ダダダダDADA------N♪たのしかったぁ♪

赤坂アクトシアターで、2日からスタートした
「打男」の公演に行って参りました。

90分間、休みなく太鼓を打ち続ける
玉三郎さんの演出は、またまた進化していて、
さらに濃密に、ハードに、ひときわ柔らかく、
芸術が爆発していました

これからご覧になられる方がほとんどなので
あまり多くは語れませんのですが

90分間、びっくり箱を開け続けるような
たのしさ!でした。

次から次に、見せ方が変化していって
緊張と弛緩が心地よく展開して
テンションは上がりっぱなし

太鼓とユーモア。
とてつもない能力を備えた打ち手たちが
くだける瞬間、その落差にしびれちゃいます。

締め太鼓を使って手や鈴での演奏による”遊び心”も
さらにバージョンアップしていて、たまらなく愉快でした。
打男のみなさんのほぐれた表情。
見留さん、役者ですね。声を出して笑っちゃいました。

見留さん、小田さん、船橋さんの3人での巴の太鼓が
私はとても好きなのです。あのリズム。
今回は、動きがさらにしなやか&ダンサブルで
舞いながら打っているようでした。

あと8人の並びが鮮やかに早変わりしたり。
見せ方の新境地がいろいろ、玉さんならではですね。

桶胴太鼓では、ひとりひとりにスポットがあてられて
順番に叩いていきますが、中込さんが「あしたのジョー」の力石に見えました。
~伝説~では、ギリシャ彫刻に見えましたが、打男では戦闘モードなのかな。

これもいつも感じますが、照明がとってもいいんですよね。
幻想的で、柔らかで、筋肉の陰影が美しく浮彫りになって
人の身体の動きを詩的に映し出していく明かり。
汗は、ボディを美しく見せるためにあるのか、な~んて思ったり。

先日、放送されたテレビ番組「坂東玉三郎 佐渡からパリへ」の中で
シャトレ座で演奏を終えた後、スーツ姿の打男のみなさんにハッとしたんです。
タイトなスーツが、ダンディで、カッコいいんですよね。
あーこのカッコで、太鼓を打っている姿を見たいな、と思っていたら
一番最初は、黒いシャツを着ていたんですね。
鼓童の~伝説~でも、「KADEN」では、洋服で篠笛を吹いているのですが
普段着というか洋服を着て演奏するという演出が私のツボにはまってしまって
いい~すごくいい~~、と、とっても新鮮でした。

最後、見留さんの大太鼓の演奏を見ていたら
いろんな感情が溢れだして、涙も溢れちゃいました。
ハートにきました。見留さんの大きさを感じます。

アッと言うまにフィナーレ。
また最初と同じグランタンの並びに戻ったときは
今までの90分がどこか夢の中の出来事のように感じられました。

拍手喝采。カーテンコールでは、
出た―!玉三郎さんがご挨拶に登場されました。
とってもお洒落な黒づくしで(Y'sのお洋服かな)
客席から盛大に拍手が送られました。
玉さん最高!かっこいー!
人の心を打つ男、それは玉三郎さんです。

気持ちが満たされて、崇高な芸術と愉快なショーを
同時に堪能したような気分に浸りきって会場をあとにしました。
興奮のあまり、客席にカーディガンを忘れてきちゃいました!

会場で配布されたパンフレットも素敵です!
まず表紙は
謇鍋塙・・36_convert_20120704083919

中面では、打男のメンバーひとりひとりの紹介が。
写真と共に、みなさんが大事にされている思いが綴られていて、
そのメッセージが8人8様で、いいんですよね。
さすがいいこと言うなー憎いねこのぉーって感じです。
玉三郎さんはご挨拶文だけで、写真はあえて掲載されていないところが
これまたいいですね。(ちょっと淋しいけど)

たとえば、坂本さん。素直な願いにグッときます。
謇鍋塙2137_convert_20120704083947

そして表4は、今回、特別協賛の日本ロレックスさん。
このパンフレットの制作・提供もロレックスさんなんですね。
(なんと、このパンフは無料配布。永久保存版です)
大感謝であります。これから先も!よろしくお願いいたします

謇鍋塙3138_convert_20120704084151

坂本さんの応援ブログで、ご本人が、ジュネーブのロレックスさんを
訪れた時のことを綴っていらっしゃいました。
http://6725.teacup.com/kodomasayuki/bbs?OF=0

あーたのしかったなーまだまだ余韻&心の振動が続いています。
カーディガンどうしよー。(あ、コンサートの時にもらってこよーっと)

「打男DADAN」特別番組!

鼓童のコンサート会場に、
「打男DADAN」の特別番組放送決定!
のお知らせチラシがありました。

「ロレックスpresents 打男 DADAN」公演スペシャル
坂東玉三郎 佐渡からパリへ

神奈川にお住いの方は、ひと足お先に見られますね!

img001_convert_20120518215941.jpg

「パリ公演、好評」@朝日新聞

9日付朝日新聞夕刊に、玉三郎さんの記事が掲載されていますよー
っと、Мさまに、教えていただきました。

こちらに、ご紹介させていただきます。

「和太鼓パリ公演、好評」

新潟・佐渡島を拠点に世界で活動する和太鼓集団・鼓童の
「打男」が、2月中旬、パリのシャトレー劇場で上演された。

芸術監督を務めたのは、歌舞伎俳優の坂東玉三郎さん(61)。
「土着の精神性を守りつつ、楽しさや見た目の美しさを融合した」と語った。

目の肥えたフランスの観客の反応は上々。太鼓の打ち手のひとりが
ビデオを構え、必死の形相でバチを連打する仲間の姿を舞台のスクリーンに
映し出す斬新な演出に、大きな拍手が鳴りやまなかった。

約20年ぶりに訪れた欧州は、経済危機のただ中にある。
「世界的に暗い雰囲気が漂っている。だからこそ、
芸術の出番だ。劇場の中では現実を離れ、空想の世界に遊び、
幸せを感じてほしい」


大きな拍手が鳴りやまなかった!!に、大きな拍手です。
ビデオで打ち手を映す演出を日本公演で拝見したときは
打ち手と太鼓の距離はこのくらいなのか、とか、
胸、腕、肩の筋肉の動きや顔の表情など、
いろいろな角度から”太鼓打ち”を間近に見られたことが新鮮でした。

玉三郎さんの心躍る演出、太鼓の音に宿る熱。

”メラメラと燃え上がる炎”というよりも、”炭の中で煌めく炎”のように
硬質で、芯の通った、力を内に秘めた熱、をいつも感じます。

7月の公演が今から待ち遠しいです。
(最近、待ち遠しいことばかり

「打男」プロモーション映像♪

今年の7月2日~4日まで、赤坂アクトシアターで上演される

ロレックスpresents「打男DADAN」の
プロモーション映像がご覧になれますです。


玉三郎さんの声がするので、おやっ?と
声だけで満足していたのですが、ズルズルっと下にスクロールすると
玉三郎さんのお顔も、動く姿も、拝見できますです。

映像は、あっという間に終わっちゃうのですが
いいですねえ、こういうの。何回も、見ちゃいました。

7月も、あっという間、ですね

こちらでご覧になれますです
http://www.tbs.co.jp/act/event/dadan2012/

”日本男児のかっこよさ”

パリで「打男」をご覧になられた方たちのブログを
Мさんに、教えていただきました。ありがとうございます。

こちらにご紹介させていただきます。

あのHISパリ支店様のブログです
http://ameblo.jp/his-paris/entry-11167765992.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

テツさんのブログですたたた玉三郎んのお姿も。
http://ameblo.jp/tetsuya0901/

劇場内の様子を写真で拝見して、またもやハイテンションに
ジッとしてはいられない、と、DADANのDVDを見ながら
ひとりでノリノリ~ハレヒレホレ~仕事になりませんわ~

このDVDの最初に玉三郎さんも登場するんですよ、
ヘアメイクさんとして

7月の日本公演が今から楽しみです
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク