「破格の夢舞台」

2日の読売新聞朝刊に、玉三郎さんのコンサートの記事がありますよ、と
Mさんが、送ってくださいました。ありがとうございます。

「越路吹雪への敬意 随所に」というタイトルで
珠玉のコンサートの感動がつぶさに。素晴らしい!

「登場一つで破格の夢舞台を期待させる坂東玉三郎は、
実に類まれな表現者だ」とあります、まさにまさに!
「バラ色の人生」で登場された時のあの劇場のどよめき。
「実に類まれな表現者」という表現が、玉三郎さんにぴったりです。

「優雅に空気を揺らすような「私のヴァイオリン」が絶品。」とあって
まさにまさに!ロマンあふれる歌声に心の糸が震えました。

何よりも、ラストの玉三郎さんのコメントに胸がジーン。
私も、感じていました。「愛の讃歌」を歌い終わった時、玉三郎さんの表情が
ふっと柔らかくなって、すごくいい笑顔をされました。今もはっきり思い出せます。
記者の清川さんの視点にブラヴォー!

越路さんへの愛と敬意にあふれた夢のような時間を
これからもずっと楽しませていただけるなんて最高です。

今日は、いよいよ大阪フェスティバルホールでのスペシャルコンサート♪
きっとまた大盛り上がりですね、いいなぁ。行きたかったなぁ。
皆さまのレポートをお待ちしておりまする。よろしくお願いいたします!

こちらに記事をご紹介させていただきます。

2DcJq9WfUwAAonfo_convert_20180503103025.jpg

目でも楽しめるコンサート♪

「坂東玉三郎が 越路吹雪を歌う「愛の讃歌」コンサート」と題して、
家庭画報.comに、玉三郎さんのインタビュー記事が掲載されています。

その中で、玉三郎さんが、「衣裳はもちろん、本番では私もブルガリのジュエリーを
つけさせていただきますので、目でも楽しんでいただけるコンサートになると思います」と
語っていらっしゃいますが、実際に伊勢崎で体験させていただきました。
衣裳やジュエリーがキラキラ輝いて、照明によって色々に煌めき方が変化して、
耳はもちろん、目もたいそう喜ぶコンサートでした。

そして、「私が目指しているのは“皆で楽しく歌いましょう”というひと言に尽きます」
と語っていらっしゃるそのままに、玉三郎さん、真琴さん、姿月さんの明るくて
楽しそうな表情がとてもとても印象的でした。楽しさは客席にも充満していました。

オオッと思ったのは、「私が宝塚を拝見していたのは、眞帆志ぶきさんの時代ですので」
というところです。私は、小学生の頃、「この恋は雲の涯まで」という作品で、
花組の甲にしきさんの大ファンになって宝塚に通い始めました。その当時、
確か専科にいらした眞帆志ぶきさんが、花組の舞台にご出演になられたことがありました。
玉三郎さんと同じ時代に宝塚を観ていたのだなぁ、なーんて勝手に喜んでおります。
甲にしきさんもコウチャンと呼ばれていました。でも、退団されてしまったので、
その後、トップスターになった瀬戸内美八さんの舞台を熱心に観ていましたが、
数年前に、玉三郎さんがご出演になられた大阪・国立文楽劇場での「上方花舞台」に、
瀬戸内美八さんもご出演でフィナーレではステージに一緒に並ばれたのです。
もうびっくりするやら、懐かしいやら。榛名由梨さんもいらっしゃいました。
宝塚にはいい思い出がいっぱいあって、今回、玉三郎さんが共演されるおかげで、
大昔に観た舞台のことをいろいろ思い返して、しみじみしています。
擦りきれるくらい聞いた宝塚のミュージカルのLPはきっとどこかにあるはずなので
探してみようと思います。これを機に、レコードプレイヤーも買っちゃおうかなぁ。

なんてことより、

こちらで全文読めますので、どうぞ。お写真もいっぱい。
https://www.kateigaho.com/migaku/19468/3/

玉三郎さんの素敵な佇まい。(お写真をお借りいたします。)
180412_intbt_01.jpg

玉三郎さんのコンサート情報♪

4月からスタートする玉三郎さんのコンサート
「坂東玉三郎 越路吹雪を歌う『愛の讃歌』」の制作発表の詳細が
宝塚ジャーナルのサイトにアップされています。

ほぼ全文といった感じで、記者会見での談話を書き起こしてくださっています。
さすが宝塚ジャーナルじゃー。って、よく知らないんですけどね。

ステージを華やかに飾る衣裳のことや
玉三郎さんが何を歌われるのか!
宝塚OGの皆さんと海宝さんが何を歌われるのか!
ちょっとだけ、発表してくださっています。
わぁ~あの曲とあの曲も!たのしみ!

こちらを熟読するのじゃー。
http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1892769.html

せっかくですので素敵な写真をお借りいたします。謝謝。

808fef69.jpg

お声が聞きたいですね。あと21回寝ると聞けるのじゃー。

cef8c049-s.jpg

「ようこそ歌舞伎へ 坂東玉三郎」@歌舞伎美人

玉三郎さんのインタビュー記事が、歌舞伎美人に掲載されました。

『於染久松色読販(お染の七役)』の「小梅莨屋(たばこや)」と
「瓦町油屋」の土手のお六について、直々に見どころなどを語ってくださっていて
ほぉ~へぇ~ふむふむ、と読ませていただきました。

「玉三郎さんのこと、お教えします」なんて項目も!
コンサートについてもちょこっとお答えされています。

写真の切り取り方にもインパクトが。
玉三郎さんの瞳の色が、美しいのですよね。うひょ~

http://www.kabuki-bito.jp/special/welcometokabuki/76/index.html

松尾芸能賞大賞に、玉三郎さん!

舞台芸能の振興に寄与する個人、団体を表彰する松尾芸能賞
第39回受賞者が今日15日、発表されました。

坂東玉三郎さんが大賞を受賞されました!!



すばらしいですね。まずは第一報を。

松尾芸能賞
https://t.co/MTK8PfidZf
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク