心の桃源郷 @ 八千代座

八千代座から戻られたお座敷の皆さんの、
「まだ夢心地」「またまた泣いてる」「夢と幻を彷徨っている」という症状は
その後、少しは回復されましたでしょうか。不治娘だから無理?

そういう私も、まだまだ回復はしておりません。
今なお、心は、桃源郷にいます。ふわふわ~。
目をつぶれば、城ばかりか星をも傾かせる「傾星」の姿が

第一部「口上」では、25周年を迎えての思いを、飾らない言葉で
ユーモアを交えて語られた玉三郎さん。白塗りと裃姿ながらも、目の前にいらしたのは
女形ではなくひとりの人間でいらして、素顔にふれられた思いがしました。

その玉三郎さんが、第二部「傾城」で花道から登場された時の驚きたるや!
木造りの小屋の中、ゆらゆらとした灯りに、ぼんやりと浮かびあがる
陽炎のような花魁の姿を目にした瞬間、あぁ、この光景は江戸時代のものだ、と
そう信じられたのです。今、目の前を、華やかで美しくて、高貴で、
どこか物悲し気な花魁が、廊下を歩いて奥のお座敷に向かっている。
冒頭から空気ごと連れていかれる感じで、異世界に入りこんでしまいました。

花魁の踊りを見ているときも、ずっと不思議な感覚にとらわれていました。
顔を見ると玉三郎さんなのだけど、でも玉三郎さんはそこにいない。
すぐ眼の前で踊っているこの方は、いったい誰なんだろう!と。
そして、このひとを想って泣いている男性も、きっといるんだろうな、と。
なんて綺麗で、色っぽい舞踊なんでしょう。

打掛けが、鳳凰柄の赤から、孔雀柄の紫、そして鷺柄(ですかね)の黒へと
四季の移ろいうのように変化していくのですが、こちらの衣裳は
南座で開催された「坂東玉三郎 美の世界展」で展示されていました。
実際に纏われているお姿を、あの近さで拝見できるなんて!ゴージャス。

襖には紫陽花や牡丹、ススキ、菖蒲がとても美しい色彩で描かれていました。
花魁のシルエットが、一瞬、襖の白いところに映し出されて、何ともエレガント。
打掛の下に来ているお着物のもみじの黄色も、ハッとするほど鮮やかでした。

第三部「藤娘」は、屏風から出てくるときも引っ込むときも
どこをとっても、日本一!可愛らしくって、チャーミング。
ほろ酔いのお姿は、本当にお酒が入っているかのよう。
私は、藤娘が上手へ下手へ、ご挨拶するシーンをとても楽しみにしていました。
八千代座のあの舞台で踊ったら、どんな風になるんだろうって。
恥ずかしそうに振袖でお顔を隠す藤娘に、上手でワァーッ、下手でキャーッ、
中央でウワーッと歓声が上がって、こちらの気分もピンク色に。
一瞬にして、八千代座に春がやってきたようでした。

あの近さでわかったことが、ありました。
玉三郎さんの動きには、雑音が一切無いということ。
スッと静かなまま、流れるように動きが繋がっていくのです。
無駄な動きが皆無なのだということが、耳でも感じとれました。
あと、藤の花の竿には、細い針金が円形に張ってあって
三つの房がいつも離れてユサユサするような仕掛けがありました。
最後、その竿を藤娘が右へ左へと振るのですが、すぐ頭上で
藤の花がユッサ~ユッサ~と揺れるので、締めくくりに
お祓いをしていただいているようでした。得した気分(笑)。

カーテンコールも八千代座のお楽しみのひとつ。
花道に出ていらしたら、二階のお客さんが落ちそうになるくらい
前に乗り出して歓声を上げる光景は、きっと江戸時代も同じだったんだろうなぁ、と
芝居小屋全体がどよめく感じで、外から見たら小屋が揺れてるのでは
とさえ思ってしまいます。熱いマグマのカーテンコール。

来年も、きっとありますよね!
心の桃源郷へ、いそいそと出かける秋の年中行事。
この先も、26周年、27周年、28周年…と、ずっと続いていきますように!

不治娘の皆さん、観たい演目を事務局に送りましょうね

玉三郎さんの口上@八千代座

先発隊の皆様からの大盛り上がりコメントに胸踊らせつつ
10月31日、11月1日の2日間、熊本県山鹿市にある八千代座で
「坂東玉三郎特別舞踊公演」を堪能して参りました。うぎゃぁー(余韻の雄叫び)

福岡空港から、八千代座直行バスに乗ってイザ山鹿へ。
お隣に座られたAさんとは初対面なのにお話しが
弾みに弾んで、あっという間の1時間45分でした。
お酒の話をしている時に薄々感ずかれたそうですが(笑)、
「えっ?もしかして、あなたは桔梗さんですか?」とおっしゃられて。
いつもこちらのお座敷を覗いてくださっているとのことで、大感動!
おかげでとても楽しい旅となりました。Aさん、どうもありがとうございました。

八千代座の玄関口で、靴入れ用のビニール袋をもらうと、
あー、またやって来たんだなぁ、としみじみ。ワクワクはピーク
ブーツをぎゅうぎゅう押し込んだので、ビニールが破けそうに(笑)。

13時過ぎに小屋の中に入ると、すでにお客さんでいっぱいでした。
お弁当を食べてる人、お喋りしている人、みんな笑顔。私は、
ゲットしたパンフレットを眺めたり(興奮して文字が読めない)
天井を見上げたりしながら、開幕の時を待ちました。

太鼓とお囃子の音が鳴り始めて、ザザザーッと幕が引かれると
すぐ目の前に、口上の装いをした玉三郎さんがお辞儀をして座ってらっしゃいました。
左へ、右へ、そして中央へと視線を送られて、深々とご挨拶を。
わぁーすぐそこに、玉三郎さんの目が、口が、鼻がーそれは顔だー(気分は動転)

にこやかに、和やかに、たっぷりとお話ししてくださいました。
31日と1日では内容に変化があって、初日から参戦の京にんじんさんも
「毎日、少しずつ違うねぇ」とおっしゃっていました。
頭の中で、何日分もの口上がどのように整理されているのでしょうか、
玉三郎さんの脳内を拝見したくなります。
とても柔らかな表情で、愛嬌たっぷり、ユーモアたっぷり。
ところどころで自然に笑いが起こりました。

2日間の内容を、下記に書き出してみますね。

①楽屋の壁には、昔、八千代座にご出演になられた方の「落書き」が
  刻まれている。大変尊敬している花柳章太郎先生のものもある。いろいろな
  役者さんたちのお名前があり、「落書き」と言ってはなんだけど、
  今となっては、とても貴重な記録になっている。こうして、この先も、
  200年、300年と、俳優たちに受け継がれていく芝居小屋であってほしい。
  見学される時に、ぜひ、「落書き」を、見つけてみてください。

②今はインターネットやメール、ラインで(玉三郎さんの口から「ライン」という
 言葉が出たのは初めて。びっくりです)繋がっているけれども、芝居小屋のこういう
 空間でお客様と繋がること、そんな生のコミュニケーションを大切にしたい。
 八千代座ではこの「口上」が恒例になっているが、舞踊だけだと、ずっと喋らないので、
 声をお聞かせする意味でも、「口上」を続けている。好評なので続けている。
(はい、大好評です。舞踊だとずっと喋らない、というところで受けてしまいました。
 毎回、お声が聞けるお心づかいが嬉しくて有り難くて、本当に楽しみな「口上」です)

③八千代座に来る5年前に、沢村宗十郎さんが金丸座を復興した。
 それから地方のあちこちでも芝居小屋が復活して、小屋が生きている。
 芝居ができるようになったのは、とても素晴らしいこと。
 
④一番最初に八千代座を見学に来た時に、二階は床が抜ける状態だった。
 つい好奇心旺盛なので危ないと言われても二階へ上がってみたくなっちゃった。
 (「好奇心」の下りでは、いたずら小僧顔だったような気がします)
 第一回目の公演の時は、暖房もないので毛布やホカロンをお配りして寒さを凌いだ。
 (念願の「ホカロン」が聞けて大満足です。)今では床暖房も冷房もある。
 重要文化財なので冷房はあまりふさわしくないが、お客さまに快適に過ごして
 いただくためには忍びない。

⑤八千代座の改装は、照明や衣裳、鬘、小道具などの裏方様にとっても
 快適な環境になった。舞台と楽屋の間が、スイスイ通れるようになった。
 演者だけでは何もできない、地方さんや裏方様があっての舞台、ということを
 何回もおっしゃっていました。

⑥昔の八千代座の塗り壁には、艶が出るようにお酒が混ぜられていた。
 最初来た時は、天井には何も描かれていないただの板だったが、
 昔そこに描かれていた絵柄(お店の広告)の図版が出てきて、改築の時にそれを
 再現して天井の一枚一枚に描いた。最初は色が鮮やか過ぎる感も
 あったが、今ではちょうど良い色合いに落ち着いてきた。

⑦八千代座実行委員会のメンバーが代替わりして若手メンバーになった。
 若い世代に受け継がれて、また自分が呼んでもらえたことがとても嬉しい。
 この先、いろんな役者さんたちに出てもらえるような道が出来て、自分の役目は
 もう済んだ。でも、出ないと言ってるわけではないですよ(笑)、
 と付け足されました。 (よかった!)

⑧今年は八千代座25周年で、2日は250回目の公演になる記念すべき年。
 自分の誕生日も25日である。それだからというわけではないが、25という数字が好き。
 25番目とか、25列目が好き。

⑨今回、上演する「藤娘」は1826年、「傾城」は1828年に作られたもので
 200年近くも続いている。やはり曲の良さというものがメインであること。
 ここで、玉三郎さんが長唄の曲と踊りを「小説」にたとえられました。
 小説の文章を曲としたら、踊りは挿絵のようなもの。(挿絵のない小説もありますが
 という細やかな注釈を笑顔で語られて)あくまでも曲が良くなければ成立しないし
 これまで踊り継がれても来なかった。やっぱり名曲が残っている。いい曲は、
 誰が踊っても楽しいし、それぞれの良さがある。
(しかし玉三郎さんの挿絵は、超豪華版の飛び出す絵本です。)

⑩今まで、40演目は演じてきて、出し尽くした感がある。ひとりでできる舞踊は
 そうそう数が無い。八千代座でやって欲しい演目があったら言ってください。
 (ええ~~~っ!と声を上げそうになりました。何て嬉しいことを!とぶっ飛びました。
 やって欲しい演目、言っちゃいますぜ~玉三郎さん、最高のメッセージ!
 何がいいかな、と、八千代座の帰り道から、ずーっと、考えています。)

ざざっとしたメモを元に書いたので、記憶違いがあったら、失礼いたします。
口上の間は、ずっと手を膝の前についたままの姿勢なんですよね。
家でやってみましたが(やるなー)、喉が圧迫されるあの姿勢で
15分位声を出し続けるって大変。
玉三郎さんのスーッと長い指が、目に焼き付いています。きれいな手。
踊りの時は、娘さんの小さな手になるんですよね。玉さんマジックだー。

昨日は、250回目の公演で久寿玉が割られたようですよ。
くまにち新聞さんから、ちょこっとお写真を引用させていただきます。
すみませんーもうしませんー今回だけですー。

20151103001_DAT_20151102205502001.jpg

あっと言う間に、今日は、千穐楽ですね。
あと10分で開幕です。とざい~とーざい~~~~!
心は八千代座に飛んでいきます
  

八千代座二日目 by 京にんじんさん

我らが遠征クィーンの京にんじんさんが、
今日も、早々に八千代座観劇感激レポを送ってくださいました!

山鹿の温泉に浸かりながらの、玉三郎さん公演三昧!
羨ましい―です。心もお肌も、とろけっちゃいますね。いつかやってみたい。
さて、いつまで滞在されるのでしょうか!もしかして全日通し!
毎日、行った気分に浸れます。ひたすら感謝申し上げます。
こちらでも、ご紹介させていただきますね。



2日目も無事終演、カーテンコール3回でした。

今日は、昨日よりも客席が弾けていて、
気持ちいいくらいに、笑いが起こりました。
「去年、25周年と言っておりましたが、実は今年が25周年なのです」に、
ワッと笑い声。

「数字ネタ」は、今年のメインネタと思われます。
何しろ、八千代座公演25周年ですから。

ちなみに、わたしの気になる数字は、13。誕生日なのですが、
生まれた年の暦を調べると金曜日ではなかったです。

昨日の口上の訂正もあって、「「藤娘」の上演は、
昨日、二回目と申し上げましたが、実は三回目でした」
ここでまた笑いをとる玉三郎さん。

演目の説明として、「傾城」は、本来は10分程度の短いものなので、]
「執着獅子」を前につけまして・・・とおっしゃいました。それで、最初に、
傾城のまわりを蝶がヒラヒラ舞うわけがわかりました。
そして、打掛には牡丹があしらってありました。

相変わらず、懐紙、うちわ、扇などの扱いに見とれます。
「藤娘」で、さっきまで両手を互い違いに出したり引いたり、
指を広げたり結んだりしていたのに、くるりと回ったら右手に扇がありました。
こういうところ、好きです。

お天気は快晴とはいきませんが、雨は降らず、それほど寒くもないです。
暖かくもないので、一応、コートを用意された方がいいでしょう。



明日、行って参りますー!

八千代座初日レポート by フクギさん&はむぴょんさん

八千代座初日に関東から参戦されたフクギさんと、はむぴょんさんが
興奮まったく冷めてない感動のレポートを送ってくださいました。

旅先から、またお家に戻られてお疲れのところ(疲れなんてない?)
細やかに書いてくださって本当にありがとうございます!

こちらでもご紹介させていただきますね。



興奮のるつぼ by フクギさん

おはようございます!。
興奮してだいぶ早くに目が覚めてしまいました。
昨日からずっと夢心地です。
思い出すと、歓びが満ちてきます。
言葉にできぬほどの幸せな時間でした。

玉三郎さん、気力体力共に充実して、
舞台を楽しんでいらっしゃるようにみえました。華やかなエネルギーが
小屋全体に行き渡り充満していくのを体感しました。本当に美しかった。
私は、昨日の舞台を生涯忘れたくありません。ボケちゃっても、
この日のことは覚えていたいです。

京にんじんさんのレポートで、舞い上がってぼんやりしていた口上を思いだしました。
そうそう、長くなりますが、としきりにおっしゃっていましたね。
私ももっと聞きたい!って思っていました。
京にんじんさん、昨日はありがとうございました。

そうそう、メロンドームは、メロン型道の駅でした。
地元の方がつくったお惣菜(菊池ピクルスが気になりましたが買い忘れました。)
農作物、名産物が並び、すごく活気がありましたよ。私は新米を購入しました。
甘味があってとっても美味しかったです。
今回は熊本からレンタカーを利用したのですが、大変走りやすい路でした。
どこからともなく漂ってくる牛の匂い、田んぼやたき火の煙をみながらの運転は、
よい気分転換になりましたよ。空港からの所要時間は約50分。
恐らく2日借りてもタクシーより安いと思います。

桔梗さん、いよいよですね。
睡眠をたっぷりとって、気力体力蓄えて、行ってらっしゃいまし~!



IN 山鹿!😄
やってきました。八千代座へ  by はむぴょんさん

バスからさくら湯の前に降りると
たくさんの「坂東玉三郎丈江」ののぼりが。
もう、ここからテンション??ですね。
木のやわらかな足の感触を感じつつ、八千代座の中に入ると、
コバルトブルーを基調としたカラフルな無数の天井看板と8灯の
巨大なシャンデリアとたくさんの枡席が出迎えてくれて…。
ああ、帰ってきたなぁ、
と、まだ2回目の新参者の私でもそう思わせてくれる不思議なあたたかな空間ですね。
パンフレットも売り子さんが竹の籠に入れて、座席を回われているところを購入。
何か昔の駅弁のようで楽しかったです。(横川駅の峠の釜飯販売みたい?)

舞台は、京にんじんさんのコメントの通りです。
本当に、あの詳細なコメントを短時間で書かれたなんて。
京にんじんさん、敬服致します !!!

私は特に藤娘をこの空間で堪能したかったので、
目の前に登場したときは、もう舞い上がってしまいました。
もう玉三郎さんと八千代座独特の異空間が相乗効果でもたらす、
完成され過ぎた「美」ですね。
もう本当に幸せです !!!
この間は私の風邪さんもなりを潜めてくれまして(カーテンコールまでは待ってくれませんたが?)、
「藤娘」の幕が引くまではズビズビさえもありませんでした。
(その後、夜にまとまって風邪が襲ってきました。もう治ったと思ったほどなので…油断は禁物デス)

明け方、少し治まってきたので、パンフレットを読み返してみました。
LEDの事に触れられていました。あらためて考えさせられてしまいました。
八千代座のスポットライトは…直接見つめてしまったときはとっても眩しかったケド、
独特の目の奥の痛みがなかったので、白熱電球なのかな?

これまでの舞台の写真も掲載されていて。
あらためて玉三郎さんと八千代座の繋がりを感じさせてくれる、素晴らしいパンフレットです。

山鹿のすぐに肌にまとわりつくトロトロした温泉も堪能しました?(熱出すまで堪能するな!)
こちらも本当に楽しみにしていました。荒れた肌もツルツルになるし?
山鹿温泉、大好きです !!!

今日は玉三郎さんの舞台は観ずに帰りますが、八千代座の中を堪能してきます!
再び、えいえいおー?



祝!初日@八千代座ッ

玉三郎さん八千代座25周年の初日が、めでたく開きました~!
と、我らが遠征クィーンの京にんじんさんから終演後すぐにメールをいただきました。

そして、たった今、熱々レポートを、送ってくださいました。
八千代座の熱気が伝わってきて、いてもたってもいられません。ウォーン。

こちらにもアップさせていただきます!
京にんじんさん、さっそくどうもありがとうございました。



八千代座初日カーテンコール 3回

口上の幕が引かれると、一面に水墨画の山水の襖。
その前に、いつものオレンジ色の裃姿の玉三郎さんが身を伏せておられます。
拍手が鳴り止みません。
玉三郎さんが体を起こして、麗しいかんばせを上手下手に向けられて、
やっと口上がはじまりました。

「去年から、25周年と言っておりましたが、実は今年の11月2日で
ちょうど25年、3日は26年目に入るのでございます」
「25という数字は特に好きというわけでもないのですが、
気になる数字というか、誕生日が4月25日でございまして、
11月2日は八千代座の舞台の250回目になるそうでございます」

気になる数字のお話ははじめてのような。

去年の口上で話題になった「ホカロン」、去年は私は聞けなかったのですが、
今日もおっしゃいました、小さい声で、こそっと。

しつこいようですが、とか、長くなりますが、とおっしゃりながら、
八千代座、歌舞伎、そしてわたくしも、ご贔屓に、と締めくくられました。
しつこくても、もっともっと長くても一向に構わないんですけど、と思ってました。

演目の「傾城」「藤娘」も「変化舞踊」なのだそうで、「振袖始」のように、
「化ける」ものばかりではないのだそうです。

「傾城」は、とにかくはじめからびっくりです。
なんと、花道からのご登場だったのです。
しかも、あの、夕霧太夫の赤と金の重文級の衣裳で!
「藤娘」は、銀屏風の配置にまずびっくり。演奏家の方々も豪華、音も華やか。
同じ演目も、毎回、何か工夫されています。毎回、楽しいです。

カーテンコールが3回。玉三郎さんが花道に近づくと歓声があがります。
終始、冷静なお顔の玉三郎さんでしたが、最後は少し微笑みがみられました。
良かった良かった。



よかった、よかった~!いいな、いいなぁ~。
京にんじんさんの笑顔が浮かんできました。
あの「ホカロン」も、つぶやかれたなんて、また聞きたいよー。

夕霧太夫の赤と金の重文級の衣裳で花道からのご登場ですか!
銀屏風の配置を、いろいろ妄想したりしています。
カーテンコールの、やんややんやの大盛り上がり様も!

待ちきれませんわー!
京にんじんさん、明日も、満喫してくださいね~。
またのご報告を、首をメロンドームにしてお待ちしておりまする。

フクギさんと、はむぴょんさんも、今頃鼻血ぶー状態でしょうか。
お気をつけて帰ってきてくださいね~反対方向の飛行機に乗らないようにねー(心配)。

プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク