玉三郎さんの歌声に、陶酔♪♪♪

フレンチの美食と美酒を堪能した後は、
待ッッッてましたぁ!玉三郎さんの魅惑の歌声です。

幕が上がると、ピアノの伴奏がはじまって、
舞台上手から、歌手・坂東玉三郎さんが登場されました。
わぁ!きゃっ!、とあちこちで小さな歓声が上がり
私も、わあぁっ!と思わず声を上げてしまいました。
玉三郎さんのスーツが、キラキラ煌めいていたからです。
スゴイ!視線を奪われました、キラキラキラキラ
イタリアでゲットされた生地でしょうか。
総スパンコールの黒の上下で、ズボンは細身仕立て、
黒いシルクのシャツも美しい光沢感で衿元がお洒落です。
靴は、もちろんキラキラバージョン。玉三郎さんのファッションを
見ているだけで、気持ちが華やぎました。

玉三郎さんは、声量がさらにパワーアップしていて、
歌手というより声楽家だわ!と思いました。
専門的なことはわかりませんが、発声法が前とは違う感じで
喉の奥の方が遥か彼方まで開かれているイメージというか
ご自分の歌唱法を確立されていることが一耳瞭然でした。
そして、シャンソン、ボサノバなど全12曲を熱唱してくださいました。

曲名や曲の順番はメモをして参加していた方々にも確認したので
たぶん合っていると思うのですが、もし間違っていたら教えてくださいませ。

第一曲めは、「セ・シボン」

「セ・シボン」は、八千代座でも歌ってくださったのですが、個人的な見解では、
玉三郎さんの歌声がシルクの風合いから、ヴェルベットの風合いに変化している、
と感じました。こっくりとした厚みがあって、まろやかで、深みがあって。
いずれにしても、玉三郎さんの歌は、やさしいなぁと思いました。

第二曲めは、「枯葉」

秋にはまだ早いんですけど、と前置きされて。
ダンディな歌声 。暮れゆく~からのしっとりした感じが濃厚で
ロマンティックな大人の唄。お洒落な秋の色が浮かびました。
ララララ~ラリララリ~と口ずさまれるのがいいのですよ。

第三曲めは、「人の気も知らないで」

ダミアの歌でございます、とおっしゃられて。初めて聞く曲でしたが、
前奏でグッときました。ヴァイオリンが哀しくていいんです。
阿古屋の胡弓を思い出しました。 歌詞も哀しい。
いい歌だなぁ。玉三郎さんが歌うから、めっぽうドラマティック。
恋人につれなくされた女心がとても丁寧に歌われているのです。
「人の気も知らないで」というタイトルにもしびれちゃう。
この歌も、定番化していただきたいです。

次の2曲は、越路吹雪さんのカセット「世界の恋人たち」に入っている曲です、
と解説してくださいました。八千代座のコンサートの時に、玉三郎さんが、
「越路さんのカセット「世界の恋人たち」の歌が素敵なので、いつか皆さんに
お聞かせしたい」、とおっしゃってくださったので、私は、ぜひ聞いてみたいな、
と秘かにずっと楽しみにしていました。なので、またまた、うおぉぉお~ッ!でした。
21才の時 海老玉コンビで大役を抜擢されて歌舞伎座に出ずっぱりで
エネルギーを使い果たしていた頃に、この「世界の恋人たち」を聞いて、
ヨーロッパの旅をした気分になっていた、とお話ししてくださいました。
合間、合間のお話も、簡潔かつ味わい深くて、玉三郎さんならではでした。

第四曲めは、「アマリア」

「アマリア」は失恋した女の子をなぐさめる 歌。
過ぎたことは忘れなさい、という女性のその歌声が
ゆっくり諭すようにでも優しさが滲んでいて泣けてきました。
玉三郎さんでなくては歌えない大人の女性の心を感じて。

第五曲めは、「ひとりぼっちの愛の泉」

この歌は、ヨーロッパの味がするとおっしゃいました。
ちょっと、さびしいんだけど明るい情景が見えてカラッとして。
艶のある声で、高らかに歌われて、そんなさびしさも
何てことないわね、って思えるような。歌詞もいいです。
幸せとは目に見えない明日を待つことなの~
というフレーズが心に残りました。タイトルもいいな。 
ララララ~ラララララ~がまろやか。
玉三郎さんの思いが込められています。

第六曲めは、「いそしぎ」

これを唄っている方を尊敬していて、素晴らし過ぎるから
名前が言えないとおっしゃってました(笑)。
海辺の情景が浮かんできました。玉三郎さんの低音が果てしなくて。
水彩画のようなボサノバ。二人の愛の日々が切ないです。

第七曲めは、「WAVE」

赤坂ブリッツで初めて歌われた時から大好きな歌。
玉三郎さんの歌詞がすごくいいんです。
ロマンティック で、海のそよ風を感じます。やさしい歌声が、
ナチュラル。低音の歌い方が変化していました。
永遠になる~の最後の、る~が萌えポイントでした。
今回、また歌ってくださって心底、嬉しかったです。


第八曲めは、「Someone to watch over me」

高らかな歌い方で、すごく素敵でした。
語尾が丁寧で、この広い世界の~どこか~
からの果てしない感じに迫力があって凛としていて、
ミュージカルのステージの劇中歌のように聞こえました。
玉三郎さんは、人間の心の微妙なところに目を向けて
台詞と同じように歌詞を深く読み込んでいらっしゃるのだな、
と感じられて毎回、感動します。

第九曲めは、「妻へ」

越路さんの37回忌と同じく、ピアノだけで 。
日生劇場の時よりさらに、なめらかで、まろやか。
思い出の糸を~たぐ~リ寄せながら~暮らそう~
の優しい響き。 二つの心がもし離れたら、二人とも後悔する~よ、
の「もし」が切なくて。玉三郎さんの歌声に、悲しみが満ちていて、
愛が溢れていて、涙が込み上げてきました。情感豊かで鳥肌が
立ちました。あり~がとう~妻よのところや、
ジュテー―エム~のム~の最後の盛りあがりもすごく
良くて。今回も、やっぱり涙でした。

第十曲めは、「薔薇色の人生」

ちょっとしんみりしてきたので明るい歌を、と。
玉三郎さんの「薔薇色の人生」があまりに素晴らしくて、
今度は、明るい涙が出ました。最高でした!
玉さんの歌声が華やかで心が躍り、深遠でおおらかな愛を感じました。
玉三郎さんが大きく手を広げて、天を仰いで歌われたそのしぐさが
目に焼きついています。ぜひ定番にしていただきたい曲、
毎回聞きたいです。

第十一曲めは、「パダム パダム」

最初にこの曲についてご紹介された時、
「とん・とん・とん・大丈夫?いきなさい、気をつけて !」っておっしゃった、
その優しいフレーズが耳に残っています。「パダム パダム」は、
玉三郎さんの声量がひと際、迫力があって、太い声で、
ドラマティックでした。ほかのどの歌とも違う、玉三郎さんの思い入れを
感じました。お芝居を観ているような気持ちになりました。
伴奏も素晴らしかったです!

第十二曲めは、「水に流して」

最後の曲を、と。玉三郎さんの「水に流して」は、力強くて、
私は、いっぱい勇気を与えていただいた歌。
最初に玉三郎さんのこの歌を聞いた時に、私は人生の暗闇を
彷徨っていたのですが(笑)、「人生に行き止まりなんてないんだ」、
と強く思うことができて、新しい出発をすることができました。
新しい人生が、今日から始まるのさ~
玉三郎さんのこの歌をまた聞けて胸が熱くなりました。
そして、あらためて力強く生きて行こうと思いました。

アンコールは、「夏の終わりのハーモニー」

アンコールが1曲あると思ってちゃんと練習して参りました、と。
玉三郎さんってチャーミング。ちょっと暑いんですけど、って脱いで
いらした上着をまたお召しになられて。NHK「ザ・スター」以来、
歌っていらっしゃいますが、もうすっかり玉三郎さんの唄になって
いました。声量がすごい。堂々として優しくて、ロマンティックで。
舞台美術で星が煌めいていて、真夏の夜空に、浮遊している
ような気分になりました。真夏の夜の夢。
終わって欲しくなかったなぁ。

「初めてのディナーショーにようこそおいでくださいました。
演奏家の方々、ありがとうございました。」 と、
玉三郎さんの心のこもったご挨拶で幕となりました。

思い出すだけで、泣き続けていられそうなほど感動しています。
玉三郎さん、素晴らしいディナーショーを、どうもありがとうございました。

ピアノの江草啓太さん、ベースの斉藤順さん、ヴァイオリンの渡辺剛さんの
演奏も素晴らしくて感動いたしました。どうもありがとうございました。

終わったばかりで何ですが、玉三郎さんの「秋の宴」、「冬の宴」、「春の宴」、
そしてまた季節が巡って「夏の宴」を心待ちにしています。
もう一度、全部、聞きたいです。どうぞよろしくお願いいたします。

_20170731_102031_convert_20170804213828.jpg
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク