「蓮絲恋慕曼荼羅」鑑賞

国立劇場で文楽を観た帰りに、
せっかくだから玉三郎さんの映像を観てから
帰ろっかなー、と思い、同じ建物内にある
視聴覚室に立ち寄りました。

さて、何を観ようかなぁ~、そうだ!
久しぶりに(というか公演以来初めて)

初瀬と豊寿丸の「蓮絲恋慕曼荼羅」


を観たいな、と、係の方に尋ねると
「はい、ありますよ」とお返事が。おーっ、やった。
「ただ、今日は早くに閉館してしまうので
あと1時間でいいのでしたら」とのこと。

さっそくビデオを借りて、視聴覚室へ。
今日はワンルームではなく、仕切りのある大部屋でした。
(ワンルームでの「曾我綉侠御所染」鑑賞体験はこちらです。)

心優しい初瀬と、わがまま放題の豊寿丸のやりとり、
あー懐かしいなあ、そうだった、そうだった、
こういう照明で、シンプルな仕切りだけで。。。

初瀬が、いじわるな継母の照夜の前に打たれ、
叩かれる場面では、「こんなに激しかったっけ」と
あらためて、驚いてしまいました。

「蓮華糸恋曼荼羅」の思い出に浸りながら、
ふと気がつけば、時間があと15分しかありません。
エーッツ、最後まで観たいなー、と
あわてて早送りで、ジャーッジャーッと後半を
観ていきました。すると、発見が。

早送りにすると、だいたいの役者さん達の動きが
チャカチャカと手足がバラついた動きで思わず
おちゃらけて見えて笑ってしまったのですが

玉三郎さんだけは、動きがぶれないのです。
スーッと1本、身体に芯が通っているというのか。
早送りでも、美しいのですよ。「うぉ~」、唸りました。

早送りだからこそ、より動線がハッキリ明快に
映し出されるのかもしれませんね。発見なり。
時間の無いおかげで、いいものを見せていただきました。

ビデオには、3回のカーテンコールまでしっかりと
収められておりました。ブラヴォー!

国立劇場にいらしたら、視聴覚室での
「蓮絲恋慕曼荼羅」鑑賞(時折、早送り)、ぜひおすすめです!
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク