静御前の新しい衣裳!

玉三郎さんの博多座に向けての記者会見の記事が
西日本新聞に掲載されていました(17日付)

「静御前の衣装は博多座では新しいもの!とありました。
ポスターの衣裳は、花々が華々しく描かれていますね。
「玉三郎 美の世界展」の図録の静御前の衣裳を見てみると、
「鬱金地鳳凰唐織壷折」とあり、色とりどり(鳥どり)の美しい鳳凰が
左右対称に描かれています。
写真集「坂東玉三郎舞台」の衣裳は、お花バージョンですね。
ということは、この2つ以外に新しいものを創られたということですかね。
それとも、博多座では、初お目見えという意味なのかな。
いずれにしても、唐織の美しい衣裳を拝見するのが楽しみです。

hakataza_201602_re_ff_3509026b17570c033ff45b3973c19095.jpg
櫛田神社「豆まき神事」には獅童さんと児太郎さんがご登場だそうです。
鬼役で、玉三郎さんもご登場ならいいのにねー(ないない)

以下、記事を、一部抜粋させていただきます。

2月4日からの博多座(福岡市博多区下川端町)は「坂東玉三郎特別舞踊公演」。

「船辨慶(ふなべんけい)」「正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)」
「二人藤娘(ににんふじむすめ)」の三演目で、共演は中村獅童、中村児太郎ら。
博多座では玉三郎初の歌舞伎舞踊公演となる。21日まで。

 「船辨慶」は弁慶らを従えて都落ちする源義経と静御前との別れ、
壇ノ浦の戦いで海の藻くずと散った平知盛の亡霊とのやりとりを描いた作品。
能の演目としても知られる。玉三郎版は2005年6月の京都・南座が初演だ。
市川団十郎家の「新歌舞伎十八番」とは違い、二世杵屋勝三郎の曲で演じる。
「歌舞伎になってくるとだんだん派手さが大事になって『静』と『動』という演出になるが、
(静御前も知盛も)両方とも魂的には『静』なんです」と玉三郎。そうした理解に基づく演出は、
博多座の舞台でも変えないという。静御前の衣装は博多座では新しいものとなる。

「どの作品も曲がいい。だから今も演じられている。お芝居は音楽付きの絵画を見るつもりで
楽しんでほしい」と玉三郎は話している。


西日本新聞の記事全文です。玉三郎さんの記者会見のお写真が。
http://www.nishinippon.co.jp/nlp/on_stage/article/218906

櫛田神社「豆まき神事」の記事
http://www.kabuki-bito.jp/news/3111

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっとお邪魔

華々しく 鳥どり、とは・・・また座布団どうぞ、ね

へぇー船辨慶の衣装って、そうなんですかーどれどれ っと
私も2005年の南座と八千代座でのプログラムを見てみました
そうしたら びっくり もう一種ありました\(◎o◎)/!
こちらは秋草でしょうか? カラフルな葉と小さな実、ところどころに籠?
この2005年には南座に続いて八千代座でも11月に上演されました

雑誌「和楽」での特集に唐織の段があります 文中には、 
勘弥さんからのお弟子の弥五郎さんと田門さんから「若旦那は晩年に船辨慶や茨木の事も考えておいて下さい」
と言われたことがあるが当時はまだ若くてその意味が分からなかった
弥五郎さん田門さんは、すっぽんからせりあがる知盛や、背の高かった六代目梅幸さんの凄みのある演出を知っていて、それを復活させられるのではないかと考えていたのか?と書かれています
文中で玉三郎さんは自分には六代目の様な凄みは無いと書かれてますが とーーんでもない!ナイ
弥五郎さん田門さんも当時から玉三郎さんの現在の様子を予想していたのでしょう?

1月2月と続けてこの2演目の上演は玉三郎さんにとって意味大きい事かもしれません
まさかこれでさようならとは言わないでしょうね。ダメダメー

唐織は出来あがってから半年ほど押しをして置くとしっとりした雰囲気が出ると書かれていて、さらに織りあがるまで急いで半年、通常1年かかるそうで、しかも織り始める前に柄や色の相談があるので「熊野」の衣装は上演の2年ほど前から準備したそうです、この時は織機から作り直してましたよね。v-218

もうひとつ興味深いお話は、本物の金は何処から見ても「ヌメリのような、リュウリュウとした光り方をする」純粋でない金は「遠くから見るとチカチカとした光になってしまう」
絹も日本で出来た物は気候が合いきめ細かいものとなっている
歌舞伎の衣装は25日間着るので痛みが激しい、能楽の衣装も古いものは復元していかなければならない、
「私はなんとかそのような事が代々伝えられるように、そして、良い物創りの環境を復活させていきたいと願っている」とおっしゃってます  (「」は本分通り)

その他興味深いお話が書かれているので この「和楽」お持ちの方押入れから引っ張り出してみて
和楽2006年連載完全版 坂東玉三郎が語り継ぐ美の遺伝子

暇だったので長々と失礼しましたーーーv-8

寒中お見舞い申し上げます

もう、節分も間近!年始のご挨拶もせず失礼致しました。
でも毎日お座敷を拝見しているおかげで、衛星テレビも予約でき、無事、高野聖など録画できました。
天守物語は、映画のDVDを繰り返し流していますが(忙しくてじっくり見れないのですが、何かしながら玉様のお声だけでも耳に入ると嬉しくて)歌舞伎版も録画でき嬉しかったです。高野聖もDVDは売ってなかったと思うので、嬉しさが格別です。
12月は初日に何も知らずに行って、2人椀久のような幻想的な部分もあれば、道成寺の最後のような怨みもあって、やはり玉様の舞台は格別だなあと思いました。
1月昼の玉様はお能のようで、慈愛に満ちた傘の赤児を抱く玉様と、花道での鬼ぶりに、玉様の凄さを再確認しました。
桃色づくしの夕霧も可愛かったですね。
以前の夕霧は、愁いに満ちた蒼い夕霧で、そんなこと、こちらのお座敷に書かせていただきました。
どちらも素晴らしい夕霧で、やはり玉様は天才ですよね。

博多は行けなくて悲しいけれど、毎日お座敷を拝見し、見た気気分を堪能したいです。

今年もよろしくお願いいたします。

はじめまして

桔梗様、皆様、はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。
昨年秋に、突然、玉三郎様に魅せられてしまった新参者でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。
昨年の「阿古屋」以降、毎公演、歌舞伎座に通い、その舞台を拝見すればするほど、夢中になってしまっています。
博多座への遠征は無理なのですが、きっと春には、また、歌舞伎座の舞台に戻ってきてくださると信じておりました。
ところが、今日、公式サイトの今月のコメントを拝見いたしましたら、
「秋まで歌舞伎座は、ご無沙汰の予定」とのこと。
寂しくなってしまいました。
このような時って、「歌舞伎以外の舞台」とか、「トークショー」など、やってくださるのでしょうか・・・。
半年もお会いできないのは、つらいです。
初めての書き込みですのに、長々と失礼いたしました。
博多座へいらっしゃる皆様、どうぞ素敵なお時間をお過ごしくださいませ。

初めまして

桔梗さん、皆様、初めまして。最近になってこちらを知り、読ませていただいております。
去年シネマ歌舞伎で「籠釣瓶花街酔醒」を拝見してから、どんどんファンになり、今年のこれからの予定も楽しみにしていたのですが
今月のコメントを拝見して、予想以上にお休みが長いこと、また以前プロフェッショナルで岡村さんとの対談の中でおっしゃっていたこともちらついて、不安でいてもたってもいられず、こちらに書かせていただきました。

今でもそうですが、去年はまだほとんど何も知らなかったので、阿古屋などもどういうものかわからず、見逃してしまったことを大変後悔しています・・・暗いことばかり書いてしまい、すみません。
でもその前に博多座、そして秋にはまた拝見できるんですよね!
とはいえ、スカーレットさんのおっしゃるように、私もこのような時期に歌舞伎以外でお会いできる機会はないのだろうかと気になっています・・・。

まとまりのない文章、かつ長文で失礼しました^^;もしよろしければ、これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございまする。

ムジコさん

そうでしたね、和楽の玉三郎さんの特集に
「唐織」について、書いてありましたね。
さっそく、拝見しましたよー!
六代目梅幸さんの写真集を拝見したことがあるのですが
背がすらっとして、お顔もシュッとして
お化粧されたお姿は、玉三郎さんに似ているな、と思いました。
美しくて、カッコいい女形さん。
弥五郎さん田門さんは、見抜いていらしたんですね。
玉三郎さんが、六代目梅幸さんのような凄味のある演出を
将来的に再現されるということを。
今月の「茨木」の鬼でも、それを感じました。
ダイナミックで、凄味があって大きくて、迫力がハンパなかったです。

衣裳にしても小道具にしても、日本古来のいいものを残そう、
伝えていこう、という玉三郎さんの姿勢も素晴らしいですね。

今日、和楽を読んでいて、「色」について書かれた項で、
「蛍光灯」のことを書いていらして、お芝居をやるものにとって
いかに色を映す光が大事かということについても
触れていらっしゃいますね。今、HPで書かれているブルーライトに通じる
危機感を、10年前から指摘されているんですよね。
この本も、玉さんファンのみならず、日本人のバイブルですね。うほほ。
またじっくりと読み返そうと思います。

その機会をくださった、ムジコさんに感謝いたしまする。

今年もよろしくお願いいたします。

すみれさん

衛星劇場の玉三郎さん特集をご覧になれて
よかったです。私も嬉しいです。
私も、今回、スカパー!に入って
全部、拝見しました。

「海神別荘」の冒頭で、玉三郎さんが白いガウンに
オールバック的なピタッとしたヘアスタイルで
ご出演の皆さんとお話しされているシーンを見て、
おおお~~っ、そうだった、そうだった、となりました。
あのガウンが、とっても印象的。いいですよね。

二月には、玉三郎さんの「お染の七役」も放送されますね。
あと仁左衛門さんの襲名口上など、いろいろあって
楽しみが増えました。

愁いに満ちた蒼い夕霧から桃色に夕霧に。
なるほど、すみれさん、書いてくださっていたんですね。
確かに、仁左衛門さんとの夕霧は、
もっとクールというか体温低め?な感じだったかもしれません。
どちらも素晴らしい夕霧さん。天才ですね。

いつもお座敷をのぞいてくださってありがとうございます。
この一年も、どうぞよろしくお願いいたします。

いらっしゃいませ~。

スカーレットさん

はじめまして!
思わず「風と共に去りぬ」を連想してしまいました。古いかな。
いつも、こちらを見てくださってありがとうございます。

昨年、突然玉三郎さんに魅せられたのですね、おめでとうございます!

>その舞台を拝見すればするほど、夢中になってしまっています。

わかります、わかりますよ~ガルルル~(なぜか吠える)

玉三郎さんの今月のコメントを拝見して、
私も、秋まで淋しいなと思ってみたり、やっとお休みがとれて
良かったなとホッとしてみたり複雑な気持ちでおります。

思えば、昨年は9月から今年の1月までずーっと舞台が
それも大役が続いていらっしゃったので、ハードワークが
とても心配にもなっておりました。そうは言っても
舞台に出てくださっていたら、喜んで観に行っているので
ううむ、って感じなんですけどね。
でも、お休みといっても、いろいろとお忙しいのでしょうね。

今年は、8月に鼓童35周年のコンサートが3日間連続で
サントリーホールで開催されるんですよね。
そのお稽古などもきっとあるのかなと思っています。
そのほかにもいろいろお仕事があるとコメントに書いていらっしゃいましたね。

以前は、「言の葉コンサート」といって、泉鏡花さんの作品の
朗読会を各地で開催してくださっていたんですが、
最近は、しばらくお休みなので、またやっていただきたいな、と思っています。
トークショーなども不定期で開催してくださっているので
そちらも、突発的にああるといいですね。
前は定期的に6月頃に南座の舞台もあったのですが
今年は、どうでしょうかね。でも、無い感じですかね。

鼓童の35種年記念コンサートは
二日目は玉三郎さん演出の「螺旋」という新作で
三日目はDAZZLEとBLUE TOKYOの
ダンスの演出をされるのですよ!
こちらは玉三郎さんはご出演ではないですが
必見です!豪華な三連チャン。今、チケット発売中です。

鼓童のサイトにスケジュールが出ていますよ。
http://www.kodo.or.jp/news/20150917kodo35th_ja.html

少しでも、玉三郎さんが出没してくださることを願って(熊じゃないから)
楽しみに待ちましょう~。

スカーレットさま、これからも
どうぞよろしくお願いいたします!

はじめまして!!

みつなさん

いつものぞいてくださってありがとうございます。
そして、コメントをくださり、嬉しいです。

シネマ歌舞伎「籠釣瓶花街酔醒」で玉三郎さんの魅力に
とりつかれたのですね~!素晴らしい作品ですよね!
何回観ても、私も、虜になります。本当に。

>不安でいてもたってもいられず、こちらに書かせていただきました。

ですよね、ずっと観ていたい、聞いていたい、感じていたい、玉さん。
これまでたっぷりと見せていただいたのに、
半年お会いできないと思うとねえ、超さびしー。
でも、今月のコメントで、光を見つけたのですが
「茨木」の六方での引っこみについて
「ひと月務めておりますうちに、引っ込み方の演出に少し工夫を加えれば、
もう少し年を取っても出来るような思いがしました。」
とあって、私は、うぉ~~~って雄叫びを上げました(笑)。
これは、「茨木」も、まだまだ演じてくださるってことなのかなって。
今月、特に、「茨木」のファンになったこともあり
また見せていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。
1月のコメントでも、「舞台を続けて」と書いてくださっていたので
岡村さんとのお話は、まだ大丈夫じゃないでしょうか。
私が勝手にこんな風に申し上げるのもどうかと思いますが、
そう思いたい、といったところです。

突発的なトークショーや、何かのイベントがあることを願って!
お座敷の皆さんと、玉さんの舞台が無い時も
盛り上がっていきたいと思います。エイエイオーッ!

みつなさん、こちらこそ、
これからも、どうぞよろしくお願いします!
長文大歓迎ですので、また待っております。

風と共に去りぬ

桔梗さま
あたたかくお迎えくださり、ありがとうございます。
おっしゃいますとおり、「スカーレット」は「風と共に去りぬ」の「スカーレット」です(笑)。
玉三郎さんも、以前のインタビューで、「この作品をみたあと、一週間くらい、ぼーっとして、(感動のあまり?)いろいろと調べまくった」というようなことをおっしゃっていたと思うのですが、
私も、中学生の頃、テレビでこの作品をみたとき、「映像のスケールの大きさ」、「音楽の素晴らしさ」に感動し、今でもいちばん大好きな映画なんです。
ですから、玉三郎さんが、この作品に関して、そのような感想をお持ちだと知って、とてもうれしかったのです。
そして、「スカーレット」は「赤い色」のひとつですよね。
「玉三郎さんに対する情熱の色」ということで、よろしくお願いいたします(笑)。

ふわっ~い^^

またまたお仲間が増えている。^^
桔梗さん、みなさん、楽しいですね。

玉三郎さんの知盛いいなぁ・・・・・大好きです。
少しでも長く玉三郎さんの舞台が観られますように。^^

お~っ、そうでしたか!

スカーレット オハラさま

書いてよかったです。
なんか、そんな予感が、
したわけでもないんですけどね。あははは。

そうですよね、玉さん、ボーっとされたんですよね。
大塚から丸の内線に乗ってお母様と一緒に観に行った、
という文章を何かで読んだ覚えがありました。
お母様、さすがですね。息子さんと共に、
素晴らしい映画を一緒に観にいらしていて。

そうそう、玉三郎さんもこの映画の音楽がいい、って
語っていらしたな、とうい記憶がありました!
そこで、玉三郎さんのお宝箱 (玉さんの記事などを保存している箱)
をひっくり返して、 探しました。
玉三郎さんが、「風と共に去りぬ」について
語っていらした雑誌の記事を!
いま、やっと見つかりました!ぜーはーぜーは~(大げさ)
玉三郎さんは、ビビアンリーさんがお好きだそうで
彼女についても、いろいろ語っていらしゃいますね。

その記事をこちらにご紹介しますね。
出典が不明なのですがたぶんフラウかな。
ほかにもいろいろあった気がしているのですが。

↓↓↓

「風と共に去りぬ」だけは、公開される度に観ていますね。
やっぱり好きな役者がいっぱい出ているし、特にビビアン・リーは。
それと、あの題材が好きなんですよ。恋愛物でありながら、
戦争もからんでいるという。その状況だと、ストーリーが壮大に
なるでしょう。クラーク・ゲーブルも好きだったし、音楽も良かったし、
コスチュームも良くって。もう全部印象的なんだけど、
特にあの有名なシーン。スカーレットがお母さんのところに
帰りたくって、どんどん歩いていくと、それを俯瞰でずんずん引いていくと、
死体もあるし、ザーッと負傷者がいて。あれを見ると、戦争って、
こういうもんなんだろうなと思えてくる。何しろ、隅の隅の方にいる
エキストラまで、ちゃんと痛がっているところとか(笑)、
見えるんですから。その点、今の大きいものはCG処理とかが多いでしょう。
「スター・ウォーズ」なんて忘れちゃったな、もう(笑)。:

↑↑↑

というわけで、かなりお好きな映画だということが伺えますよね。
隅の隅の方にいる エキストラのことに触れているところが
玉さんらしいですねーおもしろい。l
確かに出ている役者さんも、音楽も、題材も、本当に素晴らしいなと思います。
名シーンが音楽と共に浮かんでくる映画。
やっぱり映画にとっても、音楽はとても重要ですね。

玉三郎さんは映画にご造詣が深くていらっしゃるので
ぜひ、いろんな映画について語られている本を出していただきたいなーと
ずっと思っているのです。やっぱり見方が独特で面白くて深い!

でも「スター・ウォーズ」についても、公開されたら
すぐに観に行く、ってどこかで書いてあった記憶があります。
私も、映画が大好きでいろいろランダムに観ていますが
この間、六本木の東宝シネマで、アトラクションみたいに
椅子がガタガタなったり、プラスチックの焼けるニオイがしてくる
4MXDなるもので「スター・ウォーズ」を観てきました。
宇宙から落下するたびに背中をゴツンって、いちいち椅子に叩かれるのが不快で(笑)。
やっぱり昔の映画はいいですね。大きなスクリーンで
「風と共に去りぬ」を、ゆったり観たいですね。

>そして、「スカーレット」は「赤い色」のひとつですよね。
「玉三郎さんに対する情熱の色」ということで、よろしくお願いいたします(笑)。

今ね、赤い色ってここで言っちゃうとね、
「赤いずんばおり」の仲間になりますよーん。あははは。
ムジコさんと、えつこさんが泣いて喜びます。
どちらも「情熱の色」ってことで(ほんと?)。

長々と失礼いたしましたー。
これからも、ちょくちょくいらしてくださいね。


ありがとうございます♪

やたらと不安なままでしたが、そうですよね、「茨木」についても次に繋がるどころかさらに飛躍?(上から目線ですみません^^;)というコメントでしたし、岡村さんとの話は私もずっとずっと先の事だと思いたいです(泣)
「茨木」、私も好きでした。鬼の本性が見え隠れするぞくぞくするような怪しさを、ぜひまた見せていただきたいです。

「籠釣瓶」で初めて拝見して、こんなにもどの一瞬一瞬も美しくて魅力的な人がいるなんて!!!と本当に驚きました。それからはもう抜けられなくなって今に至ります(笑)

この先は演出のお仕事もあるようですし、玉様貯金(笑)もしながら待とうと思います。
まずは、私も博多座へ遠征してきます!

桔梗さん、皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

たのしーね、たのしーねー。

まるこさん

ほんとにねー。増えてますね、ずんばおり仲間がー(ちがうってー)

玉三郎さんの「茨木」の六方も、また観れそうで嬉しいなぁ。
しっかり、おおらかに飛んでいらっしゃいましたが
あれは、飛び六方ではないのですかね。そこんとこが
よくわからなくなっちゃいました。六方って、なんだろう。
玉さんは、八方美人じゃなくて、六方美人(ダジャレで誤魔化すな)

知盛の霊も、最強ですよね。大好き、大好き。
たっぷり休んでいただいて、
秋から、また、たっぷりと!ね。

さらに飛躍!

みつなさん

博多座へ~飛びます、飛びます~なんですね!
みつなさんも、飛躍ですね。やった。

>「茨木」、私も好きでした。鬼の本性が見え隠れするぞくぞくするような怪しさを、
 ぜひまた見せていただきたいです。

本当におもしろいですよね。私も、すっかり大好きな演目になりました。
また見せていただきたいですね。終わったばかりなのに、そう思えるって凄い。

「籠釣瓶」は、歌舞伎座で観る時は玉三郎さんに目が釘付けですが
シネマ歌舞伎では、いろんな景色や役者さんを観ることになるので(笑)、
客観的にいろいろ見えて、つくづく、よく出来た話しだな、と思いました。
洗練されていますよね。そして、もちろん、玉三郎さんの一瞬、一瞬が
素晴らしいですよね。シネマを一時停止にして見つめたくなるシーンがいっぱい。

>それからはもう抜けられなくなって今に至ります(笑)

ほんとに、おめでとうございます。
深みにずぼずぼハマりましょう。天国が待っています。玉さん教。

そして、博多座へ~飛んで飛んで~ハッピーアワ~。
楽しみですね!
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク