大正14年帝国劇場「洛北の秋」

「歌舞伎名優時代」という本を、見つけました
大正14年から昭和4年の間に上演された歌舞伎の舞台写真集。
オーー!面白いこれ即、飛びつきました

六代目尾上梅幸さんと15代目市村羽左衛門さん、十三代目 守田勘彌さん
(玉三郎さんの御祖父様)など当時の名優の舞台写真がズラリ
歌舞伎座や帝国劇場で上演された、勧進帳や助六、義経千本桜、
与話情浮名横櫛や色彩間苅豆などお馴染みの演目から観たことのない演目まで、
189点の写真が掲載されています。

当時の新聞社や雑誌社の方の劇評がついているのですが
これがぶっちゃけ本音で面白いんです。
例えば「十二時会稽曽我」という演目には
「一体曽我の狂言は上出来なのはひとつもない。それでも
明治26年頃には上品ぶった客には喜ばれたには違いない。しかし
今の見物の目で観ると特別上品に見える点もない。たださらりと
しているだけのことだ(朝日新聞 小山内薫)」ですってー

概して暗めの写真が多いのですが、モノクロの陰影が、
かえって、名優さんたちの情感を強く映し出しているよう

やっぱり梅幸さんが、いいなあ。かっこいいです
揚巻もお富さんも、洒脱で、みずみずしい色気。
土蜘と茨木は、その眼や全身から放たれる凄まじいパワーが
写真からはみ出して迫ってくるようです

なかでも、ミョーに気になったのが大正14年11月30日に
帝国劇場で撮影された「洛北の秋」の写真でした

見るからに寂しい庵室で、剃髪の梅幸さん(蓮月という尼)が、
茶碗を持って何やら感慨深げ。庵室の前には、落ち葉が散らばって。
うーん、侘しいけどパワーがある。何故だろう、この写真、
ミョーに気になるあ~気になる気になる~。
作は、九条武子 舞台装置は、鳥居清忠とあります。

一体、どんなストーリーなんでしょう。
(ここから長くなります)
九条武子さんって誰?と調べてみると
西本願寺21世法主大谷光尊の娘で「お西(西本願寺)のお姫様」と
呼ばれた身分の方。のちに男爵九条良致(よしむね)氏に嫁ぎ、
明治の美貌歌人として有名だった女性のようですそして
武子さん(慣れ慣れしい)の著書である「無憂華」の中に
戯曲「洛北の秋」が収められていることがわかりました。
ミョーに気になるので、読んでみました!

蓮月は美しく謎めいた世捨て人。蓮月を親のように慕う
これまた美しい遊女の浮舟が庵を訪れて、明日には廓を抜けだして
駆け落ちすること、一目会って御わびの言葉を聞いて頂きたい、と
涙ながらに告白します。

浮舟:とても救はれぬ境涯から優曇華の花見るやうな恋を知り、
   めぐり合うた二人(相手は会津のお侍)、どうぞゆるして下されませ。
   はじめの夜からあの清い澄みきつた瞳には、吸はれてゆく様で御座んした。
   それにしても新たな心の苦しみはこの汚れた体、われながら
   痛ましい程あはれに見えまする。そしてそらおそろしい罪の心もちさへ
   いたしまする。女の操といふものがほんたうに判つてまいりました。

蓮月:さうぢや、浮舟さん。操といふものはなかなかこみ入つたもの。
   見ようで解釈もちがひませうが、真実といふものから生みだされた
   ものでないかぎり、それはほんたうのものではありませぬ。
   そこからうまれた美しい心もちさへあれば、
   過去の汚れは浄めてゆけるとおもひまする。

浮舟:では自分の思ふ心に偽りがなければ、過去の汚れは浄化されると
   仰しやるので御座んすかえ。体も、すぎし日の心までも……。
   私はこの様に身も世もすてる程思へば思ふほど此身を捧げていること   
   が、大きな罪を造つてるので無いかとおそれてをりますのに。

蓮月:苦しいと自らせめるその心があれば、もう浄化されてゆくので御座んす。
   〈さらに対話は続く~〉

テーマは、「女の操」?違うか。「真なる魂の声」!かな。
梅幸さんの蓮月を、ナマで拝見したかったなあ。声を聞いてみたい。
今の時代だからこそ、これを舞台で観てみたい気もします。
玉さんだったら、やっぱり蓮月かな。剃髪の玉さん!美しいでしょうね。
でも浮舟もぴったりだなあ、恋に落ちた遊女の儚さ。
妄想が炸裂しちゃう舞台写真集

でも、つくづく玉三郎さんを、ナマで見て、体感できる
幸福感を噛み締めました。だって、未来の人々は
玉さんの写真集を、この本と同じような思いで
見るわけですよね。ありがたや、ありがたや

表紙の写真は、昭和2年2月25日 歌舞伎座
「道行旅路の花聟」
腰元おかる 尾上梅幸
早野勘平  市村羽左衛門
清元延寿太夫出勤

観客の女性はみんな着物に日本髪。
「THE LAST SHOW」の観客写真も将来、
うわぁああああー、みんな洋服キテル、とかなるのでしょうか。

????????????????????£040_convert_20100930233623





プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク