いざなわれ遠征で、東北へ。

「坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界」は、
明日の酒田公演で、千穐楽ですね。

私は、6日の宇都宮と、10日の岩手へ、
いざなわれ遠征して参りました。

玉三郎さんは、第一幕では、黒のシャツに黒のスーツ、
グレーの光沢感のあるネクタイ、靴はマットタイプ。
第二幕では、ジャケットを引き抜いて(脱いで)ご登場。
ベルトがぴかぴか輝いていました。宇都宮の時は、
黒いシャツの衿元には、牡丹じゃなくて黒いボタンが2つ。
いつも衿元がお洒落な玉三郎さんのシャツスタイルです。

玉三郎さんの解説はスマートでユーモアいっぱいで
全体の進行も、昨年よりさらに洗練されていました。
今年は太鼓体験がなかったせいもあるでしょうかね。

今年は、第一幕で、鼓童の創世記の曲「族」や「彩」の演奏があり
昔の鼓童の舞台を思い出しながら、時の流れを旅することができました。

玉三郎さんが、鼓童の皆さんにインタビューをされる時の
なごやかな雰囲気がとても心地よくて、答える皆さんの笑顔も良くて
太鼓打ちの皆さんが少年のように感じられました。

今年も、住吉さんが変拍子を叩いてくださったのですが
住吉さんが「ゴジラのテーマは、9拍子なんですよ」と言って
「イチ二~ッ、サンシ~ゴ~ロクシチハチキュー♪」と数えながら
あのゴジラのテーマソングを、叩いたのです。
そしたら、玉三郎さんが間髪入れずに、
「そうだね、ゴジラが4拍子だったら行進してきちゃうからね」と
おっしゃって、それがツボに入ってしまって、おかしくておかしくて。
ゴジラが4拍子で行進している姿が浮かんじゃって、
しばらく笑いが止まりませんでした。
玉三郎さん、咄嗟に、面白すぎますよ。

「P.P.C」という曲では、玉三郎さんが、「これは、ポンポコチンって意味なの?」
と聞いたら、「いえ、ポクポクチンです」と鼓童の方が(笑)。
ずっとそういう調子で、スマートなのに、不意打ちの笑いがいっぱい。

第二幕では、「KADEN」がなぜ6人になったのか、とか、「巴」を創った理由や
玉三郎さんが、「螺旋」をどんな風にイメージされて、曲が生まれたか、など
曲の成り立ちや意味を知ることが出来て、ほぉ~へぇ~、そうだったのかぁ、
と、玉三郎さんの思いを知ることができて、心の中で、騒いでいました。

「幽玄」のお話も、ところどころ飛び出しました。
毛振りをされた方は、衣裳がとても重いし、首がどうにかなるかと思った、
車酔いみたいになった、とご苦労を笑顔で語っていらっしゃいました。
玉三郎さんが「重い衣裳は僕たちは慣れてるからね」とサラッとおっしゃって。
あのカッコいいお獅子の姿を思い出して、ひとり萌えモードになったりして。
中込健太さんは、「最初の50分は修業のようです」とおっしゃっていて
ああぁ、なんとなくわかるなぁと。

最後の曲、「螺旋」では、またしても圧倒されました。凄いです。
ずっと震えてました、地面も心も。ああいう迫力は、初めてです。
石塚さんが、「玉三郎さんが最初に「螺旋」という言葉を出されて、音が回っているような
曲を作りたいとおっしゃったところから始まった。色んな楽器の色んな音色が
色んなところから飛んでくるような曲」、とおっしゃいました。すると
玉三郎さんが、「鼓童がどんどん遠くへ遠くへ遠くへいっては、また戻ってきて、
戻ってきた時に、ちょっと違う場所にいる。回りながらだんだん天に向かっていけるように
ということで螺旋を創った」とおっしゃったんです。
凄いことおっしゃるなぁ~、と目を見開きました。メモメモ。
やっぱり発想からして面白いなぁと。遠くに行って戻ってきて、ちょっとずつ上に昇っていく
そんな構図を、ああいう曲に創り上げるなんて!素晴らしいですね。

玉三郎さんが若手の皆さんを起用されたことで、いろんな縛りがほどけて
風通しの良いチームになっていったのだな、ということや、ここまでの
道のりは想像できないくらい大変だったのだろうな、ということが感じられました。
聞けば聞くほど、奥深くて、人間味あふれる、鼓童の世界でした。

岩手の弾丸日帰り一人旅。せっかくだから、中尊寺にお詣りに。
日頃の行いが良すぎて、着いたら、どしゃ降りでした(オーマイガー)。
でも、濡れた新緑や苔がきれいで感動的。

この中に、金色堂が。思ったより小さくて、そのサイズが萌えポイントでした。

20170615_014_convert_20170616225613.jpg

能舞台では、「素謡 老松」が上演されていました。
歌舞伎座で拝見した玉三郎さんの「老松」を思い浮かべて、聞き入りました。

20170615_024_convert_20170616230229.jpg

「五月雨の 降り残してや 光堂」と詠んだ芭蕉さん。
「私も、鼓童の世界に、いざなわれてーなー」
と目で、訴えているように見えました。
一句詠むのも飽きちゃったのかな。

20170615_023_convert_20170616230740.jpg









プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク