昼夜通しの京にんじんさんレポ!

我らが遠征クィーンの京にんじんさんからも、
ホットな初日レポートを送っていただきました。
どうもありがとうございます!

こちらでもご紹介させていただきます。



行ってきました

すごいです、玉三郎さん

初日の昼と夜、行ってきました。
「スゲーヤ」、羽生結弦選手のジャンプを見た佐野稔さんのように、
こころのなかでつぶやきました。

昼の墨染、夜のお三輪、素晴らしさはわかっているつもりでしたが、
改めて完成度を実感しました。

墨染のいかにも遊女という色っぽさが、姿形、着物の着付け、歩き方、
視線、すべてからあふれています。
黒主との立ち回りになってからの、桜の小枝を肘を使い、
手首のスナップを効かせてくるりと回すところ、すきです。
低い姿勢から、片足を後ろにさっと引いて、顎をぐいとあげて黒主を見上げて
決まるところは、役者絵のようです。

お三輪もすごかったです。
頼りない、心細い気持ちが、ほそーく伸びる声で表現されていました。
美しい声がよく伸びました。
玉三郎さん、喉の調子もよさそうです。
見ないと損です、十二月の歌舞伎座。

「赤い陣羽織」、門之助さんと児太郎さんが歌を口ずさむところがあり、
二人ともお上手と思いました。

おむらで初女形に挑戦の中車さん、予想以上というか、
予想通りというか、なかなか結構でした。

六条亭さんとお会いしたので、ちょこっと乾杯をして、初日をお祝いしました。
初日から迫力の舞台だったと感想が一致しました。
終演がわりと早いので、気分的にゆったりできます。



初日から迫力の舞台!ゾクゾクします。
いきなりお祝いの乾杯というところからも
観劇後の感動が伝わって参りました。
見ないと損損!はい、見ます!
熱いメッセージに、胸が高鳴り、眠れなくなりそうです
遠征先からの速効レポに感謝いたします。

コメントの投稿

非公開コメント

六条亭!

まちがえました、「六畳亭」ではなくて、「六条亭」でした。
失礼しました。

あいよ。

六畳亭さんの方が面白いですが(笑)。
本文中は、六条亭さんに、訂正いたしました。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク