新潟千穐楽の「幽玄」へ。

   名古屋公演の千穐楽、おめでとうございます。


前半戦の「幽玄」が、早くもフィナーレだなんて。アッと言う間でした。
でも、演じられる方にとっては、早くはないですよね。
あんなにも濃い舞台を連日、命をかけて演じていらっしゃるのですから。
素晴らしい舞台を、ありがとうございます!

だいぶ経ってしまいましたが新潟千穐楽の感想を書かせていただきます。

新潟県民会館は、オーチャードホールよりも舞台が低いので
足もとまで、全部見ることができました。かなり見え方が変わるものですね。
「羽衣」の時の、玉三郎さんの足の動きをすべて観ることができました。
運び方や角度など、とても洗練されていて無駄がなくて、美しいなぁと思いました。
能の摺り足はよく知りませんが、いろんな決まり事があるのだろうな、
と思いながら、一つ一つの足の動作に見入りました。
天女の衣裳の裾まで見えて、濃紺色の木と花の刺繍の柄がとても素敵でした。
オーチャードホールはなぜあんなに舞台が高いのでしょうね。
やっぱり、足元まで見えた方が断然、いいですね。
羽衣を受け取る時の天女の表情が、穏やかで明るくて、光が射し込んでいて
菩薩様だと思いました。ふんわりした空気に包まれていて。

「道成寺」の花子さんは、太鼓を打つ姿が軽快で、イケイケで
とっても楽しそうで、この姿を安珍が見たら、花子さんに惚れ直して
ちょいとぉ、俺も混ぜておくれよ~っ、と逆に花子さんのことを
追いかけてくるのではなかろうか、なんて思ってしまいました。
だって、ほんとうに自由で楽しそうなんですもん。
舞台のつくりによって、大蛇の動きも変わるのでしょうか。
スーッと滑り込んですぐ目の前に来た時は、ゾクッとしました。すごい迫力!

「石橋」では、何回観ても、玉さん獅子がカッコ良くて
泣けてきました。なんであんなにカッコいいんだ!
佇まいも、表情も、すべてがカッコいいんですけど、
なんたって玉さんの瞳がカッコいい!ということに気がつきました。
玉さん獅子の瞳に吸い込まれて泣きました。うえーん。

カーテンコールは迫熱。スタンディングオベーションで大盛り上がり。
玉三郎さんのあのキメのポーズで、幕となりました。いぇーい。

いつも八千代座の桝席で一緒になる福岡の方が、二つお隣の席にいらして
思わず、「なんで新潟にいるの???」と聞いてしまいました。
でも、私に言われたかぁ、ないですよね。
新潟で3連チャンされたそうです。私はまだまだ甘いです。

後半戦は、9月2日からの開幕ですね。
博多座ではどんな風に見えるのでしょう。
イメージとしては、一番しっくりくる劇場のような気がして、
やっぱり、博多座で、観てみたいなぁ~。
「幽玄」は、キリのない感動。
飛びます~飛びます~。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク