玉三郎さんにいざなわれて~♪幸せな週末♪

5月28日(土)、29日(日)に藝大奏楽堂で行われた
「坂東玉三郎がいざなう鼓童の世界」に行って参りましたっ!

当日は、玉三郎さんの晴れ男パワーが炸裂
上野の森は、見事に晴れわたりました。
20160531+022_convert_20160530190929.jpg

奏楽堂の正門で、玉三郎さんがお出迎えしてくださり。
20160531+032_convert_20160530191532.jpg

奏楽堂へといざなってくださる看板にそって、ゾロゾロ。
20160531+033_convert_20160530191944.jpg

沿道からは、こんな声が聴こえてきました♪

わたしも、いざなわれたいぞ。
20160531+036_convert_20160530192846.jpg

僕ちゃんも、いざなわれたいのだ。
20160531+038_convert_20160530193037.jpg

奏楽堂に吸い込まれる人々。ゾロゾロ
20160531+040_convert_20160530193152.jpg

前置きが長くて、すみません。
これから京都、香川、熊本でご覧になられる皆さんにお楽しみをとっておくために
コンサートの内容はお知らせしない方がいいかと思いますが
ちょっとだけ、お話しさせてください。

幕が開くと、すぐに玉三郎さんが登場してくださるのです、
ただただこれだけで、もう嬉しさはピークなのです。
(歌舞伎は、待って待って待って、キターッですからね)

柔らかい表情で、にこやかに、ひとこと、ひとことが温かく
とても丁寧に、お話ししてくださる玉三郎さん。
佐渡で過ごされた16年間の濃密な時間を
いろいろな角度から伝えてくださいました。

お稽古でこんなに長い時間を一緒に過ごしたのは鼓童が初めて、と
おっしゃって、今日は、稽古場を見てもらうような感じですね、と。
そして、玉三郎さんが鼓童のメンバーひとりひとりにインタビューされるのですが
フッとおかしいことをおっしゃるので、常に、客席は沸いていました。
本当に愉快な方ですよね。ダジャレも聞き逃しませんでしたよ。
声を出して、笑っちゃいました。サラッとおっしゃる一言が、おもしろすぎる。

鼓童の方たちとのやりとりが、温かくて楽しくて
とても和やかなのですが、芸術とか音楽性というお話になると
玉三郎さんの目がキリりりっと光り、一瞬、厳しい表情になるのです。
そういうところが、素敵なんですよね~(私の目はハート)。
鼓童の方たちとは家族のようでもあり師弟でもあり、
そういう絶妙なバランスで関係を築かれていらっしゃるのですね。

勉強になることも満載で、特に太鼓の変拍子を紐解いて解説してくださり
実際に、住吉さんが太鼓を打って聞かせてくださったのです。
はぁ~凄いな~と、眼から鱗がボロボロおちました。
新しく太鼓の演奏に奇数拍子を取り入れたのは玉三郎さんで、その難しい要求に
見事に応えてきた鼓童の方たちの演奏をあらためて素晴らしいということが
頭脳でもって理解できました。とにかくすごいんです。
玉三郎さんが横で、指を折って拍子をカウントしてくださる
その様子も楽しくて。遅れることなく、きっちり指を折ってらっしゃって
ああ、いつもお稽古場でもこうしてやってらっしゃるのかな、なんて想像したり。
日曜日は、ボサノバの拍子の時にイパネマの娘のリズムを口ずさんでくださったんですよ!!
わぁ~って、心の中で歓声を上げました。そのまま歌っていただきたかった!

そして、名言の数々。ひとつだけご紹介しますと、
太鼓打ちはつい太鼓に入り込んで、聞いている人のことを忘れてしまう。
だから、和太鼓の中に入らないで、太鼓を使って自分のハートを飛ばすこと。
そうやってお客様に自分の心を伝えること。そうあって欲しい。
とおっしゃいました。ハートを飛ばす!なんと素敵な表現でしょうか。
きっとお稽古場では、玉三郎さんの名言がいっぱい飛び出しているんでしょうね。

玉三郎さんは鼓童のみなさんに惜しみない愛情をかけて
全身全霊で指導されてきたのだなということが、お話からも演奏からも伝わってきて
最後の曲、「九界」を聞きながら感動で胸がいっぱいになって涙がこぼれました。

3回参加したのですが、毎回、玉三郎さんのお話に変化があって
演奏にも変化があって、いざなわれ三昧で心から楽しませていただきました。
こんな貴重なコンサートに参加させていただけて感謝でいっぱいです。
玉三郎さん、鼓童の皆さん、ありがとうございます。
(って、まだまだ、これからですよね。)

次は、京都劇場へゴー!
ベートーベンとショパンも連れて行ってあげたいなぁ。

鼓童のサイトに、当日の写真と記事がアップされています。
http://www.kodo.or.jp/blog/
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク