないのに
京阪電車の急行に乗っちゃって、大阪めがけちゃって
あの時も、真っ青でした。ギリギリ間に合いました。
20年愛用の双眼鏡も、イタイですね。見つからないんですね。うー。
それだけ舞い上がっちゃう玉さんの舞台って、
体内の血流とか脳内の快楽物質とか、
いろいろ針を振りきっちゃってる感じがしますね。
たとえ家路につかずとも、おー、うれし、おーうれし、です。

つぶやかれました(たぶん)。

京にんじんさん

盛り上がってました、熱気むんむん。
目に見えますか!
玉三郎さんの心を感じて、こちらまで
胸がいっぱいになっちゃいました。

声は出ない性質ですか?
カラオケでは、出ていました。そうじゃなくて。
私も、同じくです。

>「気」は伝わるはずと思うことにしています。

そうですね、そう思いたいです。

真っ青😱

今朝のワタシのコメント、
玉三郎さんの敬称が入っていませんでした…。😱😱😱😱😱
何てこと!
ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。
ふぎゃー💦m(__)m

大丈夫!

はむぴょんさん

打つまつがい、は仕方ないですよー。
玉三郎さんも、許してくれるでしょう。あはは。

でも、みつけた時、びっくりしますよね。
私も、何回、やったことか。
全然オッケー。だって、呼び捨てにするわけないもんね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク