大和屋ーっ!大和屋ーっ! by スカーレット(オハラ)さま

行かないって言ってた(書いてた)のに、
突撃弾丸ツアー決行しっちゃったスカーレット(オハラ)さまが、
さっそく博多座の熱も冷めやらぬレポートを送ってくださいました。

どうもありがとうございます!

熱々レポにふれて、千穐楽まで待ちきれません。
私も突撃弾丸したいよー。
切符ないのかなぁ。(お足もないのだが)

こちらでもご紹介させていただきます。

やまとやっやまとやっやまとやっやまとやっ


やはり玉様は格別

迷った末の「博多座」でしたが、やはり行ってよかったです!

歌舞伎座の舞台と雰囲気が違いますね。
なにかもっと「アットホームな感じ」といいますか・・・。

お客様の拍手もあたたかい感じがしましたし、
なにより、「大向こうさん」の、最後の頑張り(笑)がすごかったです。
一回目のアンコールの後、幕が下りても、
「大和屋ーっ!、大和屋ーっ!」って・・・。
それにつられて、客席の拍手も一段と大きくなり・・・、

そしたら、すぐにまた幕が上がって、二回目のアンコール。
本当に「アツい舞台」でした。
「藤娘」も生では初めて拝見しましたが、本当に本当に美しい舞台でした。

私、思うのですが、玉三郎さんが秋まで歌舞伎座に出演されないなんて、
無理じゃないですかね。 今回の博多座の大人気を考えても、
「松竹」さんから、お願いがくるのではないでしょうか・・・(笑)。
黙って座っていただくだけでもいいから、ご出演がかなうといいですね。
それだけでも、美しい絵になる玉様ですから・・・。

やまとやっやまとやっやまとやっやまとやっ

>黙って座っていただくだけでもいいから、
  ご出演がかなうといいですね。

まだ夢の中にいらっしゃるようで(笑)。
大向こうさんの描写に、感動と興奮がドっと押し寄せました。

コメントの投稿

非公開コメント

大和屋っ!

黙ってお席に座っていただくだけでもありがたいです。
なんでしたら、ここのお座敷に。^^

こちらのお座敷へ!

まるこさん

それはいい考えです!
エアウィーヴのお座布団と、
最強の芸者でもって(まるこさんね)、
お迎えいたしましょう。

ザ・座長

ザ・座長の出番だ (まるこさんね)

「黙って座ってないお客さん」にも 爆笑
玉様がお座敷にいらしたら絶対黙ってませんよぉ



留守番隊の私、うらやましいーーーーから
歌舞伎チャンネルで放送した2005年南座での「船辨慶」DVD見てまーす

この時の義経は 坂東薪車さん
同じく歌舞伎チャンネルのインタビュー番組で、この舞台の事を
玉三郎さんと同じ舞台に立てて夢のよう というような事おっしゃってました
今回児太郎さんも同じように幸せな時を過ごしているでしょうね
うらやましいーーーー

坂東新車さんは現在成田屋で海老蔵さんと大暴れの 市川九團次さんです

ちなみにこの時の弁慶も獅童さんでした (^u^)

情熱

桔梗様 お座敷の皆様 こんにちは

皆様の情熱的玉さまレポート楽しく拝読させて頂いております。
歌舞伎座とは違った、アットホームな感じ、いいですよね。
きっと、舞台のみなさんも歌舞伎座とは違った雰囲気を楽しんで
いるんでしょうね。
舞台なのでお客さんの雰囲気で盛り上がったりしますよね。
私もいつかは遠征してみたいです。

3月27日の「伽羅先代萩」本当に楽しみです。
玉三郎さんのファンになってから、歌舞伎の本をちょっと読んどいたほうが、
ストーリーがわかりやすいな。と思って読んでいたら、

「伽羅先代萩」…正岡…
~幼君をかたわらに引き寄せて、すっくと立った姿がカッコイイ…
ミッション命の強くて頼れるキャリアウーマン。立女形という
トップの女形の演じる役~

と書いてあって、しかも、「プロフェッショナル仕事の流儀」見てた時リハーサルしてたやつだ~。ウワ~これ玉三郎さんの正岡観たかったよ~もう暫くはやらないんだろうな~と思っていたので、
ホントにNHK様感謝感激です!

出番、出番~。

ムジコさん

座長を筆頭に、ゾロゾロとみんなで並んで
玉三郎さんをお出迎え。
まずは、口上をいただいて、
それから、それから、どうしましょう。

黙って座ってないですよね、やっぱり(笑)。

>歌舞伎チャンネルで放送した2005年南座での「船辨慶」DVD見てまーす

うひょー、いいですね。まだ拝見したことありません。
私は、玉三郎さんが義経バージョンの映像を拝見しました。
静御前が富十郎さんです、確か。
玉三郎さんの義経が、これまたカッコいいんですよ。
ハンサムボーイで、スッとしていて。
無理だけど、静と義経と知盛の三役を
一度に観たい。無理だけど。

でも静御前と知盛で、大満足です。
ムジコさんも、飛んじゃえ~。

きっとね。

ユキさん

玉三郎さんがおっしゃっていたように
お天気と同じく、その地方独特の雰囲気があるでしょうね。
八千代座でも、玉三郎さんはとても楽しそうに
歌舞伎座の時とはまた違った表情をされています。
(歌舞伎座が楽しくないということではなく)
温かい空気が流れているのかもしれないですね。
舞台には立ってないからわからないですけどね。

>ミッション命の強くて頼れるキャリアウーマン。

当時のキャリアウーマンですね、確かに。
バリキャリの中のバリバリキャリ。
だってわが子を犠牲にしてまでお役を全うされるのですから。
その時のお顔が今も浮かびます。涙なくしては。。。ううう。

NHKさんに感謝いたしましょう。
「先代萩」も、シネマ歌舞伎になるといいですね。

蛹から蝶へ

昨日、行ってまいりました。

玉三郎さんの妖気と存在感は言わずもがな。
お出ましになるだけで、細胞がふつふつ沸いてくるよう。

今回は児太郎さんに大拍手。
まさに蛹から蝶へ。ひとりの若者の、肉体と精神の開放を目の当たりにし、震えました。
ひたむきさに、泣けました。
これから千秋楽にむけて、どんな舞台を努められるのか見届けたい思いでいっぱいになりました。
きっと心の素直な青年なんだろうと思います。
玉三郎さんの教えを、自分の形として表現したいという気迫が舞
台から伝わってきて、眼が離せなくなりました。
二人藤娘、玉三郎さんもとても嬉しそうでした。
桔梗さんはじめ、これから行かれるみなさんがうらやましい!

お昼は、鰻屋さんが水曜休みだったため(残念!次回の楽しみにします)博多座裏通りを呉服町方面に 300メートルほど進んだところの、麦庵というお店に行きました。
石釜で炊いた豆、黒米、サツマイモ、栗入りのごはんに
たれをかけていただくのですが、自然な甘味でたいへん美味でした。小ぶりのスンドウプもアサリの出汁が効いていてこちらも美味。お土産用のスンドウプの素を購入してきました。

博多座の周辺には、昭和っぽい喫茶店やお魚料理の専門店など、
入りたいお店がいくつもありました。
泊まりで来られるようになったら開拓してみたいです。

玉三郎さんのおかげで、いろいろな街に行く事が出来てとても
幸せです。秋までに何度か遠征があると嬉しいなあ。


おかえりなさいませ。

フクギさん

博多座遠征を満喫されましたね。
さっそくのレポートに大感謝です。
細胞がふつふつ騒いじゃいましたか。
脳細胞も幹細胞も騒ぎますよね。

そして、児太郎さん!

>まさに蛹から蝶へ。ひとりの若者の、
肉体と精神の開放を目の当たりにし、震えました。

レポを拝見して、すごくその情景が浮かびました。
まだお若いから、それだけに変化が著しいのですね。
まさに一日にして脱皮ですね。
ひたむきさに泣けるというのも、わかります。
純粋さに打たれる感じですよね。
青年のひたむきさとか純粋さって尊いなあと思います。

玉三郎さんが、一緒に舞台に立つのが一番だ、って
おっしゃっていた意味が実感としてわかりますね。
やっぱり同じ舞台に立って、お客さんのいる前で
一緒に踊ったり、演じるということで初めて
吸収できることがあるのですね。
千穐楽がますます楽しみになりました。

>小ぶりのスンドウプもアサリの出汁が効いていてこちらも美味。

アサリの出汁、おいしいですよね。
貝フェチなので、よだれものです。小ぶりってのもいい。
昭和っぽい喫茶店にも行きたくなりました。
ほんとうに、玉さんいなければ行かなかったところがいっぱいです。
いろんな意味で、心を豊かにしていただいています。

南座休みになっちったしねー。
遠征あるかな。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク