千穐楽の政岡さん

昨日26日は、歌舞伎座の千穐楽へ

悲しい、辛いと言いながら、今月も歌舞伎座通いを満喫。
つくづく、「歌舞伎って、おもしろいなぁ」と感じる「先代萩」でした。

花道から登場された政岡さんに、思わず、
25日間お疲れ様でした、と心の中でつぶやいてしまいました。
どんな舞台でも、25日間というのはハードだと思いますが
毎日、毎日、可愛い子供を殺されて、嘆き悲しむ25日間は
特に、心が擦り減ってしまいそう。
毎日、毎日、殺される千松くんも、毎日、毎日、なぶり殺しをする八汐さんも
それぞれどんな思いなのかなぁ、と、千穐楽には
舞台を観ながら、本筋と関係ないことをいろいろ考えてしまいます。

昨日も、政岡さんの声は艶やかでした。
すずめの唄の時は、温もりのある優しい歌声で、母を感じます。
飯炊きでは、茶筅でお米を研ぐ時のリズムもより力強く感じられて
子供たちに早く炊き立てご飯を食べさせたいという思いの強さが伝わってきました。
千松が殺される時の、政岡さんの目の火柱は怖ろしいほどでした。
絶対に絶えられないことを絶え忍ぶ時、身体を動かすことも、
手が震えることも許されないならば、感情のすべてが目に集結するのだな、と
普通ならば目をつぶってしまうところを、目を開けて表現する凄さに
これも歌舞伎ならではの修練の証しなのだと。
玉さんの目玉!あらためて天晴です
子役の皆さんも、本当に素晴らしくて、引っこむ時は拍手大喝采でした。
昨日は、欲しかったおもちゃを買ってもらったのかな。
子供の成長は早いですから、きっと、千松と鶴千代のお役を
二度やることはないのでしょうかね。あー惜しい。また拝見したいです。

素晴らしい舞台を拝見できて、明日へのエネルギーをいただきました!
玉三郎さんとご出演の皆さまに、声を大にして

どうもありがとうございました!

昨日は、歌舞伎座に着いてすぐに舞台写真を見に
三階へ行こうとして(今は売場が一階に移動したのを忘れてまして)、途中
二階の売店でフクギさんに教えてもらったパネトーネを確認しにいきましたら
私の大好きなクリームパンが売っていたので迷わずゲットしました。
温かいパンに、冷たい生クリームとカスタードが入っている、とのコピーが。
実際に食べてみたら、アイスクリームのように感じました。おいしかった!

第一声は、「あ、ちっちゃい!」でも、ちょうどいいかな。1個200円なりー。

2015092616160000_convert_20150927225532.jpg
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク