片はずし

「伽羅先代萩」をまだ拝見していなかった時、“片はずしの政岡”と聞いて、
とっさに連想したのは「緋牡丹お竜」でした。“肩はずし”と勝手に解釈して
政岡も、あんな風に肩出して啖呵きっちゃうのかな、なんて。(話にならん)

武家女房や御殿女中が使う鬘のことを「片はずし」と言うのですね。
「坂東玉三郎の古典芸能図鑑」の「鬘」の回でも、紹介されていました。

解説によると、
「片はずしは、伽羅先代萩の政岡をはじめ、御殿に仕える女性の鬘です。
髷の片側がはずれていることから、”片はずし”と呼んでいます。
髱(たぼ:すそのまとまった部分)は御殿のかしこまった雰囲気を出すため、
椎茸髱(しいたけたぼ)という蝋で固めたものを使います。
「仮名手本忠臣蔵」のおかるの鬘は、政岡と同じ椎茸髱ですが、
髷は文金という作りになっています」と。

髷の種類も、髱(たぼ)の種類も、その組み合わせも
実に様々。女形の役の数だけ、鬘があって、そこには、
その女の人を物語る沢山の情報が詰まっているのですね。
それらを紐解いていただくと、なるほどなぁ~と感心することばかり。

藤娘の鬘について、玉三郎さんがおっしゃるには、
「今さしてある白い藤の花の簪は、もともとあるものなのですが
近代に作られた藤音頭にしなやかに揺れるように私が考案しました。
鬘は、俳優と床山さんが、相談しながら作っていくのです。
俳優の役作りと鬘やさんが考える、その役に対する考えが反映しているのです」

政岡が、花道で栄御前を見送った後、後ろを向いた時に
“片はずし”もきっちり拝見してこなくっちゃ。
でも、あの時の小さくなった背中を見たら、目の前がぼやけてダメかな。
ううぅ。(思い出し泣き)

歌舞伎座にいらした皆さまの感想を、両肩出して ←出さなくていい
お待ちしております。

「片はずし」コトバンクの画像より。政岡の鬘とはまったく違う気がするんですけどね。

108331_convert_20150918174513.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク