玉三郎さんトークショー〈その1〉@新阪急ホテル

3月21日に、大阪の新阪急ホテルで行われました
坂東玉三郎さんのトークディナーショーに参加されました
我らが(ほぼ)地元クィーンの京にんじんさんが大作レポートを
まとめてくださいましたどうもありがとうございます。

数回に分けて、ご紹介させていただきます

    

遅くなってしまいました。3月21日大阪新阪急ホテルは紫の間の
「坂東玉三郎トーク&ディナーショー 坂東玉三郎の語らいの夕べ 
~伝統と革新が出会う時~」のご報告です。

1時間30分、たっぷりのトークショーでした。
新阪急ホテルのディナーもおいしかったです。落ち着いた味でした。
コーヒーは適度に熱かったし。

開会アナウンスで、聞き手の真山仁さんの略歴と玉三郎さんとのご縁が紹介されました。
真山さん、1962年7月生まれ、ということは、玉三郎さんよりも12歳下ですね。
「コラプティオ」は、昨年、直木賞候補にノミネートされたのだそうです。

たまたま読んだ「週刊文春」(3月21日号)に、真山さん最新刊の「黙示」の
紹介記事(「著者は語る」)がありました。農業問題なんだとか。レビュー記事も
多いようで、直木賞作家になられる日も近いのではと思います。

会場の前に、夕霧の真紅の打掛が展示されていました。「ふき」は抜いてありました。
テーブルに、販売用の真山さんの著作、福田さんの写真集などが置いてありました。
閉会後、真山さんが本にサインされるというアナウンスがありました。わたしは購入も
サインも握手もしませんでしたが、「コラプティオ」と「黙示」、買っとけばよかったかなあ。
Mさんは「ハゲタカ」お買い上げ。

大まかな感想と進行について、まとめてみました。

印象に残ったことをあげると、以下のとおり。
・玉三郎さんの、とっちらかる話が楽しい
・玉三郎さんの、意図しないひとことが可笑しい
・玉三郎さんの、声色(おばちゃん集団とか、イタリア語と日本語のはずの、
 イタリア人との会話)が楽しい
・玉三郎さんの、「だけど」ではなくて「しかし」、
 「小さい時」ではなくて「ちっちゃいとき」、
 強く主張したいときの「・・・のぉ、・・・でぇ」という語尾の、玉三郎節は楽しい

楽しみながらも、わかってはいたつもりではありますが、あらためて、
厳しい、激しい、頑固な役者生活を送っておられるのだなあ、と再確認したトークショーでした。

続きを読む

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク