玉三郎さんが語る、八千代座「坂東玉三郎 映像×舞踊公演」

今年の八千代座公演について、歌舞伎美人に記事がアップされました。
玉三郎さんが、それぞれどの部分を踊るのか、など語ってくださっています。

これから決めていらっしゃるとのことですが、現時点でのお話を
歌舞伎美人より、一部、抜粋させていただきますと

昼の部では『京鹿子娘道成寺』。使う映像を検討しながらこれから決めていくところと
断りながらも、「道行はつけず、初めは映像で、金冠と恋の手習い、
振り鼓を踊ろうかと考えています
。鐘に乗るところは映像になります」。

夕の部の『鷺娘』は、「初めの白無垢姿のところを引抜く手前まで踊り、
そこから映像になって、最後のぶっ返って海老ぞりになった後を踊ろうと考えています」。

『鷺娘』の前には荻江節の『稲舟』。10分足らずの曲なので、「初めのところだけ映像で、
ほぼ中身は踊りたい」。


恒例となっている「お目見得 口上」もこれまでと趣向を変え、「口上もしつつ、
たとえば、裃(かみしも)を陰で脱いで着付けになり、踊りの解説を入れたりしようかと
考えています。恋の手習いの難しいところはここ、手拭いはこう使うといったように、

お客様に親しみを込めて、舞踊家がどういう工夫をしているかお話しし、
実際の映像と踊りでなるほどなと納得していただけるなら、そういうこともいいかなと」。


うわぁぁ~~、すごいです。お楽しみがてんこ盛りです。どうしましょう。
裃を脱いで(陰で)着付けになって踊りの解説をしてくださるなんて!
映像と生の玉三郎さんとのコラボレーションも斬新でワクワクします。
初体験の嵐に、なるほどなと納得しすぎて鼻血が出そうです。(お下品な)

今日は、帝国ホテルのディナーショーがありますので、
ただでさえ朝からテンションマックスだったのですが
こちらの記事を読んで、さらに嬉しくて心臓が早打ちしています

歌舞伎美人の記事です。すでに八千代座でスクリーンの映り方などを試されたお話も。
http://www.kabuki-bito.jp/news/4195

記者会見された時の玉三郎さん。歌舞伎美人の写真をお借りいたしました。
tamasaburo_yachiyoza_0727_1.jpg
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク