Afterimage (Powidoki)

ポーランドの映画監督アンジェイ・ワイダ監督が天国に旅立たれました。

ワイダ監督の作品で、玉三郎さんがムイシュキン公爵とナスターシャの
二役を演じられた「ナスターシャ」の舞台も映画も、私はオンタイムでは拝見でき
ませんでしたが、DVDになった映画「ナスターシャ」を拝見しました。
さらに、東京・森下のベニサン・ピットで上演された舞台「ナスターシャ」の
お稽古の様子をドキュメンタリーにしたテレビ番組を、後々、見ることができました。
その中では、ワイダ監督と玉三郎さんとラゴージン役の辻萬長さんが
「ナスターシャ」という作品を創り上げていく過程の一瞬、一瞬に、
見ていて胸が苦しくなるような葛藤が映し出されていました。

ワイダ監督はその中で
「私たち映画監督の仕事は、宝石職人の仕事に似ています。
たくさんの宝石がそれぞれの輝きを損なうことなく総合的に光り輝くように
すること。それが最も重要なことです。私は、今、とても緊張感でいっぱいです。
私の考えや夢が実現するかどうかはすべて私の責任にかかっているからです」
と語られて最後ニコリと微笑まれたのが、とても印象に残りました。

そして、玉三郎さんはそのお稽古の合間のインタビューに答えて
「けっこう楽しいっていうか、ムイシュキンという男の役をやるのは初めてだし
もちろん苦しみとかそういう表現に対するものはむずかしいものがあるけれども
新しい自分を発見していくみたいだし、発見してくれるのがワイダさんなので
まったく信頼関係の中で発見してもらえるから楽しい」
と語られてて、その清々しい表情が心に残りました。

京都賞のワークショップの時に、玉三郎さんが
「ナスターシャをぜひ観ていただきたい」とおっしゃったときの
その強い眼差しが、今も忘れられません。

アンジェイ・ワイダ監督は、この秋、「グディニャ映画祭」(ポーランド映画を対象とした
年に1回のポーランド映画の祭典)で、審査員特別賞を受賞されました。

映画のタイトルは、「Afterimage(Powidoki)」。

日本でも上映されるこことを切に願います。
生涯現役で素晴らしい作品を創造された
アンジェイ・ワイダ監督のご冥福をお祈りいたします。

授賞式でのアンジェイ・ワイダ監督の笑顔が輝いていて最高!

147591475760553163177.jpg

◆アウト・オブ・コンペティション 審査員特別賞
(Special Out-of-Competition Jury Award)
◎アンジェイ・ワイダ “Afterimage(Powidoki)”(ポーランド)
出演:ボグスワフ・リンダ(Boguslaw Linda)、Bronislawa Zamachowska、
    ゾフィア・ヴィフラチュ(Zofia Wichlacz)
物語:ポーランドのアヴァンギャルドな画家Władysław Strzemiński(1893-1952)が、
戦後、ウッチで造形芸術高等学校で教師をしていた頃の物語を描く。
彼は、芸術に関する本を書いていたが、彼の考えは、スターリン独裁下で、
大衆にとって善とされたもの、すなわち、社会主義リアリズムや表層実証主義、
とは真っ向から対立するものだった。

トロント国際映画祭2016 MASTERS部門出品。
釜山国際映画祭2016 ワールド・シネマ部門出品。
リオ・デ・ジャネイロ国際映画祭2016出品。
シカゴ国際映画祭2016出品。
米国アカデミー賞2017外国語映画賞 ポーランド代表。

日本公開が2017年6月に決まったそうです!ヤッタ!
詳細は、こちらに。

https://www.cinemaniera.com/movie/29462
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク