今頃、幽霊に。。。

お六さんが幽霊に取りつかれるのは
丑三つ時、ではなくて、ちょうど今頃(20時45分位)ですかね。

昨日は、今までで一番舞台に近い座席でしたので
お峰さんの表情が、よく見えました。
伴蔵から幽霊の話を聞いている時の顔
ちゅうちゅうたこかいなと小判を数える時の顔
伴蔵としっかと抱き合う時の笑顔
くるくる変わる表情の万華鏡やーっ!でした。
笑ったり、怖くなったり、しんみりしたり
玉三郎さんのコメディエンヌ魂は、天下一!
何回観ても、笑っちゃうんです。

昨日は、久蔵とのやりとりが、また変化球でした。

久蔵 「いま木挽町では、松竹120周年記念で
    玉三郎が出ているらしいね。」

お峰 「あんな役者、大嫌いだよ――っ。」

歌舞伎座中が、笑いの渦でした。それを言った時の顔も良かった!

玉さんは、当代一の女形であり、喜劇王です。

コメントの投稿

非公開コメント

毎日変化 変か

海老蔵さんのブログを見てると、毎日のように久蔵さんの顔が面白く面白く変化してますね

ふと思ったんだけど…
お峰さんはそれを舞台の始まる前に見てるでしょうか???

もしかして、舞台でいきなりその面白顔の久蔵 ってか海老蔵さんを見るのだとしたら、
私なら冷静ではいられない

玉さんは「綺麗すぎる」と海老蔵さんにダメしたご本人だから、まだまだと思ってるかもしれないけど
それにしても面白すぎる
2と4の日が目前になってきましたーやっと、 行くぜーーーv-227

2と4

ムジコさん

2と4。やっと意味がわかりました。
やっと、やっと。とうとう。

久蔵の面白顔。
海老蔵さんだから余計に面白い。
玉さんお峰さんを前に、
久蔵が、ガキンチョに見えてしまう(笑)。

お峰さんが「あんな役者、大嫌いだよー」って言った時、
声が大きくなって、場内の笑い声も爆発しました。
おもろい女将さんやなー。
お峰さんの贔屓の役者は誰ざんしょ。

私は、2と6。ラスワン。(のつもり)

ムジコさん、楽しんでいらしてくださいませ。
感想をお待ちしておりやす。

私も聞きたかった!

あんな役者、大嫌いだよーっ。

面白い!歌舞伎座の、笑いの渦が目に見えるようです。私もその場に居たかった〜。

美形の歯抜けは面白かったり、ガッカリしたり。
久蔵さんは良いけれど、アラン・ドロンの歯抜けは見たくない。

ムジコさんは明日、行かれるのですね。
台風の影響はさほどではないようで良かったですね。

私も26日夜の部、2階席がとれました。
うれしい!
桔梗さん昼夜ですか?双眼鏡で探しますよ〜。





2と3と2と4と

23日の牡丹灯籠をみました。2回目でしたが、ますます充実していて、楽しみました。
中車伴蔵、いいですねえ。小判をもらったあと、お峰さんの「チウチウ、タコカイナ」をBGMに、「足が動かねえ」と、震える足を両手で抱えて、右、左と動かすところ、しっかりみました。

23日のお峰さん久蔵さんのアドリブは、「大嫌い」に、続きがありました。
笑いがおさまったところで、お峰さん、「お前さんが歌舞伎を贔屓にしたらいいんだよ。それ(さっきあげた小遣い)を元手に」

久蔵さん、「これを元手に?」(これっぽっちで?の表情)と問うと、玉三郎お峰、「おまえさん、お金増やすのうまいんだろ」(こんな意味のことを)

久蔵さん、お金増やすの上手でしたっけ? 一同(役者、観客)疑問符が頭上にともったところで、アドリブコーナーはおしまい。

源氏店でも十数両を海老蔵与三郎が「元手にして」ともらいます。玉三郎さん、それがふっとこの場面でも頭に浮かんだのかなと思いました。

楽屋で、海老蔵さん「兄さん、おどかさないでくださいよ。お金増やすの、得意じゃないですよ。使うのは得意ですけど」、玉三郎さん「おや、そうかい。ごめんよ。つい言っちゃったんだよ」という会話があったかどうかはわかりません。

今日は最後の牡丹灯籠です。楽しみです。

競馬じゃない?

久蔵さん自らの馬で
違う違う ブログで
東京競馬場で、 勝ったの負けたのと言ってません?

と言う事は 京さんお目にかかれるかも(^_^)

きっと

フクギさん

大嫌いだよー、は、
2と6の日に、きっときっと。

アランドロン、お好きなんですね。
確かに、アランドロンの久蔵は。。。(そうじゃない)

>桔梗さん昼夜ですか?双眼鏡で探しますよ〜。

はい、昼夜です。ニマニマ
双眼鏡目線で、ウインクを顔中でしますんで。

ありがとうございます。

京にんじんさん

2と3の感想たっぷりと
感謝いたします。

>お峰さんの「チウチウ、タコカイナ」をBGMに、「足が動かねえ」と、
 震える足を両手で抱えて、右、左と動かすところ、しっかりみました。

あそこの場面は、笑いが止まりません。
玉さんの手と「チウチウ、タコカイナ」で笑って
伴蔵さんの膝がくがく歩きに笑って
笑いのルツボたーこのことかぁ、って。

久蔵がお金を増やすのウマいのは、
お馬さんにからめたってーわけですかね。
日々、新しいネタになっていて
玉さん、いつ考えてるんでしょうか(笑)。
お風呂の中かな。前に、お風呂の中で
アイデアがひらめくっておっしゃってましたよね。あはは。

楽屋での対話の妄想までふくらませていただいて
笑っちゃいました。
使うのも増やすのも得意な久蔵さんなんですね。

今日の感想もぜひぜひお願いいたしまする。

馬子にも馬券(意味不明)

ムジコさん

鋭い!なるほど~
馬子が通ってる東京競馬場もしくは
中山競馬場、ってーわけなんですね。

玉さんもうまいこと
おっしゃりますね。

で、京さん?京にんじんさん?
競馬????ハテ。

ムジコさんの感想もお待ちしておりまする。

2と6

昨日の豪雨、皆様大丈夫だったでしょうか?
観劇のお足元が濡れたり、電車が遅れたりで大変な方もいらっしゃったのでは、と心配しておりました。
今日からはとても暑いようですのでお出かけの皆様お気をつけてくださいね。

20日に夜の部をやっと観て来ましたが、
「玉三郎なんて役者は大嫌いだよ。」とおっしゃってました。
受けすぎてその後の久蔵さんの台詞は聞こえませんでした。
さらに進化を遂げている様子、楽しみですね。

実は先日2と6の日の3階を捕獲してしまいました。
昼夜3階で観てまいります。
2等も有ったのですがさすがにお布施の大ピンチ!
玉神様と同じ空間にいることで満足することに致しました。
ばっちり見える席のフクギ様を始め皆様のご感想を楽しみにしております。

24日の牡丹灯籠

24日のアドリブコーナーは、「おまえさんが歌舞伎を贔屓にしたらいいんだよ」で、すんなり終了。「それを元手に」は入っていましたが、海老蔵さんは反応せず。
代わりというか、「俺は来なかったことにしといて」と、定吉の手にすがってしつこく頼みこんでいました。玉三郎お峰に、「言わないよ、しつこいオトコだねえ。早くお帰りっ」と叱られたあとも。
海老蔵さん、定吉を巻き込んでしまいました。

玉三郎お峰さんは、裁縫箱を、伴蔵さんが蹴散らしやすいところに置いたり、伴蔵さんはお峰さんが手の届くところに羽織を脱いだり、お互いに細かく心遣いをしているのが感じられました。

「もう寝ようよう」のところのお峰さん、毎日ちょっとづつちがいますね。「お六さんが、目を覚ますうー」のセリフはおなじですが、そのあと、行灯を吹き消すまで、てぬぐいの端を両手に持って口にあてたり、ニコーっと笑ったり、まあ、いろいろな仕草がおかしくて、可愛らしい。

玉朗さんのお露、うまくなってる、とおもいました。
冒頭の舟で登場の場面、志丈が新三郎に会わせてやるというのを受けて、お露さん、「志丈さんが、萩原さまに、」と、一語一語、弾んだ息を整えながら、お米に喜んで伝えるところが、いじらしくてよかったです。

さて今日は私にとって最後のお富さん。
蝙蝠安にタバコをねだられるところ、玉三郎お富さん、右手ながらスナップを効かせて、蝙蝠安の膝の前にスーッとすべらせるのがカッコいいのですが、みられるのもあと一回になってしまいました。

2と4は

落雷で 、 した
クリスさんご心配のとおり24日は
落雷→信号トラブル→電車止まる でした
でも、私の乗った電車が止まってた駅は、別の交通機関に乗り換えられる駅だったのですぐ乗り換えて、開演に充分間に合いました

実は、何となく何かあるような気がして、早めに家を出ていたの、
日頃の… なはずないか。
クリスさんご心配ありがとうございます

私も無事にお峰さんに会えましたー
寒〜い幽霊さんにも…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

25日に行ってきました

観てきました、牡丹灯籠。
面白すぎて、笑いっぱなしでした。
玉さまのこういったお芝居を初めて観ましたが、素晴らしかったです。

ごく普通の日常を演じていらっしゃる部分が多いのですが、
お峰さんに目が釘付けになってしまいました。
生活に疲れた中年女性を、玉さまは見事に再現していらっしゃいました。
あまりに自然すぎて、演技には見えません。
団扇をバサッと置くところ、、年齢とともに、手を伸ばしたり屈んだりして、
物を丁寧に扱うことが億劫になってくるんですよね。
なんだか身につまされました。(汗)

第一幕の、ちょっとヤキモチ焼きで、可愛くて、その上しっかり者のお峰さん。
伴蔵さんとのテンポの良いやり取りも面白く、
中車さんの魅力を、玉さまは目一杯引き出していらっしゃいました。
「ちゅうちゅうタコかいな」の玉さまには、笑い転げて涙がでてきました。

第ニ幕になると様相が一変しました。
お金には不自由しなくなったが、伴蔵さんとは気持ちが離れ
「人生何が幸せなんだろう・・・」と昔を懐かしむお峰さんに、
すっと引き込まれ、そのままお峰さんワールドにはまり込みました。
玉さまの独壇場でした。
久蔵さんとのやり取りも言葉巧みで面白く、
久蔵さんから聞くことを聞いたら、手荒くさっさと追い帰す、
嫉妬心で一杯のお峰さんの気持ちの流れが、すっと入ってきました。

25日には「玉三郎なんて役者だーい嫌い」に対して海老蔵さんは
「俺は大好きなんだがなー」
とかえしていらっしゃいました。(少し言葉は違うかもしれませんが)
久蔵さんから海老蔵さんに戻っていました。(笑)

「元の関口屋夜更けの場面」ここが一番好きでした。
できればもう1回見たいので、映画化か、或いは再演していただけたら
どんなに嬉しいことか。

実は、「牡丹灯籠」の終わり方は、
『邪魔になったお峰』を伴蔵さんが始末すると思っていました。
お峰さんが可哀想すぎると、複雑でしたが違ってました。
伴蔵さんが改心して、もう一度やり直して、昔の二人に戻ろうとする、
そこに救いがありました。
お峰さんが泣きながら
「お前さんと別れたら私は何処へも行くところがない」というところでは、
泣けてきてしかたありませんでした。とても可愛い女性ですね。
伴蔵さんでなくても改心しますよね。

最後に、この公演で一番驚いたことがあります。
お峰さんにお露の霊が取りつき、両手をだらりと下げて、
「新三郎様・・・」と伴蔵さんに迫って行くところで、
お峰さんが立ち上がった瞬間に、若くなっていらしたのです。
一瞬、玉・さんのお露さんと入れ替わりがあったのかと思いました。
疲れた中年女性から、愛しい人に恋い焦がれる若い娘に一瞬で変わる。
その鮮やかさに、瞬きも忘れてました。
玉さまって神様なのではなかろうかと、つくづく思いました。

いまだに昨晩の興奮さめやらずです。
玉さまから沢山の元気をいただいて、これから新幹線で帰ります。
幸せ一杯の昨日でした。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

豪雨

クリスさん

20日の夜の部にいらしたのですね。
後半戦は「大嫌いだよー」を炸裂させていらしたのですね(笑)。

クリスさん、今日の昼と夜と、いらしていたんですね。
私も、昼と夜と参戦しておりましたよー。
今日は前からメンバーズで捕獲しておいたので
余裕で行けました。取っておいてよかった。
3階席、よくぞゲットされました。えらい。
お峰さんと久蔵は、今日も、また進化しておりましたね。

また感想をあらためて書きますね。

ありがとうございます。

京にんじんさん

ザ歌舞伎座の日報を、ありがとうございます!
ワクワクしながら拝見いたしました。

お峰さんと久蔵のやりとりが最高ですね。
ますます過熱してきてますね。
今日もまた、変化球がありましたよ。

>「もう寝ようよう」のところのお峰さん、毎日ちょっとづつちがいますね。

はい、違いますよね。今日は、前よりも、じっくりと、
お峰さんと伴蔵さんのラブラブぶりが見られたような、得した気分になりました。
あのニタニタ顔が何とも言えず、キュートですね。
お六さんさえ来ていなければ、なんて思っちゃったり。

>玉朗さんのお露、うまくなってる、とおもいました。

私も、そう思いました。よりオバケになっていて
でも色気があって、何よりも声がよかったです。

私の七月大歌舞伎も、終わってしまいました。しょんぼり。

わぁ~落雷。

ムジコさん

いやはや、落雷のアクシデントとは。
その日、鎌倉は、晴れやかで雨は降っていなかったんです。
そんなこととはツユ知らず、でした。
でも、早めにお家を出られて、間に合われて
ほんとーに良かったです。

幽霊さん、今日も、寒~~かった。ぶるぶる

ありがとうございます。

文月さん

ようやく、念願の「牡丹燈籠」をご覧になられて
たっぷりの感想をありがとうございます。

>生活に疲れた中年女性を、玉さまは見事に再現していらっしゃいました。

ひとつひとつに生活感がにじみ出ていて、
お峰さんが、すぐそこで暮らしているようで
さすがだな、と、今日も感心ばかりしてました。

>「人生何が幸せなんだろう・・・」と昔を懐かしむお峰さんに、
すっと引き込まれ、そのままお峰さんワールドにはまり込みました。

ここで、私も、グッときました。
人間、なにが幸せで、不幸せなのか。。。と。
お峰さんの気持ち、わかりますよね。

>疲れた中年女性から、愛しい人に恋い焦がれる若い娘に一瞬で変わる。
その鮮やかさに、瞬きも忘れてました。

そうそう、ここもハッとしますね。何が起こったのだろう、と
次の瞬間、お峰さんではなく、お露が立っている。
恋する若い女性になって、「新三郎さま~~~」。
ゾゾッとしました。

私も、まだ今日の興奮冷めやらずです。
夢に、お峰さんとお露さんとお米さんが出てきそう~
ひゅるるる~。

さっそく感想を送ってくださって
ありがとうございました。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク