中日レポート by フクギさん

昨日、松竹座へ「行ってしまった!」フクギさんより
あっちっちのレポートを送っていただきました。
どうもありがとうございます!

ひゃ~~、待ちきれずに行っちゃったのねぇ、フクギ姉さん。
興奮が伝わってきて、「アマテラス」熱がメラメラしてきましたぞ。
早く行きたいよー。

スサノオ&ウズメ夫婦のアイコンタクトに受けました

さっそく、ご紹介させていただきマッスル。



行ってしまいました!

昨日、思い立って拝みに行ってまいりました。
後半を、待ちきれませんでした。

もちろん、玉三郎さんは最高!大太鼓の後ろからすーっと
お出ましになられた時の圧倒的な存在感。
まさに、動くパワースポット。震える手で、今回も思わず手を合わせました。
小田さんのスサノオも圧巻。
闇夜に獲物を狙う獣のような荒々しさと野生の眼差し。
一幕が終わった時には、もうすでにお腹いっぱい状態でした。
フィナーレの時には、沢山のスサノオコール。
夫妻のアイコンタクトが素敵でした。
これが見納め?かもしれないと思うと、非常に残念です。
再演を切に望みます。

今回は3階だったのですが、布の運びがそれはそれは美しく見えました。
本当に生き物みたい。1階席では味わえない、ダイナミックな世界が広がっていました。
俯瞰の目、その通りですね。
何度も観ている舞台なのに、初めて目にするような新鮮さ。
席によって、こんなにも見え方が違うのですね。
心に栄養をたっぷり蓄えて、戻って参りました。

イマイチだった体調も回復!
恋しい病だったに違いありません。桔梗さんも重篤な病のなかに
おられると思いますが、もうすぐ治りますから!
どうぞ気を付けて行ってらして下さいね〜。


コメントの投稿

非公開コメント

一週間後

待ちに待った、玉三郎さんのアマテラスにお会いできます♡
堪えてきました~

フクギさん情報の、スサノオ&ウズメ夫妻のアイコンタクトちょろっと見たかったです~

今回、舞台に近い席で2回観ます!!
玉三郎さんの表情やしなやかで優雅な動きを、しっかり目に焼き付けてこれたらと思ってます♪

あんずさんにあやかりたい

一週間後、舞台に近い席で二回もみられるなんて。
堪えてこられた、すばらしいです。

玉さまの舞台とは、30年以上前に出会わせていただいたのに、実際本当に観たのは
4回。
この5回目のアマテラスで、舞台に近い真ん中の席で観る機会に恵まれたことから、玉さま恋しい病にかかり、重くなってしまいました。

あんずさん、ぜひ、ぜひ、舞台に近い席で観られた感想を聞かせてください。

同じく!

あんずさん

いよいよ、とうとう、ついに、やっとこさ
今度の土曜日には「アマテラス」に会えますね。
本当に待って待って待って、満を持しての大阪行きです。

私は、石塚さんの「スサノオ」初体験なので
とっても楽しみにしています。
どんな風に暴れるんだろうーって。

あんずさんのお隣なんですよね。
お楽しみがふくらんで弾けそうです。

興奮冷めてないですな。

ちょんぱさん

玉さん熱が、ますますヒートアップされているご様子が
ビシビシと伝わって参ります。

30年以上前に出逢われたなんて
超うらやましいです。回数は少なくても
1回が濃厚ですからね、炎上しちゃいましたね。

玉さま恋しい病は、永遠に続くと思われますので
息切れしないように、長丁場で、いきましょう。

でも、そういう私も
もう~どう~にも止まらない~v-535e-291

永遠^^

「神秘」な玉三郎さんを思うわたくしたちファンの気持ちは、「永遠」でですわね。
玉恋病は永遠!です。^^

そして「伝説」に

まるこさん

「神秘」な玉三郎さんを想う心は「永遠」で、
それはやがて「伝説」に。(順不同)

でもって、恋しすぎて「混沌」に~。ありゃー。

「コント」じゃなくって、「混沌」ね。
「混沌」から、また、愛が生まれるのでしょうね(一生言ってろ)


プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク