阿古屋に惚れ惚れ。

4日(日曜日)、歌舞伎座夜の部を拝見しました。

また憧れの阿古屋に逢える!

開演前のソワソワドキドキワクワクは、
針を振りきっちゃう感じで。
お水も喉を通りません。カラカラ。

坂東巧一さんが、野太い声で高らかに
「遊君 阿ー古ー屋~、ひきなせい~」と呼びかけると

揚幕がシャッと開く音がして、遠くに見えたその時から
うー!眩しい
クラクラするほど輝いている阿古屋が静かに歩を進めて
うわぁ~キタキタキター!「また阿古屋に逢えたぞーッッ!!!
この段階で、すでに昇天必至。声にならない叫び(ギャーピョーヒャー)

なんという存在感。取り調べに臨む姿勢、心意気がビシバシ感じられて
肝の据わり方が別格。すでに覚悟が決まっているんですよね。カッコいいなぁ。

「あはははは~、そんなこと怖がって、苦界が片時、なろかいなぁ~」と笑い飛ばす阿古屋の
話し方が、大好きなんです。あの声にも、惚れ惚れ。芯があって、色気があって、
生理的にも心地よいリズムというか。胸がスッとして、ずっと耳にふれていたい語りくち。
あの美しさで、あの度胸、あの潔さ。阿古屋の恋人だった景清も、
大した男だったんだろうな、と想像が膨らんで、景清像が浮かんでくるのです。

景清を想いながら弾き語る「三曲糸の調べ」は、まさに糸の調べ。
「糸」という表現がぴったりきます。阿古屋の繊細な想いが感じられて、心がなびきます。
音色が澄んでいて、清らかで、景清に思いを馳せる阿古屋の心が、
しんしんと降り積もる雪のように感じられました。溢れる想い、儚く消えてしまう夢。
景清との思い出を切々と歌い上げるところは泣けちゃいますね。

観るたびにびっくりしてハァーッとなって、言葉を失います。極上の時間。
玉三郎さんの阿古屋は日本の宝、いえ地球の宝。
日本人に生まれて本当に幸せ!生きている喜びを感じます。

「三曲糸の調べ」の歌詞について、
2012年6月南座で上演された時に書いていました。

http://banbanzai777.blog76.fc2.com/blog-entry-562.html

南座の「阿古屋」玉三郎さんのアフタートークの内容を
京にんじんさんが、レポートしてくださった記事です。

http://banbanzai777.blog76.fc2.com/blog-entry-563.html

コメントの投稿

非公開コメント

観劇追加

楽日まで、我慢我慢、と思っていましたが、レポート、劇評などみていたら、こらえきれなくなりました。

桔梗さん、そうそう、2012年6月の南座は、トークショーあり、座談会あり、「阿古屋」あり、夢のようでした。引用してくださって、恐縮です。

で、歌舞伎座の「阿古屋」はまだ経験していないわたし。
一刻も早く、お目にかかりたくなった次第です。

来週14日にまいります。

はじめまして

はじめまして。京猫と申します。
2013の南座での「アマテラス」で「玉三郎」デビューをいたしました新参者です。長い人生常に「玉三郎」という名はおりにふれ耳にし、一度は見てみたいものだと思いながら過ごしてきた無為の日々に今更ながら歯噛みをし、ネットなどを探し回る中でこのブログにたどり着きました。桔梗さんがUPしてくださる情報をもとに日々ファン道に励んでおります。
とはいえ、ここにおいでの皆様のように、そんなに頻繁に見に行くこともできず、京都住まいの身、関西だけは頑張り、歌舞伎座にはものすごくきばって年に1、2度足を運べればいい方、コメントなど恐れ多くてといつも見るだけにしておりました。
でもね、でもですよ。私4日に「阿古屋」を拝見したのですよ。2012年には南座のことなどつゆしらずの身を恥じ、今度こそはとお江戸のやってまいりました。で、桔梗さんと同じ日にあそこにいたのです。なので、勇気を振り絞り、コメントさしあげた次第です。
前置きが長くなりました。
「阿古屋」素晴らしかったです。今回は花道のすぐそばだったので、まず衣裳のすごさにくらくらしました。
そしてやっぱり玉様はきれいとうっとりとしておりましたが、特に胡弓の途中から、玉三郎さんだけの音が響くころから、なんだか胸がざわざわしてきて、すくっと立つ最後のところでは、存在感に圧倒されて、なんだかあおられたように夢中で拍手していました。
はーーー
今はこれ以上は語れません。
これからも、このブログを(勝手に)師匠として頑張ってまいります。

もうすぐ、もうすぐ^^

みなさん、こんばんは。
あっ、またお仲間が増えています。
嬉しい、嬉しい。^^

私は、今週金曜日にやっと玉三郎さんにお逢いできます。
桔梗さんのドキドキ、ドキドキが、よ~~~く分かります。
猛うさは、もうそわそわです。(笑)


超人玉様

参りました。
眩しくて目がつぶれそうでした。
なんという存在感。花道を歩く間の、静まりかえった場内。
空気の密度の濃さに息苦しくなるほど。
やっと観ることができました。嬉しくて仕方がありません。
あんな超人的な芸と存在感を、目の前で観られる幸せ。この時代に生まれた歓びを感じずにはいられません。

あのお衣装と鬘、いったい何キロあるんでしょう?
普通あの鬘でちょっと首を傾げたら、コロッケの
島倉千代子さんみたいになっちゃうんだろうな〜、と幕間にくだらない事を考えていました。

毎日松竹WEBチェックしています。
この席で観るとどうかな〜と妄想するのも楽しいです。




おめでとうございまする。

京にんじんさん

我慢しないで、日帰り遠征!おめでたいです。
やっぱり、観るっきゃない!です。

2012年は「ふるあめりか」のアフタートークもあって
京にんじんさんに、レポート沢山していただきました。
その節はお世話になりましたー。
おかげで、こうして見返すことができて
あらためて、楽器も衣裳も、凄いなあって。

私は、その年は父が病床にあったので
アフタートークには参加できませんでした。
でも、阿古屋も、お孝さんも、しっかり拝見できました。
「玉三郎の美の世界展」もこの年でしたっけね。
贅沢な企画が目白押しでした。

私は、また10日(土曜日)に
阿古屋さんのところに行く予定です。
明日も幕見したいなぁー。
どうにも止まらないモード。

14日、楽しみですね!!!

はじめまして!

京の都の、京猫さま!

このたびは、お座敷にお越しくださって
初コメントに、感謝感謝です。

>長い人生常に「玉三郎」という名はおりにふれ耳にし、
一度は見てみたいものだと思いながら過ごしてきた無為の日々に今更ながら歯噛みをし

わかりますよー。「玉三郎」さんを一度は観たい!
でも、「阿古屋」をご覧になられて、ほんと――――に良かった!
4日、同じ日に歌舞伎座にいらしていたんですね。
私も、花道のすぐ横だったのですよ。
お隣だったりしてー。ありえるー。

>特に胡弓の途中から、玉三郎さんだけの音が響くころから、
 なんだか胸がざわざわしてきて

胡弓の音色、たまりませんよね。
阿古屋の切ない想いがキューンと迫ってきて
胸がざわざわしてきますよね。ざわざわって、いい表現。

最後のキメのポーズ、圧倒されました。
あんなに大きな衣裳と鬘で、
いともたやすく美しい形を見せてくださるところに
いつもドキドキします。全身、粋ですよね。

>これからも、このブログを(勝手に)師匠として頑張ってまいります。

師匠と言われたのは、人生で初めてです(笑)。
勇気を振り絞ってコメントくださって、
本当にありがとうございます。

こちらこそ、これからも末永く
どうぞよろしくお願いいたします。

秒読み、秒読み~チッチッチッ(秒針の音)

まるこさん

お仲間が増えて、ほんとに嬉しいですね。
いま、京都が熱い!うひひ。遠征魂、炸裂中。

あと、3つ寝ると、阿古屋さんに会えますね。
やったー!そわそわ、そわそわ。

猛うさだからって、目が充血しないように、
しっかり睡眠はとってきてください。
でも、そわそわ、そわそわ。

人間離れした輝き

フクギさん

3日の感想を、
ありがとうございまする。

眩しいんですよね、魂の発光体。
衣裳も鬘も豪華ですけども、
存在がキラキラしておるのですね。
あの心意気が華やかというか。
これぞ芸であり芸術であり、
とてつもなくエンターテイメント。
毎秒、毎秒が、見せ場だと思いました。

衣裳は30キロ以上あるのではないでしょうか。
衣裳の糸の調べも重厚ですよね。
あの衣裳で、演奏すること自体、想像を絶します。

>普通あの鬘でちょっと首を傾げたら、コロッケの
 島倉千代子さんみたいになっちゃうんだろうな〜、

フクギさんのそこが好き(笑)。

またポチっと、やっちゃってくだせい。
誰も止めませんよ。
歌舞伎座の中で、毎日、
あんなにすごいものが観られるんですもん。
この際、行っちゃおー。

桔梗さん こんにちは

今回の記事に、感謝 感謝です。実は阿古屋で演奏される歌詞が知りたくて、色々探していました。
そしたら、このブログがアップされて、お〜〜!っという感じでスッキリしました。(おかしな表現ですいません)という訳で、御礼申し上げます。

4日夜の部

「阿古屋」を眼福して参りました!

功一さんの呼び声を聞いた途端すぐに首を曲げて、花道にお出の阿古屋さんにドキドキしながらも、しっかりと視線は向けっぱなしでした♡♡
重厚な衣装も、前に締めた俎板帯の孔雀&桜の刺繍は豪華で素敵でした。

琴、三味線、胡弓の演奏と唄も聴けてほんとに魅力満載の舞台です♪
玉さんの最高の芸を拝見できて幸せです!

桔梗さんの斜め後ろの席だったので、ちょこっとおしゃべりできてよかったです。
カラカラの喉もうるおっているのちゃんと確認できてよかったです(笑)

よかった!

ちゃあさん

おはようございます。

阿古屋の歌詞を喜んでいただけて、嬉しいです。
調べたかいがありました。
って、載せたこと忘れてたんですけどね。

よく出来ていますよね。
歌詞に織り込まれている風情。
しみじみ日本語って素敵だなと思います。
阿古屋の戯曲や歌を考えた人に会ってみたいです。

でも玉さんに逢えたからいいや~!
ね~、そうですよね~。

こちらこそ、読んでくださって
コメントを書いてくださって、御礼申し上げます!

その節はどうも。

あんずさん

4日は花道のすぐ横で、
あゆーめー、あゆーめー、を堪能しましたね。
眼を開けていられないくらいの眩しさでした。
しっかり二倍開けましたけどね。うひひ。

最近、重心をとる時の身体にとても関心があるのですが
阿古屋のあの衣裳と鬘で、音もなくスーッと歩いて
ちっともフラフラしないことが驚異です。
しかも反り返って、一時停止したり。
玉三郎さんの真骨頂ですね。
黄金の腸腰筋!それだけじゃいですが。
どうすれば、あんな風になれるんでしょう。
歳月をかけて、すごい鍛錬をされていらしたんだなーっと。
ただただ、ボーっと眺めてました。
きっと、玉さんは、「プロですから」と
一言、おっしゃるだけなんでしょうね。かっけー。

あんずさんと同じく、ほんとに最高に幸せな時間でした。

>カラカラの喉もうるおっているのちゃんと確認できてよかったです(笑)

阿古屋が終わった途端、あれも飲むは、これも飲むは(笑)。
至福の時って、ああいう時間なんでしょうなぁ(遠い目)。
心の重りが、すべて吹っ飛んじゃう。

また行かなくっちゃね~あんずさーん。

夢見心地

桔梗さん、こんにちは。お久しぶりです。
9月の興奮が冷めるまもなく阿古屋となりましたね。
私は3日にお会いしてきました。
3曲の演奏を聴いているうちに涙がこぼれてきました。
舞台上には玉様ではなく阿古屋という人が生きていました。

先月の飯炊きでも思いましたが、複雑な手順や高度な演奏を毎日されることは心身共に本当に大変なことと思います。
また先月、今月と、それぞれのお役を大切に心を込めて演じられていて、もしかしたらもう2度となされないのかもと感じてしまうような舞台でした。
私も1回1回の観劇の機会を大切に観て行きたいと改めて思いました。

阿古屋さんにお会いした興奮からでしょうか、翌日珍しく風邪を引きました。
これからの皆様、どうぞお身体大切に楽しんでくださいね。

昨日見た玉様のホームページに、お正月も歌舞伎座のようなことが書かれたありました。
毎月お会いできるなんて夢のようです。

感動と癒し

わーい、わーい、来年1月にも玉三郎さんにお会いできるのですね。やったー!

京都南座アフタートーク付きとは、すごい大盤振る舞いの贅沢な企画があったのですね。実際に行かれた方、羨ましい~!

その頃は歌舞伎に興味なくて。(ああ、もったいない)

お江戸でもこのような企画、やっていただきたいな。

当時のブログ記事やコメントを何度も読み返して大変参考になりました。

いつも義太夫や長唄が聞き取れずどうしてもBGMになってしまいます。唄っている意味が分かったらもっともっと感動できたり自分なりの解釈も違ってくるだろうに。

先日は字幕ガイドを借りまして「フムフム、なーるほど・・・」と思いながら拝見してまいりましたが、桔梗さんのブログのほうが内容濃いです。

玉三郎さんが演奏なさる三曲、唄の意味は悲しいものですが何故か暖かく包み込まれて心が癒されます。どうしてかな。エアウィーヴのお布団にくるまれちゃたみたい。持ってないけど(笑)

玉三郎さんのHPに NHK総合プロフェッショナル仕事の流儀 10月26日月曜日 の案内が記載されていましたね。今月は阿古屋さまにシネマ歌舞伎にテレビと玉三郎さん月間で忙しい!嬉しい!

お久しぶりです。

クリスさん

お風邪は大丈夫ですか。。
どうされているかな、って思ってました。
でも、とってもお元気そうですね。

すでに3日に、いらしたのですね!ハヤッ!
コメント、ありがとうございます。

>3曲の演奏を聴いているうちに涙がこぼれてきました。

9月は泣きました。クリスさんも9月もいらしたのですね。
そして、10月も泣いちゃったんですね。
でも、気持ちわかります。阿古屋の演奏と歌は、
パンとして艶っぽいんだけど切ないんですよね。
そうそう、舞台の上にいるのは阿古屋でした。玉さんじゃない。

>複雑な手順や高度な演奏を毎日されることは心身共に本当に大変なことと思います。

今日は、幕見で阿古屋を拝見しました。
お琴の指の動きが上からだとよく見えて、
あんなに位置がちがうところを
指が行ったり来たりしているんだぁーっ
ていうのがよくわかりました。複雑な動きでした。

私も、毎回、もう最後なのかもしれない、と思って観ています。
まだまだ続けばいいし、そうじゃないかもしれないし。
自分も、この先、どうなるかわからないし。
一回、一回が、とっても貴重な時間です。

そうそう、玉三郎さんのコメント、嬉しかったですね。
お正月も歌舞伎座に出てくださるなんて!
うわぁ~~~~って、大喜びしました。
お正月から幸先いいですね。

今日、幕見で阿古屋を拝見して、
もう、毎日通っちゃいたいなぁ、って思いました。
本気で、通っちゃおうかなー。


お年玉!

ぴこさん

お正月も玉さん、歌舞伎座ぁー!!!
やったやったー、うれしー!
玉さんがくださるお年玉ですね。

そうそうアフタートークという贅沢な企画が
あったのですよ。何回も!
5月に「ふるあめりか」で1回あって、6月には「阿古屋」で
玉さんのトークショーと、六波羅密寺の阿古屋塚のお坊さんと玉さんの対談と、
全部で3回あったのですよ。私は、父の看病で行けなくて
京にんじんさんが、大奮闘レポートしてくださいました。感謝感謝です。

字幕ガイドを借りられたのですね。えらいっ!勉強家だ。
どうですか?舞台と両方見られるものですか?
そこのところがちょっと不安です。でも、一回、試してみようかな。

>桔梗さんのブログのほうが内容濃いです。

うぅぅ~、こんな嬉しいことを言ってくださって(泣)。
ありがとうございます。でも濃くないです。中濃じゃなくてウスターブログ。

>玉三郎さんが演奏なさる三曲、唄の意味は悲しいものですが
 何故か暖かく包み込まれて心が癒されます。

懐が大きいんですよね、阿古屋さん。
玉さんが今月のコメントで、まろやかな役作りができれば、と
語っていらっしゃいますが、どーんとおおらかな女性のような
そんな気がするんです。ある意味、太っパラっちゅーのか。
いやいや、もちろん色っぽくて、綺麗なんですけど
デカいんですよね、心が。だから癒される気がします。
エアウィーヴは、包まれるのではなくて撥ね返してくれます(笑)。
それも愛か。どっちも心地良ければいいのですね。

NHK総合プロフェッショナル仕事の流儀 10月26日月曜日も出ていましたね。
ちょっと前に「誰だって波瀾爆笑〉スペシャルでも玉さん出ていました。
でも、ダイジェスト版で本編からの抜粋でしたのでご安心を。
婦人画報もあるし、楽しみ盛りだくさんです。

またぴこさんと遭遇しますように。
まずは10日に、また下界で阿古屋を拝見します。

そうそう、今日は、お駒さんも幕見してきましたー。
ゆったりと、おっとりとした女性なんですねお駒さん。
癒されちゃいました。優しい女将さん。着物も素敵でした。


明日だぁ~~~~~!

いひひひひ、明日だ、明日だ。

明日の夜の部、この指とまれ。^^
猛うさは玉三郎さんの肩に止まりたい。

今日だぁ~~~~~!!

まるこさん

すでに新幹線車内でしょうか。
駅弁など、頬ばっていらっしゃる頃でしょうか。
缶ビールなど、ぷしゅっと開けている感じでしょうか。

すべては、阿古屋のために!
楽しんでいらしてくださいませ~。
いってらっしゃーい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

こんばんは。

〇〇〇〇さん

今日、阿古屋にいらしたのですね。
まるこさんと、すれちがっていたかも。

7日は、私と同じ幕見空間にいらしたなんて。
私は、下手寄りだったので、お互いに気づかなかったですね。
うー、お会いできていたらなぁ。残念です。

で、LEDについて、ですよね。
玉三郎さんのコメントで、このところ、話題沸騰中です。
今月は、ブルーライト保護フィルムを使用されている、と
玉三郎さんが書いてくださったので、私もやろう、と思っています。
これから買いに行かなくちゃ。度付きPC用メガネは使っています。

〇〇〇〇さんがおっしゃるように、
LEDの正しい安全な使い方を探っていくことが課題なのだと思うのです。

ドイツでは、すでにブルーライトに関するガイドラインを
作っているようですね。さすがですよね。

これは、〇〇〇〇さんがやってらっしゃる
昼と夜の携帯画面の明るさを意識的に変える、といったことを
国家レベルでお部屋でも調整していく、ということなんでしょうかね。
今の日本では、こういう政策はまず有り得無いでしょうね。
人間の身体になるべく害のないブルーライトの取扱い方法を
まずは自分自身で考えていくことがこれからは大切なのですね。

〇〇〇〇さん、そんなにショックがらないでください。
確かに、見つめる光が圧倒的に増えたことが問題なのですね。
だからって、元に戻すことはもうできませんし、
前向きに対処していくことが良いと思います。
でも照明関係のお仕事をされていたら、
やっぱり気になることですよね。とてもよくわかります。

今頃は、帰りの車中で阿古屋さんに夢現状態でしょうか。
お忙しそうなので、どうかお身体には
くれぐれも気をつけてくださいね。


お目目もお耳も❤も大満足!

桔梗さん。
お座敷のみなさん、お久しぶりです。

本日🌙参戦致しました。
まるこさんにお会いできればいーなっ!って思いましたが、わからずじまい💧 残念でした。

阿古屋さん、感無量でした!
もーっつ、お👀目々もお👂みみも❤心も大満足 !!!!!

今月はぶっ飛ばします!
来週15日は友人引き連れての参戦!
今度は真上で阿古屋さんの大見得が観られるので、
友人には鼻用脱脂綿か、気付け薬持参せいやーっつ!
て申しております。
鼻に詰め物つけたナゾのオンナ2人並んでいたら、
それは私たちです💧

五感全部で大感動。

はむぴょんさん

お久しぶりです。
お元気そうで良かったです。

大感動の熱がアツアツで伝わってきました。
観て、聴いて、感じて、ぞっこんですね。

>今月はぶっ飛ばします!

はい、ガンガンいっちゃってくだせい。
ぶっ飛ばしていきましょう。

お友達もいきなりの脱脂綿持参ですか!
卒倒した時のためにヘルメットもぜひ!

謎の女二人を見つけたら!
迷わず逃げます~ヘルメットかぶって。

シネマ歌舞伎?

桔梗さん、こんばんは。
今日も玉様にご対面でしょうか。
私もお会いしたいです。

杵屋勝四郎さんのブログに今回の阿古屋がシネマ歌舞伎になるというようなことが書いてあったのですが。
本当ならとても嬉しいです。

阿古屋が、シネマ歌舞伎?

クリスさん、情報ありがとうございます。

私も早速に勝四郎さんのブログをみたところ、「らしい」と表現されていましたが、本当だったら、どんなに嬉しいことか!
阿古屋についての、お座敷の皆様の感想を聞かせていただいて、胸がいっぱいでした。
私も観れるかもという、希望を持つことができます。
もし、シネマ歌舞伎にならなくても、撮影ということは、阿古屋に何かがあるに違いないですから。

あるといいなぁ。

クリスさん

昨日もご対面してきました。
毎回、感動が溢れてきます。

シネマ歌舞伎になるのですかね。
杵屋勝四郎さんのブログを拝見しました。
きっと、そうなんでしょうね!
うれしいですね。

杵屋勝四郎さんのブログ、面白いですね。
短い文章なのですけど、なんか込み上げてくる
おかしさがありますよね。ブログを見た後で
昨日は、長唄を聞いたので、何となく
お人柄を想像してしまいました。

あることを願って。

ちょんぱさん

6日のブログ記事だったかと思うのですが
いつもより早めの撮影日ですよね。
だいたい20日前後にマイクがあるんですよね。

お座敷をのぞいて感想を読んでくださって
ありがとうございます。
きっとスクリーンでも観れると思います、阿古屋さん!

まさしく地球の宝

桔梗さま、お座敷の皆さま
お座敷がとても賑やかなので、思わず出てきました。
9月に拝見した「政岡」の感動が冷めやらぬまま、あっという間に10月も半ばに。
楽近くに、「阿古屋」と「お駒さん」に会いに行きますが、皆様の熱々レポを読み、直ぐにでも飛んで行きたくなりました。
幕見にも行きたいのですが、少々遠すぎて。(-。-;
ブログを読んで、玉さまの阿古屋を妄想する毎日です。
皆様に大感謝です。

出てきて~。

文月さま

お久しぶりでございます。
どんどこ出てきちゃってください。

これからなんですね、阿古屋さんも、お駒さんも。
たっぷり妄想して備えてくださいませ。

皆さん、目玉をひんむいたり、鼻血が出たり、
雄叫びを上げたり(心の中で)、感動が身体に発症しております。
文月さんは、どこに出るでしょうか。むひひひ。

私は、今度の土曜日は、お駒さんに会いに行って参ります。
阿古屋命モードになっていて(お財布事情もありますんでね)、
お駒さんは一度幕見をして、下界でまだお逢いしていないのです。
超楽しみです。下界と言っても3階席からですけど、ガンミして参ります。

でも気が向いたら、文月さん、新幹線すっ飛ばして、
幕見行っちゃえー。我慢は身体に良くないですよー。
そのために新幹線が開通したんですから~(ってことで)。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク