自分の欠点を見つめること@明治大学講演会

質問コーナーでは、玉三郎さんに
自分の悩みを相談されている学生さんもいらっしゃいました。

ある男子学生の方は

「他人と話す時に、自分が優れているところを探して、
 いつも上から目線で話してしまう。それを直すには、
 どうすればいいでしょうか。」

玉三郎さんは、「素晴らしい質問ですね~。」と。
少し考えて、「自分が他人より劣っているところを見つめること。
そこに魂を没入して、そこの窓から(この表現が素敵で忘れられません)
他人と話してみたらいいんじゃない?その欠点はあえて他人に言う必要はない。
そしてそれは演じるということにもつながります。
役者は自分のいい所だけ見て演じたら、鼻もちならないものになる。
自分の欠点をイヤってほど見つめて(ここでテーブルの上にあった
マイクを置くシートを目の真ん前にくっつけるしぐさをされて(場内沸))、
そこで見えてくるもの、それを補えることを考えて演じないといけない。
自分が上だと思ったら、他人とコミュニケーションは取れないし、
他人と会う必要もない。自分が劣っていることと、自分が相手に話してあげられること
その両方があって、人とのふれあいが生まれてくる。
他人と対話しなくては、ひとと会ったことにはならないと思います。」
とお答えくださいました。そして、
「今日も、こんな風に紗の着物を着ているけれども
見せびらかすつもりはなくて、欠点を隠しているんです。」
と、おっしゃいました。人間ぽくっていいなぁ。

上から目線で話しをするのは、その学生さんだけの問題ではなくて
誰の心の中にも存在している人間の性のようなものかもしれませんね。
役者が演じるということにつなげて解答してくださったところも、
さすがだなぁ、と思いました。

初回の明治大学の講演会を聞いた時にも感じたことなのですが
玉三郎さんは、自分の欠点から目をそむけずに、そこで生まれる
劣等感や苦しみ、悲しみ、寂しさ、人にとって恥ずかしい感情や
虚しい感情などから逃げないで、まっすぐに向き合って、深く受け止めて、
それを乗り越えた後も、その感情を忘れることなく、いつまでも胸に刻み込んで
いらっしゃるから、あんなに素晴らしい演技や舞踊が生まれてくるのだな、と。
だから、観ていて、涙が出たり、心が震えたり、励まされたり
心動かされるのだな、と、今回もあらためて感じ入りました。
玉三郎さんと負の感情。人間が生きていく上で見つめておきたいこと。
明治大学の講演会では、玉三郎さんの演技の謎が少しずつ紐解かれていく
そんな発見と快感があります。

「やっぱりワンマンじゃ生きていけないわ。」
と、ピーマンも、深くうなずいております。

_20170830_113056_convert_20170830155231.jpg
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク