新作「混沌」お稽古中の玉三郎さん

今年の11月から公演がスタートする鼓童の新作「混沌」の
お稽古の様子が鼓童ウエブログに掲載されています!

もちろん演出は、芸術監督の玉三郎さんです。

タイトルは「混沌」ですが、お稽古の様子は、みなさん楽しそう。
昨年のECにご出演だったドラマーの梶原さんがいらしてビックリ。
ドラムと和太鼓。いろんな企画が飛び出しそうですね。楽しみだなぁ。

こちらでご覧になれます。
http://www.kodo.or.jp/blog/

コメントの投稿

非公開コメント

うぅぅぅぅぅぅぅ・・・・

息が・・・・・苦・し・い・・・・・

あっ、ご心配くださるな。
単なる玉恋病でござる。^^

ふぅ~。。。。。

人工呼吸~ブチュー。

まるこさん

救命隊、出動!
大丈夫でおじゃるか。

そういう私も、ぐぐぐぐ、ぐるじ~~~。

玉さん恋しい病は
人工呼吸しても、点滴しても治りません。

松竹座という病院へ参りましょうぞ。

梶原さん!

あっ!梶原さんだ〜。
髪型に、ブルーハーツ当時の面影が残っていますね。

ブルーハーツ、大好きでした。ビデオは擦り切れるほど
観ましたし、よくコンサートにも行きました。
あれから30年余。玉三郎さんとのご縁があるなんて、驚きです。
きっと、よい年を重ねてこられたのだと思います。
ドラマーとして現役なんですね。嬉しいです。
混沌のお稽古風景、みなさんの伸びやかな表情が素敵です。

あとわずかでアマテラス初日。
あの眩しいお姿を早く拝見したいです。
まずは、お座敷予習したいと思います!




どぶね~ずみ~みたいに~♪

フクギさん

昨年のECで梶原さんのど迫力のドラムを体感して感動しました。
私もブルーハーツが好きで、I Podに入れていたのですが
ECから帰ってきてからは、ドラムの音色に耳をダンボにして
梶原さんの叩く姿を思い出しながら聴いています。
そうそう髪型が、ツーブロック!

>あれから30年余。玉三郎さんとのご縁があるなんて、驚きです。

ほんとうですよね。不思議な御縁というか。
梶原さん、超バリバリ現役です。

アマテラスいよいよ開幕ですね!
神々しい光にあたりに(ストーブじゃない)
早く行きたいです。
連休は仕事で休めないので(爆泣)、後半に参ります。
フクギさんも後半ですよね。
たのしみじゃー。

春秋座公演「永遠」

桔梗さんご紹介の鼓童のサイトで案内のあったKBS京都の番組を見たので、ご報告します。

7月に京都芸術劇場の春秋座で行われる鼓童ワン・アース・ツアー「永遠」に出演する3名の団員がKBS京都の「NEWSフェイス」(4月28日17:45~18:00)に出演されました。

出演は、船橋裕一郎、小見麻梨子、草洋介の3名、全員が京都造形芸術大学出身メンバーです。

太鼓を持ってハッピ姿の3名が、少し演奏のあと、アナウンサーのインタビューがありました。

草洋介さん

久しぶりの京都はいかが?
「うれしいです。京都時代は鴨川で練習していて、和太鼓とか笛とか、人が集まってくることが多かったです。とくに外国の人が話しかけてきて、カタコトで説明したりしていました」

鴨川土手では、トランペットとか楽器を練習している人をよく見かけます。

小見麻梨子さん

玉三郎さんからのアドバイスは?
「演奏している時に、演奏している自分を客観観している自分をしっかり持て、とおっしゃってます。その距離が遠ければ遠いほど、一流の舞台人になるということで、演奏にのめり込みすぎず、常に客観視することが大事と言われています」

鼓童にとっての変化は?
「まず、舞台作りをしっかりと時間をかけてやりました。その分、一曲一曲の抑揚とか、細部に作り込む楽器の使い方とかも工夫したりしていますね」

船橋裕一郎さん

今度の京都公演のステージはどういうもの?
「太鼓の迫力はもちろんなんですが、抑制のきいた小さな繊細な音、それから楽器は太鼓のみならず、50以上の楽器を使って、繊細で迫力のあるステージになっています。太鼓の革新的な舞台じゃないかと思うくらいのすばらしい舞台になっています」

母校の春秋座、音がいいということですが
「ほんとにいい音なので、いい音で生でライブで聴いていただけたらと」

50以上の楽器とはびっくり。
玉三郎さん、ひとりひとりにいろんな指導をされているのですね。

春秋座は座席の傾斜がもう少しあれば申し分ないのですが・・・
なので、安全のため、壁際の一段高い席をとりました。

7月に京都で「永遠」

京にんじんさん

いろいろとご報告をありがとうございます。

「永遠」は7月に京都なのですね。

私は、6月に千葉の君津の公演に行ってきます。
文京シビックホールでは、今回はないのです。
あと神奈川の茅ヶ崎であったかな。

テレビ情報によると、「永遠」はまだ途中なのですね。
途中って、これから先もまた変化するってことなのでしょうか。
玉三郎さんの舞台は、観るたびに変化していくので
驚かされることも多いです(笑)。

「永遠」は、2回分の公演が入っているくらい中身が濃くて
初見で、かなり驚きました。これでもか、これでもか、って感じで。
とても一度では観きれませんでした。

もう一度行って、じっくりと観聴きしてきます。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク