幕見席から、淀の方。

13日は、「沓手鳥孤城落月」を、幕見してきました。

午後2時半に歌舞伎座に到着。すでに行列が。
幕見席のチケット発売は午後3時からです。
30番台の整理券をゲットし、二列目の真ん中に座ることができました。

御簾の向こうに現れた淀の方の身体のラインが不気味に映り、
抑えきれない怨念がそのシルエットに滲んでいるように見えました。

お~っ、怖い!淀の方の千姫に対する憎しみがより色濃く感じられて
その日は、とびきり怖い!激しく怖い!と感じました。

幕見席からは、生でも拝見したいし、表情もガンミしたいし、で
オペラグラスの紐を首にかけて(笑)、両目使いで、
忙しく、淀の方に寄ったり引いたりしながら眺めました。

淀の方が、饗庭の局に言う「くちと心は裏表。人の心は上から見えない~」
からが好きなのですが、迫力でした。とても長い台詞。キッパリとしていて
気高く、毅然とした中に、深い悲しみ、尋常ではない失意が。

秀頼がいっそ母上を殺して解放してあげようと刀を振り上げた時の
淀の方のお顔が、上からだとよく見えました。ここはオペラグラスでね。
目をつぶり、スッと上に向けられたお顔が、それは高貴で美しくて
あんなに激情していた淀の方の心が夢幻のように感じられて、
ああ、このお顔が見られて良かった、と思いました。

正気と狂気を彷徨いながら心乱れていく渦中も、
淀の方の打掛の裾が、とても美しい形になっていて
そうしたギャップにより一層、切なさが込み上げてきました。

「この日本四百余州は、みずからの化粧箱も同然じゃぞ」と
言い放った後の何者をも許すまじという凄まじい表情、
そして、「無念じゃ!」の声が、今もはっきりと甦ります。
あの一言に込められた淀の方の人生。
威厳、誇り、そして落胆、どん底。
この人にしか言えない言葉だな、と。

秀頼が「いかなる恥辱も、母上には替えられぬわい」と言って
母と息子が見つめ合うラストは、やはり泣けてしまいました。
どこから見ても、やはり悲しい。でも、なぜか温かい。

21日は、三階席から拝見します。
今度は、めで鯛焼き食べようっと。

ポスターに小さく載っている淀の方の表情が、いいなぁと。ガンミしちゃいましょう。

DSC_0320_convert_20171015164216.jpg





二月は、玉さんと仁左さん!

歌舞伎美人に、歌舞伎座で上演される二月大歌舞伎
襲名披露公演の演目が発表になりました。

夜の部 「忠臣蔵七段目」で、玉三郎さんがお軽ちゃんに!
わーい、ヤッタ~!またお軽ちゃんに会えます。
そして、平右衛門には、仁左衛門さん。
ニザ玉コンビ復活を願っていた皆様、おめでとうございます。

こちらダブルキャストです。
お軽ちゃんは、奇数日が玉三郎さん、偶数日が菊之助さん
平右衛門は、奇数日が仁左衛門さん、偶数日が海老蔵さん

ってことは、
奇数日が、玉三郎さんお軽ちゃんに、仁左衛門さん平右衛門!
ヤッターヤッター!わーいわーい(子供か)

二月もまだまだお楽しみが続きますね!
玉三郎さんのパートを拡大して。詳細は歌舞伎美人でね。

kabukiza_201802fl_294efb3559f4228815920c99fc8e44b0.jpg

7日の歌舞伎座へ

初日から一週間が経って、またまた歌舞伎座に行って参りました。

朝は雨で肌寒かったのですが午後から気温が上昇。
銀座の歩行者天国は、上着を羽織った冬仕様の人たちと、
半袖の夏仕様の人たちが混在しておりました。
この秋の三寒四温は、舞台にご出演の皆さんにとって
体調管理がさぞかし大変なのではないかなと思います。

ですがですが、玉三郎さん、絶好調です
淀の方の声が、萌えポイントでした。高すぎず、低すぎず、気品のある声の
微妙なトーンに、激しくヒートアップしていく感情のさざめきが感じられました。
心が乱れてからは、ため息のようなうめき声のような、言葉にならない悲しみが。
今回、上手側から拝見したのですが、淀の方に付いて背中をさすっている守若さんの
表情がよく見えました。淀の方のことが心配でならない今にも泣き出しそうな悲しい表情を
されていて、俯いているのに、さり気なく、感情のほとばしりが感じられて
ずっとおそばで淀の方のご苦労を見守っていらしたのだな、ということが
伝わってきて、その女性の深い情が感じられて、胸がジーンとしました。
冒頭から、印象的なシーンがさらに深化しているように感じました。

「秋の色種」は、澄んだ美しい秋の空気が感じられて
リーンリーンという虫の音に子供のころを思い出したりして。
静かに移ろっていく時間の中で、自分の感情も動きます。
あのゆっくりなテンポが風流ですね。独特の曲のように思えます。
玉三郎さんが、指を組み合わせて月を見上げる時の仕草と
冬、雪が降って、かじかんだ両手に息を吹きかける時の仕草が
たまらなく好きなのです。一瞬で、情景がすべて浮かんで
心の温度まで感じられて、いつもハァ~ッとなります。
今月は昼の部のために両花道が設えてあるのですが
「秋の色種」が、昨日は上手の花道だったら良かったなぁ、
なーんて自己チューなことを思いつつ見ていた次第です。
最後、カッコいいお姉さんがゆっくり花道を去ってくださるので
揚幕に入ってしまう瞬間まで、そのお姿を追いかけて、
心の中で、「玉さーん、最高!」って叫びました。

昨日は、友人推奨の東京駅の駅弁「漁り(あさり)」をゲットしていきました。
友達曰く「浅蜊の量が凄い」炊き込みご飯のお弁当です。
貝フェチの私は、いつか食べてみたいと思っていました。

なんと!箱にはお富与三郎の絵が。
「漁り」は、所縁の地、木更津名物だそうです。

DSC_0312_convert_20171008141418.jpg

浅蜊がやっぱりボリューミー。生姜の風味がほどよくきいて美味でした。

DSC_0309_convert_20171008141515.jpg

今度は、何弁にしようかなぁ。東京駅構内1階中央通路にあるの
駅弁のお店「祭」には全国の駅弁が200種類以上あるそうです。
http://www.tokyoinfo.com/shop/search/detail/ekibenyamatsuri.html

初日の舞台写真

芸術祭十月大歌舞伎初日の舞台写真が
歌舞伎美人にアップされました。

玉三郎さんの淀の方と、七之助さんの秀頼の名シーン!

「秋の色種」は、キメの一枚ですね。カッコいい!

虫めがねで拡大して見たくなります。

歌舞伎美人のサイトです。
http://www.kabuki-bito.jp/news/4313

十二月大歌舞伎は、こちらのチラシでご確認ください。
こちらも小っちゃいけど。

kabukiza_201712fl_ss.jpg

心に温かい塊

十月大歌舞伎夜の部、初日に行って参りました。

初めてご覧になるお楽しみの邪魔にならないように
感想などを少しだけ、書かせていただきます。
(本当は、あれもこれも感動して、書きたいことだらけです)

玉三郎さんの初役・淀の方は、怖いというより悲しくて。
そしてその悲しみが、愛おしくて、淀の方に対する色んな情が
私の中に沸いてきました。予期せぬ出来事でした。
時代に翻弄されながら生き抜いてきた淀の方の運命、
どうすることもできなくなってしまった末の落胆、嘆き、
そして何よりも深い孤独が感じられて、二幕目では、
私もそばで背中をさすってあげたいなぁ、と思いました。
淀の方という歴史上の人物というより、一人の生身の女性としての
人生が感じられました。時代を超えて、とても身近に。
秀頼とのやりとりが凄く心に沁みてグッときました。涙。
最後の方は、自分も秀頼の気持ちになって淀の方を見守りました。
荒れてしまった心を、これほどまでに情感豊かに、そして繊細に
表現されるなんて!衝撃でした。やっぱり玉三郎さんだなぁ、と。
心に温かい塊をずしっと乗せられたような、そんな充足感がありました。

そして、「秋の色種」歌舞伎座バージョン、最高です!
しっとりと華やかで、色と光が淡く、やさしく
ことし一番の美しい秋を感じて、心がたゆたいました。
昨日は、花道のすぐ横の席だったのですが、
止まってたっぷりと踊ってくださって、うわぁ~って。
3人の女のやりとりが可愛らしくて、心をくしゅくしゅされました。
色違いのお着物も、とっても素敵なんです。
玉三郎さんの扇子さばきは、ずーっと見ていたい。
なめらかで、切れがあって、最高に心地いい!
お二人のお琴の演奏は初日なので緊張感が伝わってきてドキドキ。
でも、演奏は優雅、その音色に、清らかな秋が感じられました。
お月様や色とりどりの秋の七草など舞台美術も美しく澄んでいて。
柔らかな空気に包まれて、いい時間を過ごすことができました。
終演後も、ずっとずっと心が満たされていました。
昨日はイヤホンガイドを借りたのですが、舞踊の解説にも
色々と発見がありました。おすすめです。

少しだけ、と言いながら、やっぱり沢山書いてしまいました。

あぁ、また観たいなぁ~早く観たいなぁ~心がふわふわ~。
これからどんな風に変化していくのでしょうか。
7日(土曜日)にまた行って参ります。
夜の部集中型は、本当にありがたいです。

十二月の演目も発表されました。
玉三郎さんは第三部「瞼の母」と「楊貴妃」。ヤッター!の嵐です。

DSC_0282.jpg

観劇の興奮で、写真がこんなに小っちぇーことをお許しくださいませ。
文字読めませんよね。
プロフィール

桔梗

Author:桔梗
坂東玉三郎さんの 芝居に舞踊に歌唱に舞台演出に 映画監督に朗読に執筆に 歩く姿も潜る姿も後ろ姿も素ッピンも☆☆ すべてに魂を揺さぶられ〜~ 玉さんブラヴォ----ッッッっ!なエブリデイ!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク