も~おもしろかった!by フクギさん

中日に夜の部を観劇されたフクギさんが、
さっそく感想を送ってくださいました。

まってましたよ~~~~ありがとう~~~(お露の声で)

こちらでもご紹介させていただきます。



おなかいっぱ〜い!

あ〜、おもしろかった!
も〜、おもしろかった!
玉三郎さん、やっぱりすごい!
低い声でぼそぼそ、なんであんなによく聞こえるんでしょうね。
やっぱり、牛フィレ朝食のおかげですかね。

前の席でオペラグラスは出しづらいですけれど、3階席なら
遠慮なく使えますね。ピンポイントでみると、よその本当の夫婦を覗き見しているみたい。
今回は、みなさんのレポートを頭に入れて臨んだつもりが、
始まったら興奮して、ほぼとんでいました。
記憶力の良い脳みそ、どこかで売っていないかな〜?

前回よりお芝居の緩急がはっきりとしていて、
お峰さんはさらに可愛く、おもしろくなっていました。
夜遊びして遅く帰った亭主をイヤミたっぷりで迎えるお峰。
観客のみなさんも経験がおありなのでしょうね。
劇場のあちこちで大きな笑いが起こり、
楽しい雰囲気に包まれていたように感じました。

そうそう、海老蔵さんですが、お顔も訛りもすこし進化していましたよ。
歯も一本ぬけて、田舎フレーバーが加味されていました。
久蔵とお峰の場面で、

久蔵 木挽町の坂東玉三郎が〜
お峰 そんなのいいんだよ。歌舞伎を頼むよ〜。
久蔵 変な汗が出てきちった。

というアドリブ?のやりとりがあったのですが、
海老蔵さん本当に慌てたらしく、そのあとの台詞噛んでいましたよ。

今回は3階席だったこともあり、声のすばらしさを堪能することができました。
猿之助さんの長台詞、お米さんのおどろおどろしさと可笑しみ、お国さんの艶っぽさ。
役者さん方の心意気をひしひしと感じました。まだ観たいです。

これから観にいかれる皆さま、
ゲリラ豪雨と猛暑対策万全でお出かけ下さいまし。
ここのところの暑さは尋常ではありませんでした。
私もバテ気味ですが、幕見に並ぶべく気力体力蓄えます。
玉三郎さんはじめ、演者の皆さんの健康を祈っています。



フクギさんの現場レポートを読んで、
歌舞伎座内の和気藹々とした雰囲気が伝わってきました。
歯抜けの久蔵さんとお峰さんのやり取りも、変化球でおもしろい~。

う~、また行きたくなっちまったよー(行くけどね)。
フクギさんも、あと何回?
どうもありがとうございました!

コメントの投稿

非公開コメント

そうだった!

フクギさんの熱々レポで観劇の日のことが甦ってきました。ありがとうございます!

そうだった、そうだった。
新三郎の家での中車さんの張った声に対して、場が変わり、伴蔵の家でお六さんとのやりとりでの玉三郎さんはあれっと思うくらい低く抑えたお声。
その後も小さなお声ででボソボソ言う場面がたくさんありましたがすっごく良く聞こえて。不思議だなーすごいなー。

海老蔵さんとのやりとりでは

久蔵  木挽町では今月坂東玉三郎が出てて、て~した人気だぁ・・・
お峰  玉三郎はどうでもいいんだよ(←どうでもよくない最も重要)おま      えさんが何度も木挽町に通えば歌舞伎は大丈夫だよ~

というようなアドリブだったかな。
海老蔵さん頑張って!もっと玉三郎さんにからんで!って応援しながら観ました。

蚊遣りをつけに土間に下りる時や関口屋で玄関に下りる時、少し音を立てて飛び降りる感じに見えたのですが演出でしょうか。

百両降ってきて「しぇぇ~」と驚く時、両掌を反らせてわなわな。掌の反りがはんぱなくて。自宅に帰って何度もやってみましたがあんなに逆方向にはできませんでした。玉三郎さん、全ての関節が柔らかいのですね。

来週またお峰さんにお会いします。どんな変化があるのか、それを見つけるのも楽しみです。
興奮状態のなかで記憶力もあやしいのですが・・・。

そうでした!ぴこさん

そうそう!あの掌の反り、はんぱじゃなかったです。
わたしもやってみましたけど、まるでダメ。
玉三郎さんは、軟骨なのでしょうか。

桔梗さん、あと2回は行きたいんです。
朝日に柏手うって、念じます。
今度お目にかかれたら両目でウインクします。

よみがえってきて

ぴこさん

お峰さんの声は、低音でしたよね。
それが、恐怖心と共に、どんどん高くなっていって
「それから、どうしたのー」で、最高潮に!
声の変化も、すごく良かった。楽しめました。

あ、でも「サワコの朝」で、
「君、いい声だね」って囁かれたら
役者はダメになるっておっしゃってましたっけね。
褒められたことは疑えってね。
でも、ウソじゃなくてほんとのホントで
「君、いい声だね」って、言いたいです。ホントのホントで。

久蔵さんのやりとりは、
中日バージョンも、前にもおやりになっていたんですね。
いろんなタイプがあるわけですね。

>少し音を立てて飛び降りる感じに見えたのですが演出でしょうか。

ああ、何となくわかります。思い出しました。
これは、シネマ歌舞伎になったバージョンでも
感じたような覚えがあります。

>百両降ってきて「しぇぇ~」と驚く時、両掌を反らせてわなわな。

ぴこさんと、フクギさんのコメントを見て、
私も、手のひらを反らしてみましたが
やっぱり限界があります。
玉さんは、すべての関節が、ちゅうちゅうたこのように
柔らかいのですね。あの手の形、はっきり見えました。

来週いらっしゃるのですね。
また感想をお待ちしておりまする。

掌の反り

フクギさん

小判が本当に降ってきたら、
あの掌の反りが出来ちゃったりしてね。
小判を降らせてみましょうかね。あはは。

私は、明後日の土曜日に
今度は、粋なお富さんにお会いしてきます。
今、脳内が「お峰モード」になっているので
スイッチを入れ替えてっと。カチッと。

今度お会いしたら、鼻でもウインクいたしますわ~。

今回も大爆笑😁

いやぁ〜。本当っにおもしろかったです。昨晩の寝つきが悪く寝不足だったのに、昼夜眠気ぶっ飛ばしの楽しい時間を過ごすことができました。

フクギさんのレポートを、「んだんだ」と頷きながら拝読させて頂きました。
百両が降ってきたときの
「しえぇぇぇ〜〜!」と驚くところは本当に笑わせて頂きました。
私は
「ちゅうちゅうぅたこかいなぁ」
の手が、役に立たない柔らかいほうきのようにフニャフニャしていたのも大爆笑でした。

海老蔵さんのメイクは、「うわっ(苦) 酒クサそ!」って田舎クサさ酒クサさグレードアップ↗でした。
でもほっかむりをとったら、ちょいと残念💧 頭のまげのみお出かけ用、って感じだったので。

あと、伴蔵さんを問い詰めるお米さんとお露さんのおアシのないシンクロ移動、いつも大爆笑です。

あっと。
終演後、舞台写真のブースが。
写真を準備しているおにいさんに伺ったら「明日からの販売なんです」
って。
おっしい!
(戻り券ゲットがなければ)次は千穐楽。はやくお写真みたいです😂。

も~おもしろすぎ、すごすぎ、

皆様の可愛さ、
百両降ってきたところの掌の反りを練習された、ぴこさん、フクギさん、桔梗さん
練習されている様子を想像して、なぜか笑ってしまいました。
失礼しました。ごめんなさい。
そういう、私も玉三郎様の舞台をみたら、何か一つの所作を必ず、家で真似してしまいます。
みんな同じ現象にかかってしまうのですね。

はむぴょんさん、
頭のまげのみ、お出かけ用
床山さん、海老蔵さんよりすごい。
はむぴょんさんの感想を海老蔵さんにとどけたくなります。
以前、化粧の仕方で京にんじんさんが
玉三郎さんの舞台で、今日は、前回とは違い、あかさがましていたようだという旨の感想をお書きになられたことがあり、私は、その着眼点にびっくりしました。
そういう、見方をしていくと、本当に違ったことを見つけることができました。
玉三郎様の舞台では、ありませんが、
おなじ演目の舞台、宝塚を数回みました。
ここで発見しました。

本当に、お座敷の皆様からは、舞台での観るべきところを教えていただいています。
これからも、楽しみにしています。
皆様、教えてくださいね。

眠気ぶっ飛ばし~

はむぴょんさん

またまた大爆笑!
何かにありましたが、100両は今でいう750萬円位とか。
やっぱり「しぇ~~~~」になりますよね。
しかも、オバケにもらったんだし(笑)。

>役に立たない柔らかいほうきのようにフニャフニャしていたのも大爆笑でした。

あははは。おかしい。確かに役に立ってなかった。
でも、あのフニャフニャは、誰にもできません。

>でもほっかむりをとったら、ちょいと残念💧
  頭のまげのみお出かけ用、って感じだったので。

せっかく酒臭さも田舎臭さも倍増してたのに残念。
しかし、よー見てはりますな。お出かけ用のまげって!

明日は、舞台写真が出ているのですね。
見て来なくっちゃー。
お知らせありがとうございます。

練習、練習。

ちょんぱさん

みんな、いっちゃってますよね(笑)。
ちゅうちゅうたこかいな、の手の練習。
あと、百両が降ってきた時の
お峰さんの後ろへのそっくり返りも、大胆ですよね。
シネマ歌舞伎の「牡丹燈籠」の予告編にそのシーンがあるのですが
あんなに後ろまででんぐり返っていませんでした(笑)。
あれも、びっくりしたなーもー。

ほんとーに、皆さん、よーく見ていらっしゃいますよね。
海老蔵さんのまげに、玉さんのお化粧の赤さに。
私も、いろいろな発見をさせていただいています。

明日、私も、お富さんの何かを新発見できるように
ガンミしてきますよー。待っててねー。

いい景色だねぇ。

15日によーーーーやくお富さんにお逢いできました。

お富さん、美しいかったです。爽やかな色気に包まれていました。
肉眼でぜひお目にかかりたいものです。目指せ! 戻り券!!!

「見染め」の与三郎さんと一目で恋に落ちる場面。 表情の変化もさるこながら、心の動きを全身で感じさせる微妙な「間」がたまりません。

あと、花道での
「いい景色だねぇ」
うーっとりするのと同時に、明治大学講演会での「それにしても、よく降る雨だねぇ」を思い出しました。
ゆーっくりと景色を見渡し、与三郎さんを見つめたあとに呟くあの一言。与三郎さんを知った喜びに溢れた幸せの空間、もう表現できない位美しいかったんでしょうなぁ。
とーっても深い一言です。

くずきりは、うっかり予約するのを忘れてしまいました💧
次回の楽しみにとっておきます。

今日歌舞伎座詣でに行かれる桔梗さん、まるこさん。
いってらっしゃい !!!!! 👋

いい~景色でした。

はむぴょんさん

ようやくお富さんにお会いになられた興奮が
ひしと伝わって参りました。

>与三郎さんを知った喜びに溢れた幸せの空間

そうそう、いい~景色だね~、っておっしゃる時のお富さんの
あの花のような微笑みに、胸キュンでした。

くずきり、相当おいしかったです。
ぜひ次回のお楽しみに!おすすめです。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク