鬼の住む異界 by 京猫さん

遠征クィーンの京猫さんが、感想を送ってくださいました。
どうもありがとうございます!

私が特にグッときたのは、
幕が下りた後、そこには確かに鬼の住む異界があり
鬼は恐ろしい存在だけれど、日常では見えない別の存在があることが実感できると、
世界がより豊かなものとなるように思う
という部分です。すごーく、共感します。
茨木童子が花道に突っ伏した時、そこは雲の上なのか
地の底なのか、人間界ではないところでしたよね。

京猫さんの幸せが、伝わってまいりました。
ちらでも紹介させていただきます。



幸せ!

茨木童子様と夕霧様にお会いしてきました。は~!

玉三郎さんはいつも身の回りに光をまとって登場されますが、
その光の色合いが役それぞれで異なっているのがすごいなと思います。

夕霧さんはやわらかでそれでいて華やかなキラキラ光線、
茨木童子は空気をひんやりとさせる異形の色でしょうか
(異形の色ってなんやねんと自分で突っ込んでおきます)

この光が玉三郎さんが登場するや劇場いっぱいに広がって、
もうそこは今までとは違った世界になるのです。
そして、色はそれぞれ違えども、どの舞台でも、
いつも確かにそこにある玉三郎さんの存在にふれ、
なんだか幸せな気持ちに満たされます。
今も幸せ気分に浸っています。

お正月にTVで見たときはなんだか伊左衛門が夕霧に恋しているように
見えなかったのですが、17日に観た時はしっかりいちゃいちゃしていました。
夕霧がねえねえ起きてと伊左衛門をゆする両の手が私的には一番のツボです。
新年らしく華やかな舞台はほんとにうれしいです。

茨木童子は、伯母さんでありながら、時折ちらりと見せる鬼の顔、
そして腕を見つけた時のくわっと変わるそのお姿、怖かったです~きゃ~(黄色い声)
そして幕が下りた後のあのしてやったりの表情!そこには確かに鬼の住む異界がありました。
鬼は恐ろしい存在ではありますが、日常では見えない別の存在があることが実感できると、
世界がより豊かなものとなるように思います。

泉鏡花の演目でも、玉三郎さんはそうした世界をくっきりと感じさせてくれるように思います。

今年度の月一シネマ歌舞伎で蜘蛛の拍子舞を見れるのが楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

クイーンだなんて。一兵卒でございます。
ユキさんとご一緒だったんですね。
ほんとに冷たい雨で、風もひどくて大変でしたよね。
先代萩の時も政岡、千松かわいそうとがっくりしながら劇場を出たら
恐ろしい雨で、
徒歩3分のホテルまででも歩ける状態になく、
お店もしまった地下で、しょんぼり時間を過ごしました。
でもでも、玉三郎様に会えるのですもの
今年も、できる範囲で、お江戸に遠征いたします!

クィーン!

遠征クィーンも増えている。^^
みなさん、今月も豊かな時間をお過ごしです。(いいなぁ、いいなぁ)

猛うさはアレルギー症状が加速し、お医者さんに。
「先生、インフルエンザですか?ヘェ~ックション!グシュグシュ。へぇ~ッくしょん!ぐしゅぐしゅ。」
「アレルギーと風邪の合わせ技かな?(笑)」
今日は随分楽になりました。
玉三郎さんにお逢いすると治るんだけどな。^^

雨クィーン?

京猫さん

劇場を出てからの恐ろしいほどの雨、
読んでいて、しょんぼりの気持ちが伝わってきました。
冷たい雨。千松くんの後だし、よけいでしたね。

お天気によって、演者もお客さんも気分が左右される
と、プロフェッショナルで玉三郎さんが語っていましたが
玉三郎さんに会えると思うと、
雨も雪も嵐も、吹き飛んじゃいますね。

お江戸への遠征、今年もエイエイオー!です。

クィンクィーン♪

まるこさん

越後の方もさすがに雪マークになっていて
どのくらい降っているのかなと思いを馳せておりました。
暖冬だとちょっと不安で、寒くなるとこれまた辛い。
いいあんばいは、ないですね。

そうそう、アレルギー症状!私も、実感しました。
昨日だったか、窓を開けたとたんに、
あれ?なんか変だぞ?鼻がむずむず。。。花粉アレルギー?と。
やっぱり、もう飛んでるのでしょうか。

まるこさんのは合わせ技!さすがです。
治しにお江戸へいらっしゃいませんかね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク