18日の「幽玄」へ。

初日は、心はここにしかないのに心ここにあらず状態で(ややこしい)
ずっとふわふわしていましたが、昨日は少し落ち着いて「幽玄」を観ました。

「羽衣」で鼓童の皆さんが着ている裃(かみしも)には、
玉三郎さんの熨斗菱の紋がついているんですね。
鼓童の皆さんが横一列にズラッと並んで演奏されることは今までもありましたが
裃をつけているとガラッと印象が変わりますね。荘厳。

昨日さらに快感だったことは
太鼓の音がどんどん激しくなっていき、天女や花子さんの感情の高ぶりと
かぶさりあうようにヒートアップしていって、すべてが頂点に達した時の
カタルシス!たまりません。スカッとして、自分の頭のてっぺんから
シュワ―ッと体中の毒がが抜けていくような快感がやってくるのです。
五感の悦楽というか、あの感覚は、あの場にいなくては味わえませんね。

台詞がまったくないのに、情感が細やかに伝わってきます。
玉三郎さんと舞踊家の方々の身体の動きや表情からいろんなことが読み取れて。
言葉にしない分、逆に伝わってくるものがあるなと思いました。

舞台装置がとてもシンプル。人間と、太鼓。
そこから放たれる「気」の凄さというか、
人間の気迫、生命の力がずんずん迫ってきて、
最後の獅子の毛振りで最高潮に達して、人間の気の圧に
気おされてしまって。自分が、冷静ではいられなくなるのです。
玉三郎さんが舞台の前のギリギリまで出ていらして
左側をキッと見て、毛を揺さぶり、右側をキッと見て毛を揺さぶり。
その目の輝きと、凛々しさと、動きの色っぽさに、身震いしました。
何だか凄い体験をしているなぁ、という瞬間の連続。クセになります。

明日は、何を感じるでしょうか。東京での感じ納め。早いなぁ。

グッズコーナーには、玉三郎さんの新作ファイルがいっぱい!
迷いに迷って、こちらをゲットしました。不思議な光。玉三郎さんが少年!

邇峨&繧薙ヵ繧。繧、繝ォ_000016_convert_20170519133404

遠征クィーンのパールさんが終演時間を心配されていたのでパシャッ。
ぜんぶで2時間20分の公演とのことです。

DSC_0926_convert_20170519132803.jpg





プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク