☆七夕幕見☆

天の川より、天井桟敷で!
陽の高いうちから、七夕幕見して参りました。

午前10時20分頃に歌舞伎座に到着すると、
今日も行列がズララララ~っと。
すでに「南総里見八犬伝」には売り切れの赤札が
「与話情浮名横櫛」と「蜘蛛絲梓弦」には、立ち見の青札が。
あれれ、まだ幕見券の発売時間前なのに、なぜ?

すると、幕見の係りのおにいさんが言いました。
「こういうわけです、聞いてください~」(by 多左衛門)

あらかじめ並んでいるお客さんに、どの演目を観るのかを聞いていき
その数をカウントしているのだそうで(日本野鳥の会のあのカチカチで)、
定員数に達したところで、その演目を即、札止めにしているとのこと。
なので、発売前にして売り切れの赤札が出るわけですね。

今日は、「南総里見八犬伝」から観る覚悟で(笑)行ったのですが
そちらから先に売り切れになったので、お富さんだけを観ることができました。
10時50分近くには、こちらも札止めになったので入ることができて、良かったです。
係りのおにいさんによると、朝9時には30名の方が並ばれたそうです。
超絶人気の七月大歌舞伎!とにかく幕見も、てえへんなことになってます。
年齢層でいうと、下は9歳位から上は70代まで。外国からの旅行者の方も多くて。
妊婦さんがお二人もいらして感動!究極の胎教ですね!胎内で聞く「やさ、お富~」

幕が開いて、ちゃりん。花道がパッと明るくなると、心だけ一等席に飛んでしまって
まだ上からはお富さんの姿が見えないのに思いきり拍手していました。
周りの人たちは、シーン。ああっ、イカンと気がついて、でも拍手しました(笑)。

お富さんは、今日も絶好調!!艶やかな声が、天井桟敷の壁にピーンと
光のベクトルのようにはね返って、歌舞伎座中に響いておりました。
「これは、まぁ皆さん、よう出迎えしてくだしゃんした」とお富さんが言えば
「もうね、じゃんじゃん出迎えちゃいますよーじゃんじゃん!」
と(心のつぶやき。)←私はアホです。

お化粧を始めるとき、手ぬぐいでそっと首元を抑えている様子は、
本当にお風呂上りのよう。遠目にも肌が桃色に見えました。色っぽいなぁ。
天井桟敷からは白粉を混ぜるときの、水を少しずつ足していく感じや
右手と左手と両方で順に混ぜていく手順が、よく見えます。
無駄がなくて、動きが素早いのに優雅で、お抹茶を立ててるみたい。
引き出しを開けたり閉めたり、筆を取り出したり、その様子が可愛らしくて。
お富さんの御髪を後ろから下女の玉朗さんが梳いている時は
玉三郎さんの楽屋にいるみたい、と思いながら眺めていました。
きっと戯作者は、当代きっての千両役者のお化粧姿を舞台上で見せよう、
という意図のもと戯曲を書いていたのではないでしょうかね。(勝手な想像)

もう「牡丹燈籠」の幕見券が、売り出しになってますね。
夜も、きら星がいっぱいの天井桟敷へ行きたいなぁ。でも、
昼間から遊んだツケがまわって、いけないんだなぁ。(by みつを)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

〇〇〇さん

お声かけくださってありがとございます。
いつも気にかけてくださってすみません。

ただその日の夜は都合が悪くて、
本当に残念です。
それがなければ飛んででも(というか昼は行ってるので)
参戦したかったのですがね。
お優しいお心づかいに感謝いたします。
いつもありがとうございます。



ころころころころ。。。

桔梗さん、天井桟敷から転がらないでねぇ。^^

あと10日で玉三郎さんにお逢いできるわん。
嬉しかねぇ。
うふふふふふふ。。。。。
桔梗さんたちにもお逢いできるわん。
ぶふふふふふふふふ。。。。

むひひひふふふ

まるこさん

コロコロころがりそうになりました。

幕見の集合時間まで、歌舞伎座の地下のお店で
山田おまんじゅうと、ユニクロの歌舞伎柄Tシャツ(ヤクザ風)と
歌舞伎柄ハンカチを買いました。
プチ旅行気分で楽しかったです。

遊びすぎと仕事しすぎ(自称)で
今朝は、具合が悪くなってしまって
午前中はずっと寝込んでしまいました。

でも、土曜日には、お峰さんに会えるので
何とか頑張って、また明日から仕事します。

まるこさんにとも、あと10日後には、ですね。
楽しみにしています。

カクゴします!

昼の部は開演前に完売なんですね。
ビックリ!
昼の部に幕見参戦する時は、カクゴします!!!

私は7/6の夜の部に参戦しました。
今回は初心者同行(友人)なので、わかりやすい演目重視でいきました。
チケットは幕見席にするつもりでしたが、何とか3階席がとれたので、歌舞伎座内をいろいろ案内することができました。

「牡丹灯籠」は終始笑いっぱなしでした。お峰さんの何気ない言い回しが本当におかしかったです。
ラストはシネマ歌舞伎のものと違うな、思いましたが、この終わり方の方がしっくりきて、私は好きです。

玉朗さんのお露、可憐でしたぁ。
幽霊になったあとの不気味暗さ満載でもかわいい。^ ^
吉弥さんお米との掛け合いも大爆笑でした。
(私の前の修学旅行生が笑う笑う😆)


友人は大満足で前半終了後に開口イチバン「おもしろ〜い😆」って。
後半も同様で大満足のようでした。
よかった。

私は来週通しで参戦します。
楽しみ!😁

歌舞伎座ツアコン

はむぴょんさん

夜の部の感想を送ってくださって
ありがとうございます。

お友達のお供をされて、喜んでいただけて
良かったですね。嬉しいですよね。
しかも3階席がゲットできたなんて、
幸運でしたね!

牡丹燈篭も、すごく楽しそうですね。

>お峰さんの何気ない言い回しが本当におかしかったです。

想像してしまいました。何となく、あんな感じかなーって
玉さんの言い回しを思い浮かべたりなんかしちゃったりして。
さり気ないから、おかしいんですよね。わかりますよー。

今回、ラストの演出の違いも、とても楽しみです。
どんなんだろう~~~って、妄想中。
土手じゃないんですよね(朝日新聞データより)
きっと、いろいろと吟味されつくされての
今回のラストなんでしょうね。
やっぱりラストって、大事ですね。

そして、玉朗さんと吉弥さんの掛け合いも
楽しみにしますね。爆笑なんですね。
玉朗さんも、さり気なく面白怖そう。

お友達も、きっとまた、はむぴょんさんと行きたいって
おっしゃることでしょうね。
来週、通しなのですね。
私は、とにかく明日!初牡丹燈篭を、満喫したいと思います。

おかげで、楽しみ倍増してます。
ありがとうございました。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク